資料請求

スタッフブログ

2017 5月 20 の記事一覧

『世界の任天堂』。

久しぶりに泣いた話をします。

インターネットで見た記事です、

機会があれば、どうぞ皆さんもご覧ください。

全盲の長男が任天堂に手紙を送ったら、

返事がきたというものです。

1歳半で眼球に異常が認められ、

命を最優先し、2歳で全摘出し全盲へ、

そんな彼が、唯一遊ぶことがきでたのは、

音を出す、音で遊ぶこと。

近所の友人宅にあったドラムと出逢い、熱中する。

任天堂のリズム王国シリーズも、彼の毎日を支えた。

そんな彼が、任天堂に送った感謝の手紙、

それに対する、任天堂からのアンサー。

できることを見つけた彼と、それを後押しした任天堂。

う~ん、深い話です。

子を持つ親であれば、誰もが子どもの成長を願います。

そんな中で、子どもは時にゲームに過度にはまり、

親は、そんなゲームを毛嫌いする時もある。

でもですね、ゲームが与える勇気もあり、

ゲームが与える、生きる力だってある。

この彼は、世界に勇気と希望を与えるドラマーになりたい、

そういう大きな夢を持って頑張っているそうです。

ゲームや音楽の力って、すごいですね。

子どもの可能性や、子どもの未来は、

ゲームや音楽から発展することもある。

世界の任天堂の行動に、拍手。

そして彼の夢が、叶いますように。

我が家にも、一層ドラムが欲しくなりました。