資料請求

スタッフブログ

2016 12月 29 の記事一覧

『リノベーション論』。

大都会都市部を中心に流行している、

いわゆるリノベーションという工事、

既存住宅や集合系の自室に手を加え、性能や価値を高める、

まあこう言えば、かっこ良いのでしょうが、

今日は、田舎でのリノベーション論を真剣に語ります。

リフォームもリノベーションも、まずは旧建物のマイナス部分、

これに手を加えるという部分では同じですが、

その規模と工事内容があまりにも大きくなってきたことで、

リノベーションという言葉が使われるようになっています。

単純に、トイレ入れ替えレベルではリフォームですが、

もはや一軒すべてに手を加えるとなれば、

大型リフォームでもいいのですが、リノベーション、

こんな感じです。

では、田舎でのリノベーションは可能か?

問題は、ここです。

リフォームでも、リノベーションでも、

求められるのは、当然ながら快適性です。

ということは、やることはほぼ新築と同じです。

耐震改修、断熱改修、それから希望の内容への可変性、

これをすべて網羅するとなれば、避けては通れない、

そうです、それはコストと旧建物の状態です。

中古住宅のリノベーションの相談を受けることがありますが、

基本、田舎の中古住宅というのはですね、

もはや手をつけられないレベルだから誰も住まない、

そもそも継手がいないので空いていて、さらにどんどん状態が悪くなる、

手をつけると新築並みにコストがかかるから誰もやらない、

だから結果として空いているというケース、現実がこれです。

当然です、もしできれば誰かがやるからです。

新築を100とするならば、

田舎のリノベーションは、およそ85から場合によっては軽く逆転、

新しく建てた方がいいですよ、

大方、こうなるんですね。

大都会都市部でなぜリノベーションができるのか、

集合系は、この耐震改修と断熱改修ってのは共有財産みたいなもの、

これに手を加えることがないから可能なのです。

よく、UR等の団地でリノベーション、

これがですね、リノベーション人気を押し上げましたよね。

見てくれは良くても、構造部分の一番肝心なところ、

これがきちんと大丈夫であれば、何も言いませんが。

または、田舎の戸建てよりはまだ状態程度が良く、

それなりにかかるけれど、不可能レベルではない、

そういうことなんです。

どんどん増える空き家問題。

国も対策として、この中古空き家を活用しようと、

補助金やら何やらで解決しようと動いてますが、

田舎は現実問題としてですね、

できるかできないか、

できないとは、言いません。

100近くてもやるか、であれば普通は…です。

お察しください。

中古車買って、あれこれ直してあら新車買える、

好きでなければ、できないですね。

家も、同じです。

問題なのはですね、リフォームやリノベーション、

新築より半額程度でできるという誤った認識を与える、

これが一番の問題なのですが。