資料請求

スタッフブログ

2017 1月 07 の記事一覧

『吹き抜け論』。

家づくりで、結構な確率で取り入れたい、吹き抜け。

しかし、実際に建てる家で無くなっている、吹き抜け。

吹き抜けとは、何なのか?

今日は、吹き抜けについてお話ししたいと思います。

ちょっと、長めになります。

「リビングがさらに開放的になる」

まあ、吹き抜けのメリットとは、簡単に言えばこれです。

何より、圧巻の空間構成が可能です。

雑誌に出てくる家的なイメージでしょうか。

では、デメリットは何なのか?

電気代が高くなるとか、高いところの掃除はとか、

音やにおいが二階までとか、こんな感じでしょうか?

できれば、ほしい。

しかし、悩ましい。

お客様、上記の理由のみで吹き抜けを諦めるとしたら、

ちょっと待ってくださいです。

「電気代が高くなる」

吹き抜けで空間面積は確かに増えますが、

これくらいで家が寒くなるなら、そもそも家の性能が悪いのです。

「高いところの掃除は」

確かに、ちょっとやそっとでは大変になるかもしれませんが、

きちんと策を講じていれば、問題ないです。

「音やにおい」も、同じこと。

吹き抜けには、2種類ありまして、

開放型と非開放型、私はこう呼びます。

前述の吹き抜けのデメリットなんてのは、

非開放型でおおかた解決します。

開放型でも、別に難しくはないです。

ポイントはですね、吹き抜けのメリットとデメリット、

これをきちんと理解しながら構成し、

的確なデメリットに対する策がなされていれば、

吹き抜けは、やはり良いということです。

事実、我が家は吹き抜けドーンとあります。

だって、やっぱり違いますもん。

明るさ、光や風の抜け、そして視線の広がり。

抜群です。

それから、最近巷で少しずつ語られていることとして、

「子育てに吹き抜けは良い」

これは正直、建てた時は頭にもありませんでした。

高い天井は、子どもの想像力や空想力をかき立てる、

あれこれ考えたり、いろいろと感じるそうです。

天井に届くまで上げたボールキャッチは、運動神経にも良い、

今流行のボルダリングも作れば、体力バランス力、根性もつく、

上に伸びているのは、まさに子どもの伸びしろ、

「子どもを大物にするには、吹き抜け」

なるほど、確かにそういえば的な感じです。

まあ、大物になるかどうかは大きくなりすぎましたが、

天井が高いというのは、それだけの価値があるのです。

事実、ダ〇ワハウスさんだって、ガツンとやってますし、

ミ〇ワホームさんの蔵シリーズも、空間構成でこうなってます。

「天井の高い家」、今も昔も憧れですよね。

弊社では、吹き抜けがなくても、

この効果が最大限に得られるように、

昨年よりさらに、リビングには特に、

このエッセンスを取り入れています。

確かな知識と経験が可能にする、快適な空間づくり。

これは、大きな差となる部分です。

どうぞご相談ください。