資料請求

スタッフブログ

『最後の目標』!?

『最後の目標』!?

いわゆる日本の歌手という肩書の人は、

「紅白に出場する」ことこそがステータスであり、名誉であり、

それはそれは、すごいことでありました。

しかし、いつからだろうか、

まあ、いつの時代も世代間での想いや感じ方は違います、

そもそも、永遠のテーマであったのかもしれませんが、

紅白の存在意義が、紅白の権威が、非常に危うい、

そんな時代になってしまった感が、どうしても強いですね。

その年ヒット曲ないのに出るとか何とか、

なんでこの人が毎年とか何とか、

人選が、そもそもの元凶ならば、

もう思い切って、ちゃんと受信料払っている人限定で、

紅白投票すればいいのにって、私なんかは思うのです。

アイドル枠、ジャニーズ枠、演歌枠、その他企画枠、NHK枠、

今の紅白は、実力より話題性優先でしょうから、

純粋に、この人はやはり歌手としてすごい的な、

そんな紅白は、もう不可能なのでしょうか?

と言いながら、少しは見る、だって大晦日の紅白なしって、

そんなのは、日本人としてどうなのか、

それが私の中の紅白であったりしますけれど。