資料請求

スタッフブログ

2017 1月 の記事一覧

『第1回フォトコン開催』。

前々からずっとやりたかったことを、

今年はどんどんやっていこうと、

はい、そういう一年にします。

まずは、第一弾。

「第1回 住まいのフォトコンテスト」

明日よりHPで詳細公開と応募可能です。

弊社が施工した家で、豊かに暮らしを愉しんでいるOB様、

「こんな暮らしをしているんだよ」

「建てた家の、これを見てもらいたい」

「ここが我が家のお気に入り」

こんな写真を大募集します。

2月いっぱいの応募期間を予定しております。

もちろん、コンテストですので表彰あり。

ハズレなしの参加賞もあり。

最近では、スマホでも素晴らしい写真が撮影可能です。

一眼レフでなくても、構いません。

どうぞお気軽にご参加くださればと思います。

OBのお客様向けの、感謝の気持ち、

そしてこれから建てようと思っているお客様へ向けた、

サンワの家での暮らしのイメージ、

これが伝わるのが、上位入選のポイントでしょうか。

あ、もちろんガチンコ審査です。

一切の温情やコネは、通用しません(笑)

お引き渡し後に、OB様がどんな空間を創りあげたのか、

個人的にも、非常に楽しみです。

中には、そのまま雑誌にというレベルのお客様も、

実際には数多くいらっしゃいますからね。

コンテスト表彰は3月中旬ごろを予定。

どんな写真がどれだけくるか、楽しみです。

どうぞHPをチェックしてください。

『警報レベル』。

子どもを中心に、インフルエンザがすごいとか。

能代市内の小中学校では、学級学年閉鎖など、

ちょっと警報レベルなんだそうです。

中学3年生には、大事な時期です。

これ以上の広がりがなければいいのですが。

手洗いうがい、加湿に栄養に睡眠、

それぞれのご家庭でも気をつけましょうね。

 

『御礼』。

二日間にわたり行われた限定公開完成内覧会、

新聞告知をしていないにも関わらず、

DM郵送とブログ告知のみで、

弊社のお客様と、お施主様のご友人様、

本当に多数のご来場をいただきました。

本日は、途中入場が困難になるほど、

玄関に靴があふれた状態となりました。

これで通常通り、新聞告知をしていたら、

おそらく過去最大レベルであったのでは?

そう感じた二日間です。

弊社の家づくりのフルモデルチェンジは、

少しずつお客様にも浸透してきたかなと感じています。

「より洗練されながら より広く より明るく」

なぜこれが可能なのか、そこにはどんな秘密があるのか、

「建物の性能や仕様のグレードアップ」

より良い家を、お客様に提供する、

春先以降の着工予定も、どんどん決まりつつあります。

非常にありがたいことです。

今後の完成内覧会も、どうぞよろしくお願いいたします。

どんな説明よりも、直接見ればわかります。

 

『改めて思うこと』。

世の中にはいろいろな仕事がありますが、

改めて思うこととして、我々の職業は、

本当に、お客様のその後の人生に大きく影響する、

そんな仕事であると強く思っています。

お客様と家づくりを通じて、何ができるか、

お客様の家づくりで、どこまでできるか、

本当にありがたいことに、ご指名くださるお客様、

至らない点も多々あるかとは思いますが、

お客様にとって、大事なマイホームは、

もちろん私にとっても、大事なユアホームであり、

かける想いと情熱だけは、どんどん天井知らずです。

よく、OBの皆様からも言われますけれど、

「尋常じゃないくらい忙しいでしょ」

ありがとうございます、いいんです、それで。

家は、かけた時間と想いの分だけ、輝くのです。

そのために、私ができることはなんだろうか、

そう考えて、仕事をするのが、すごく生きがいです。

素敵な出逢いと、ご縁に感謝する毎日です。

明日も、分刻みのスケジュール予定です。

やりたいことは、もっとある。

分身がマジで欲しいです。

 

 

