資料請求

スタッフブログ

2017 7月 の記事一覧

『完成内覧会のお知らせ』。

明日あさっての二日間となります、

能代市字不老岱にて、完成内覧会です。

今回は、能代の花火もありますので、

開催時間が多少変更となります。

22日(土)は、10時より16時まで、

23日(日)は、10時より17時まで、

どうぞよろしくお願いいたします。

sanwa170722.pdf

『わかっていたとはいえ』。

B2に降格となってしまった秋田NH、

様々な降格による障害や弊害が起こると言われ、

事実、このオフの一番の注目とされていた、

安藤選手の去就がついに発表されました。

結論は、期限付きのA東京への移籍、

移籍するだろうなとは予想できていましたが、

わかっていたとはいえ、

やはりそうなったかという感じです。

日本代表候補にも選ばれるほどの、

今では、日本バスケでも注目される選手です。

秋田NHに籍は残るということですが、

来シーズンは、秋田NHでプレーすることはない。

移籍先は、B1でも屈指の上位チームです。

出場機会だって、保証されない中でのシーズン。

さあ、ここからが正念場。

安藤選手の新天地での活躍と、

そして秋田NHのB1への返り咲き、

そしてその先の安藤選手の復帰、

こうなれば、ファンとしては最高ですが、

そう世の中うまくいくのかどうか、

う~ん、お、応援しましょう。

『負ける時のパターン』。

序盤は完全に試合を支配し、

4対0という、理想的な流れ。

しかし、中盤以降は淡白な攻撃に、

守備も、四死球から反撃を許す、

相手に徐々に迫られて、

完全に、負ける時のパターンという典型例、

能代松陽が、その通りになってしまいました。

う~ん、秋田の粘りと言えば、そうでしょうが、

あまりにも、中盤以降の試合運びが…、

そう見えたのは、私だけでしょうか。

しかし、甲子園とは遠いですね。

頑張れ、能代球児!!

しかし、秋田高校にも、能代山本からの、

越境っ子がいたことに、やはりショック!!

 

『夏だからこそ』。

夏だからこそ、わかること。

断熱性能の違いであったり、

風通しの効果であったりと、

家の性能や工夫について、

まあ、それでも暑いは暑いですけれど、

「思った以上に、風が通る」とか、

新築されたお客様から言われると、

やっぱり嬉しいものです。

窓の配置や形状にも、気を使っています。

住まう側、お客様の快適のために。

 

『一枚の切符を懸け』。

夢の舞台甲子園を目指した最後の夏、

全国各地で熱戦が繰り広げられています。

隣県では、実力校の敗退など、

今年も、あちこちでドラマが起きています。

我が秋田県も、順調に試合が行われ、

今のところ、大きな波乱は少しですか、

上位2シード校に、他校がどこまで迫れるか、

そんな戦前の予想通りといったところでしょうか。

甲子園予選が始まると、夏が来たという実感、

さあ、最後に笑うのはどの高校か、

熱い闘いを、見守りましょう。

能代松陽、よく粘りました!!

『一時すごい雨』。

猛暑も一時小休止と思ったら、

朝から凄い雨が降りました。

県北ではかなりの降水量だったらしく、

高速が止まったり、あちこちで増水やら、

避難勧告も出たとかで、大変でしたね。

しかし、降らない時は降らないで、

降る時には、尋常じゃない量が降る。

これだけ極端なのは、あまり好ましくない、

暑くなかったのが、まあ幸いでした。

今日も、能代ではイベントがあったようですが、

この雨じゃ、…。

さあ、来週末はいよいよ能代の一年で最も熱い夜、

能代の花火ですが、これまた雨予報…。

う~ん、あそこで雨は、逃げ場がないので、

雨であれば、本当に大変です。

なんとか、予報変わってもらいたいものです。

『夏の過ごし方』。

連日、エアコンフル稼働という状態です。

能代も、連日連夜の夏モード、

エアコンのない空間は、マジで地獄ですが、

さて、今日は夏の過ごし方をお話しします。

夏場の生活スタイルは、ズバリ風と日射遮蔽、

そしてエアコンの効果的活用、

これに尽きます。

どうするのか!?

朝方の、まだ外気温が高くない時に、

できるだけ、家の中に涼しい風を取り込みましょう。

周辺環境にもよりますが、

基本、北側からの風が特に入り込む家は、

これが効果的に、威力を発揮します。

まずは、自然風の力を使いましょう。

そして、日中はできるだけ日射を室内に入れない、

朝起きて、カーテンを開けたくなりますが、

カーテンも、私に言わせれば立派な日射遮蔽です。

本格的には、できれば、外付けブラインド、

外部の簾や緑のカーテンが理想とは言われますが、

そういう家は、なかなかないのが現実的です。

いかに、日中の室温上昇を抑えるか、

そのための、キーワードが日射遮蔽です。

面倒くさくて、カーテンを開けないのではなく、

理由があって、カーテンは閉めるのです。

朝、涼しい風を入れて、日中は日射遮蔽、

これに、仕上げでエアコンの効果的運転、

冷房は、暖房に比べ電気代が意外とかかりません。

エアコンなんて、贅沢だと思って、

無理して自宅で熱中症なんてのは、

今の時代、正直我慢どころが違うと思います。

もっと上級レベルになれば、

これに湿度のバランスも絡んできますが、

まあ、室温管理でも十分です。

室温は、個人差と慣れがありますので、

一概に、何度設定が好ましいとは言えませんが、

家族の快適温度を、見定めましょう。

夏とうまく付き合う、夏をうまく過ごす、

これを実行するかしないかは、

小さいようで、意外と大きいです。

『痛ましい事故』。

タケノコ採りで山に入って、

クマと遭遇であれば、

自己責任のようなところもありますが、

いわゆる勤務中に、クマと遭遇、

これは、痛ましい事故です。

発掘調査で、遺跡でなくクマ、

どれだけ怖い想いであったか、

想像を絶する世界です。

これが秋田県での事故だというから、

やはり、クマは近くに必ずいると思って、

間違いはないのです。

能代でも、遺跡発掘調査は行われています。

しばらく、中止にした方がいいのでは、

桧山も、出ないとは言い切れない、

と思うのは、私だけでしょうか。

『厚みの違い』。

家に使われる断熱材の厚みの違いは、

確実に建物の性能値としての差が出ます。

今進行中のプロジェクト現場、

標準仕様の、倍の外張り断熱の厚み、

充填断熱だって、3倍超もの密度相当です、

性能とデザインの両立を目指した家、

着々と進んでいく、カタチになっていく姿、

完成が、すごく楽しみです。

『楽しみな家が』。

いわゆる上下半期の考え方で見れば、

一年の半分を過ぎたということになります。

4月からスタートという考え方で見れば、

いわゆる、四半期が過ぎたことになります。

月日の流れの早さには、本当にびっくりしますが、

今年度の新築着工案件、着々と進んでおります。

秋までの動きはもう、決まっていますので、

これからのお客様は、そのあとということです。

もちろん、臨機応変に対応はいたします、

どうぞご相談ください。

平成29年度、マイホームをお考えのお客様と、

本当にたくさんのご縁をいただいております。

一つの仕事に、全力で。

それぞれのお客様の夢を、全力で応援する、

感動を生み出す家と暮らしを、ご提供いたします。

楽しみな家が、実に多いこと。

出来上がりを楽しみに待つお客様へ、

どうぞご期待くださいね。