資料請求

スタッフブログ

2017 2月 08 の記事一覧

『質問があったので』。

第1回住まいのフォトコンテストですが、

お客様からの質問がありましたので、

ちょっと補足の解説をしたいと思います。

「一眼レフで撮ったけど」

もちろん構いませんが、データが大きければ、

応募フォームは恐らくNGとなりますので、

直接データで郵送いただくか、担当までご連絡ください。

もちろん、スマホで撮影でもいいんですよ。

「どんな写真を撮ればいいの」

これはですね、正直正解はないです。

まあ、審査する側からの意見として言わせてもらえれば、

何が映っているいないは関係ないです。

どこかお気に入りの空間一つでも構いませんし、

「これを見てもらいたい」

自慢の我が家を、どう映してもOKです。

ご家族が映っているいないも、特にこだわりません。

でも、雰囲気としてご家族が映っているのが好ましい、

写真によっては、そんなカットはあるはずです。

それから、あえてですね、補足するとすれば、

上位入選のポイントは、写真としての芸術性です。

ブレているとか、見切れているとか、

これはできるだけ避けてください。

写真の加工についてですが、カラー以外でもいいです。

写真としての芸術性を持たせるために、

あえてモノクロとかにするのは、よくある手ですね。

同じ風景でも、ちょっと雰囲気アップの技です。

角度や高さを意識すると、さらに写真の質が良くなりますよ。

奥行き感や広がり感までイメージできるような、

そんな写真は、トップレベルです。

住まいは、撮影のアングルが写真の出来を左右するのです。

あ、今ではスマホでも撮影した画像を編集できますよね。

明るさ補正や、ホワイトバランス、コントラストの強弱、

是非ともいろいろトライしてみてください。

インターネットでは、こうした住まいのフォト、

ちょっと検索すれば、どんな写真が撮られているか、

すぐに調べられます。

これが一般のお客様のレベルかと思うモノもあります。

力作揃いになることを、期待しております。