資料請求

スタッフブログ

2017 5月 27 の記事一覧

『順当な8強』。

高校野球春の県大会ですが、

本日は雨により順延でしたけれど、

8強が出揃っております。

今年の特徴はやはり、地区大会結果通り、

上位校がそのまま勝ち上がるという、

非常にわかりやすい構図ですね。

県北からは、我が能代勢である松陽と能代、

松陽は、県内屈指の好投手と言われた金足農、

本格右腕吉田投手を終盤さらに攻略のコールド勝ち、

序盤でリードも中盤から接戦であったということですが、

最終スコアを見れば、ヒット量産に三振が少ない上、

四球の多さからすると、この点差はなるほど、

おかしくはない結果です。

地区大会から、やはり仕上げてきた感じです。

能代も主戦後藤投手が快投、奪三振数13はお見事、

3安打1失点は、十分合格点でしょう。

あとは得点能力、打撃が今後の鍵でしょうか。

中央は、復活を目指す明桜に中央、そして秋田商、

県南は、角館に私の注目校である秋田修英、

そして横手という勝ち上がりです。

夏につながる大事な春です。

そしてさらなるレベルアップのための東北大会への切符。

さあ、準々決勝の組み合わせがまた面白い。

どれもまた、好カードです。

プラス願わくば、能代勢同士の決勝、

これは、能代市民の願いです。

あくまでも、本番は夏ですが、

それでも、春だって負けていい試合はない。