資料請求

スタッフブログ

『絶対に消えない傷』。

『絶対に消えない傷』。

しかしこういうニュースが報道されると、

本当に悲しい気持ちになります。

関西学院大の外国人講師が発した発言、

「放射能を浴びているから光ると思った」

これはですね、もう言語道断です。

全福島、いや全日本を敵に回すような、心ない一言に、

当事者はもちろん、多くの人々が傷つけられる、

いじめとは、身体的なものだけではなく、精神的なもの、

最近は、こうしたいじめがまた増えている気がします。

特に、福島関連があまりにもひどすぎる。

そういえば、横浜でも150万円ものお金を要求、

おごったおごられたレベルとか、マジでそう思ったのか、

これをいじめと認定するには難しいとか、

教育委員会がですよ、こんなことを一度でも平気で言う、

こんな世の中では、ダメだと思います。

これ、恐喝ですよ、ある意味窃盗ですよ。

ダメなことは、ダメ。

いじめは、絶対にダメ。

絶対に消えない傷、誰が守るのか。

それは家族だけでなく、まわりであり、学校であり、

社会であり、そして行政である。

別にこれに関連するわけでもないですが、

まさか、我が能代市ではないでしょうね!?

学校での子どもによるいじめは今、

非常に陰湿化しているとも言われてます。

いくら未来ある子どもでも、許せないいじめ。

それに気づかないまわりと、大人は、

もっと許せないですが。