資料請求

スタッフブログ

2017 2月 の記事一覧

『モツ煮愛』。

先日放送された、ケンミンショー、

群馬のモツ煮があまりにも良かったので、

さっそく自分もモツ煮を食べたという人も多いのでは。

能代も、結構な確率でモツ煮は食べられます。

嫌いな人は、そうはいないはず。

あっさり派とドロッと派、好みはあるでしょうが、

冬のモツ煮は、最高ですよね。

あ、でも実は私は、モツ煮より馬肉煮の方が好き。

能代のソウルフードって、なんでしょうね!?

 

『2月の雨』。

しかし昨日今日と、ありえない暖気。

2月の雨というのは、まあ雪よりはいいですが、

何だか気味が悪いですよね。

明日からは、また冬に戻るらしいですが、

では今年の冬はいったい、寒いのか?

そんな疑問が、ふとありますが、

一応目安となるのは、この冬時期の電気代です。

まあ、外気温に左右される部分もありますが、

もちろん、生活スタイルにも左右されますが、

我が家のこの冬の電気代は、確実に前年比マイナスです。

直近の1ヶ月なんて、6,000円違ってました。

先月も、5,000円くらい安かったような。

これはですね、理由はおそらくこれ。

リビングエアコンの本格掃除をしたのと、加湿器と、

冷蔵庫の開けっ放しがまったくなくなったのと、

まあ、効率化と省エネ化に取り組んだ結果です。

我が家は、完全に生活スタイルの影響です。

まったく同じ性能同じ家でも、暮らし方で、

実際に電気代はこのくらい変わります。

電気代の問題は、もちろん家の性能もありますが、

意外と無駄に、贅沢に電気を使っているケースもある。

悲しいながら、自邸でそれが実証されるとは。

でも、この削減率はなかなか頑張った結果。

来月はどうなるか!?

『素晴らしい財産』。

秋田県高校野球界は、シーズンオフで、

なかなか話題がありません。

まあ、ついに監督決定とか、

ないわけではないのですが、

大曲工業の室内練習場が完成したというニュース、

非常に喜ばしいですね。

甲子園に出場した際の寄付金がメインで、

ついに待望の屋内施設が完成、

県南ではもはや説明の必要がない、

県内屈指の強豪校ですから、

今までなかったのが、遅いくらいです。

また、これで強くなるか?

いずれにせよ、素晴らしい財産ですね。

『ドラマ不人気』!?

しかしモノは売れないしテレビは見ない、

今の若者は何を楽しみに、何をして過ごすのか?

特にテレビは深刻なようですね。

ドラマが観られないことに、テレビ局が悩んでいます。

あの手この手で、視聴率を上げようと、

様々な試みがなされていますが、

私なんかは、この一年のテレビやドラマ、

かなり遅れてですが、観ています。

実際、面白くないですか?

感じ方の尺度はそれぞれなんでしょうが、

痛快スカッと系ですが、何だか裏がある系、

はたまた、奥手もっと頑張ってとハラハラ見守る系、

トレンドは、こんなところなのでしょう。

ユーチューブもいいですが、ドラマも良い。

相変わらずTBSが強いことだけは、間違いない。

『キューブ人気』。

現在、弊社のJupiter Cubeシリーズは、

本当に多くのお客様から絶大な人気を誇ります。

非常に洗練された都会型フォルムの美しさ、

能代市でも施工実績がどんどん増えており、

お客様の目に触れる機会も多いのでしょうね。

「あそこにあるのも、そうでしょう」

そんなお言葉をたくさんいただきます。

もちろん、基本ベースプランはありますが、

オリジナルへのカスタマイズも可能な柔軟性、

美しさと可変性ってのは、なかなか両立するのが難しいですが、

事実、同じとしてのJupiter Cubeは今のところありません。

お客様それぞれに、それぞれのカスタマイズ、

それでも、基本ベースの美しさを損なわないのですから、

このシリーズ人気は、ずっと続くと思います。

なぜ、美しいのか。

ええ、そこには計算された狙いがあるからです。

可変性の中でも、美しさは損なわないのがテクニックです。

能代に、もっと誇れる家を。

『ヴィンテージ系』!?

