資料請求

スタッフブログ

2017 3月 14 の記事一覧

『政治的な話は別として』。

しかし、森友学園関連のニュース、

政治を巻き込んだ、大スキャンダルなのか、

よくわかりませんが、大ヒンシュクであること、

これだけは、間違いないですが、

くれぐれも、言っておきますけれど、

政治的な話は別として、

校舎は、非常に特徴的でしたよね。

我々は、能代の学校のイメージに慣れているので、

このカラー遣いは、とても斬新に見えてしまいます。

赤と黒で、和をイメージする手法らしいですが、

建築業界では、一部で話題となってるそうです。

こういう建物、能代ではないですもんね。

公共施設は、非常に地域性が色濃く出ます。

まあ、地元経済活性のためにも、地元材や地元業者、

能代で言えば、スギですから、ふんだんに使います。

浅内小や四小が、まさに今の、ザ、能代小学校です。

公共施設等に、オリジナルを求めるかどうかは、

まあ別として、私は意外とありだと思う。

いわゆる、地域のシンボル(象徴)です。

でも、一般的に考えても、赤と黒の小学校、

これは、やはり私立でなければ難しいですよね。

赤に黒は、ホテルや旅館というイメージ、

そう思うのは、私の感覚が古いのか。

まあ、秋田にはあまり馴染みがない色です。

ナマハゲの影響でしょうか。