資料請求

スタッフブログ

2017 1月 09 の記事一覧

『性能値』。

家に求められる性能は、年々高くなりますね。

まあ、それだけ快適性が増すということになるのですが、

それでも、日本は世界的にも、まだまだそのレベルは低い、

残念ながら、これが現実と言われています。

例えば、室内環境では、ヨーロッパあたりは、

室温がこれ以上下がる家は認めませんなど、

厳しい基準を設けている国だってあるのです。

性能値は快適性と健康に直結する問題です。

ヒートショックなんてのが、これの悲劇の果てです。

ちょっと家づくりに詳しいお客様なら、わかりますよね。

Q値やC値、最近ではUA値、一次エネルギー消費が、

もはや公開が当たり前の時代にまでなりました。

性能値は、実に多くの数字や単位が使われますが、

車の燃費の家バージョンとでも、そんなイメージで捉えれば、

家づくりに対する見方や考え方も、

少しは変わるかもしれません。

今注目されている、ZEH(ゼッチ)は、

こうした性能値が、モンスター級だということです。

こうした性能値をきちんと理解できている会社、

こうした性能値をきちんとクリアできる会社、

非常に重要なポイントです。

本日、施工途中の住宅でC値の測定を行ったと報告が。

まあ、最終でないので、もうちょっとよくなりますが、

0.2から0.3ちょっとだったようです。

0.3は、弊社ではもうビックリされません。

まあ、ここからさらに数字を下げるのが、

いかに大変かは、業界人ならわかります。

能代の会社って、C値すごいんですよ。

前もブログで告白したことがありましたけれど、

ちなみに、我が家は5年前くらいで確か0.35だった記憶が。

もうちょっと、良かったかもしれませんが、もう忘れました。

UA値は、今では恥ずかしいので非公開(笑)

それでも当時では、トップクラスだったのが懐かしい思い出です。

家のサイズにも、間取りや諸条件にもよりますけれど、

特にC値は、確実に施工力が問われる性能値です。

車を買う時に、燃費性能を重視するように、

家も、性能を重視する時代へ。

一条工務店さんは、ずばりこれですよね。

世界は、もはやそうです。

日本は、まだまだこれから。

こういう専門的な話をもっと聞きたいという方は、

いつでもご連絡ください。