早い人はもうお気づきかと思いますが、

空間コンセプトのテーマといいますか、

基本はシンプル系がやはり一番人気ですが、

都会のリノベーションブームを中心に、

今、ものすごい勢いでやってみたい率が高まっている、

それがいわゆる、ヴィンテージ系というジャンルです。

世の中では、カフェ風とか、ブルックリン風とか、LAスタイル風、

そうです、こんな路線のことです。

シンプル系とは、まさに一線を画すこのジャンル、

流行っている店舗系では、もはや定番です。

この流れ、今以上に一般住宅にも入ってくるかということですが、

これはですね、非常に難しいと思います。

好み、好き嫌いがはっきりしていますからね。

日本人が、最も美とする方向からは遠いです。

特に、親世代には絶対に支持共感されません。

毎日毎食ステーキみたいな感覚とでもいいましょうか。

時々のリゾート先だったら数日は、という人が多いのが実情ですが、

自分が60歳以上になっても大丈夫か、これがポイントでしょうね。

若いときは、問題なくいいでしょう。

好きなモノに、好きな雰囲気で暮らすことが最大の幸せですから。

でもですね、私なんかは思うわけです。

ここまでこだわる人であれば、絶対に将来も飽きはしない。

むしろ、そこまで突き詰めた家こそ、素敵じゃないですか。

何を好み、何を良しとし、何を美と捉えるか、

家づくりは、それぞれの夢を実現する場です。

能代でも、このジャンルにトライするお客様、

これから少しずつ、増えてくるんでしょうね。

その際は、どうぞご相談ください。

 

『住宅ローン控除の申告の際』。

いわゆる確定申告ですが、

弊社では、今回対象のお客様に各担当より、

ご案内とご説明に伺わせていただいておりますが、

どうも今回より、マイナンバーの提示が必要、

そうなっているようです。

次代の流れでしょうか、今までと違うところです。

マイナンバー、もはや自分のがどこいったという状態、

これって本当に必要なんでしょうか?

とにかく、確定申告の際は必要みたいです。

どうぞお忘れなく。

『駐車スペース』。

能代は完全なる車社会ですので、

家とは別に、当然ながら駐車スペース、

これをしっかりと検討する必要があります。

通常、カーポートサイズは、5.5メートルレベルですので、

およそ6メートル×6メートルが、標準二台分の寸法となります。

ただ、これは必要最低限であるということ、

立地によっては、これでは苦しい時も生じるので、

敷地に余裕がある場合にはですね、

もう少し駐車スペースを確保することが望ましいです。

前面道路が狭い場合には、車の切り返しを必要としたり、

冬場の雪の問題やら、さらに余裕の台数を考えれば、

個人的には、間口も奥行きも最低7メートルは欲しい感覚です。

広がれば、その分土間面積も増えますけれど、

間口と奥行きに余裕があるようが、絶対に暮らしやすいです。

そういえば昔の家は、特に間口がないですよね。

まあ、敷地が広いので敷地内で切り替えし、

そんな時代は、とうに昔です。

今の家の敷地は、そんな余裕はありません。

こういう観点も、土地選定では重要です。

家が敷地に収まればいいというだけでなく、

車も必要台数プラスアルファ分の楽なアプローチ、

これが可能な土地は、絶対に住みやすい。

間違いないです。

『若いからといって』。

誰もが言葉を失った、急すぎる死去。

若いからといって、安心油断はできません。

誰でも、生死は隣り合わせの可能性はある。

今日元気でも、明日はわかりません。

しかし、その早さはあまりにも早すぎる。

不整脈って言われても、ピンときませんが、

突然心臓が痛むのは、大丈夫なのでしょうか。

インフルエンザの流行だって、怖いですよね。

みなさん、健康には注意しましょうね。

『さらに厳しい』!?

低迷が続く能代山本地域、

国の言う、経済回復とははるか遠く、

超高齢化に歯止めもかからない。

どの業界どの業種も、生き残りに必死で、

これまでも本当に耐えてきましたけれど、

もう限界はとうに超えている状態で、

昨年より、倒産等が増えている印象です。

この流れは、さらに増すというか、

思っている以上に、さらに厳しいものとなるとか。

明日のことは一切見えない状況、

明るい話題や未来はあるのでしょうか。

これだから、若者が外に目を向ける、

まさに負のスパイラルであり、

イオンしか、起爆剤がないのか、

ちょっと不安になってきました。

でも、私は能代が好きです。