資料請求

スタッフブログ

2016 11月 10 の記事一覧

『壁画』。

一昔前は、いわゆる壁面へのアート系というのは、

どうしても世代間で意見が分かれるものでした。

若者世代には、憧れの文化であり、かっこ良いモノ的な、

しかし親世代には、単なる落書きで風紀を乱す的な、

まあ、だからアートなんですが。

それが、最近では様変わりしています。

アメリカのヒップホップやB-BOYに代表される、

そんな類のアートが、堂々と見直されてきたのか!?

田舎の寂しいシャッター街を少しでも明るくしようと、

能代でも、数年前からあれこれ取り組みが行われていますが、

今では、これに行政でも補助金や支援をする時代となりました。

畠町から柳町を見ると、一目瞭然。

さんじゃくんとか、地元にゆかりがあるモノはわかりますが、

バスケの街能代だからなのか、今回NBA的なドーンという壁画、

報道や実物を見た人も多いのでは。

しかし世の中、寛大になったと思うのは私だけでしょうか?

このアートの目的は一体何で、誰に向けたのか?

NBAを否定するつもりはないですが、

能代工業バスケでないのが、私には少々残念です。

コア層を狙って、スラムダンクの山王工業でもよかった。

あ、秋田NHでも面白かったかも。

まあ、アートで町を盛り上げたいという気持ちはしっかり伝わります。

でも、何を描くのかって、難しいですね。

これで富士山とかが書かれれば、おそらく話題にすらなりませんから。

やらないよりは、やったほうがいい。

しかし、上手に描けています。

当然です、国内外で活躍するプロの作品ですもんね。

こういうプロのアートが、能代にあるってこと、

これが大事なんだと思う。

シャッターを提供して、街中をアートに、

う~ん、見てみたい気もする。