『限定公開』。

明日あさっての二日間、

大瀬ニュータウン内にて、

限定公開内覧会です。

新聞広告では告知しない、

シークレット対応となります。

弊社のお客様にはDMを発送しております、

あとはこのブログでのみの告知です。

大瀬儘下に、本当に素敵なお住まいが誕生、

どうぞご期待ください。

『急がば譲る』。

すれ違うのもやっとな雪によって狭まった道路を、

人はどうしても通らなければならない時がある。

そんな時ほど、思いますよね。

「急がば譲る」

私は、これをほぼ実行しております。

そういう人間で、いたいですもん。

まあ中には、運転が上手でない相手方の場合は、

仕方なくこっちからアタックをかけますが、

個人的に思うのは、運転が上手でない人ほど、

待たないマイワールドで突進することの多いこと。

もっと寄れるのに、寄らない。

というか、そっちが避けろ的な目で見られても、

こっちはもうギリギリ超えてますから。

車の運転って、人間性が出ると言いますが、

冬の運転ほど、実力がはっきりわかりますよね。

「急がば譲る」

みんながこう思えれば、事故やイライラも今よりは、

ずっと減るのにな~と思った今日でした。

『体感温度』。

いくらか寒気がおさまったのか、

今年は寒いし雪が多い、

毎日この手の話題です。

さて、今日は体感温度についての話を少々。

快適な暮らしのために必要なことですよね。

温度と湿度の話は、前からよく説明していますが、

まずは、温度についてです。

「冬場の温度設定は、何度にしたらいいのか」

こういう質問をされることがありますが、

別に決まったルールというのはありません。

ご家族で、一番の温度を調整しましょう。

ただ、我々はおよそ20度から22度となる、

そういう設計的なイメージは持っています。

20度では寒いと感じる人もいるでしょう。

私なんかは、21度が限界ラインで、

22度となれば、暑くてダメです。

そして、重要なポイントは湿度です。

先述の温度との関係もありますが、

まったく同じ20度の室内でも、

湿度30パーセントと50パーセントでは、

温かみが全然違います。

できれば、湿度は50パーセント以上を目標に、

これは家のサイズや暮らし方により、

現実的にも難しい場合もありますけれど、

それでも最低40パーセントは欲しいです。

温度と湿度のバランスをうまく保ちながら、

もう少し、冬を乗り切りましょう。

 

『排雪』。

ここ数日、各種トラックによる排雪、

実に多く見かけますが、

田舎にこそ必要なのは、軽トラックです。

どこのお宅でも、雪の捨て場が限界です。

道路も、本当に狭くなってきました。

能代球場もかなり混雑していましたね。

雪の積み過ぎには注意です。

 

『ここ数年で』。

毎日雪がこんもりと積もります。

道路もどんどん狭くなっていき、

除雪も間に合わないところが多くなってきました。

ここ数年では、一番でないでしょうか。

我が家の雪寄せスペースも、山の山です。

敷地が広いので、時間さえあれば何とかなりますが、

一人でやるには、本当に大変です。

我が王子は、休みにはちょっと手伝いますが、

まだまだ戦力にはなりません。

すぐソリ遊びに浮気しますし、気づいたら雪玉遊び。

まあ、野球の練習です、許しましょう。

しかし、若い力がない世帯は、死活問題です。

こういうところに、人口減の悲劇が垣間見える。

玄関前に、泣きたくなるほどの寄せられた雪の山。

しかも融け雪で重ければ、高齢者には手が出せません。

マジで跡取りの確保が、田舎では最重要問題です。

『ついに掴んだ栄冠』。

大相撲初場所、日本人待望の横綱へ、

本当に長い時間がかかりました。

これまでも、綱取りに挑戦する度に、

跳ね返されてきた大きな壁。

ついに掴んだ栄冠、その涙がすべてを物語る。

稀勢の里関が、ついに最上位へ。

おめでとうですが、さらに期待がかかります。

簡単に負けられない、それが横綱。

日本人力士ここにありを、もっと見せてほしいですね。

我が郷土力士の豪風関も、大きく勝ち越しました。

これもまた、誇らしいことです。