資料請求

スタッフブログ

『家を建てる意味』。

『家を建てる意味』。

一日の睡眠時間にもよりますが、

人はおよそ、一日の約半分は家で過ごす、

休日ともなれば、もっとですよね。

そういう時間ってのは、本当に大事です。

奥様や子ども、親と同居でも一緒、

大切な家族と、過ごす時間、

これって、何より豊かなものではないでしょうか。

家を建てる意味とは、そういうことなんだろうと思う。

例え、子どもにフロアを傷つけられたって、

壁に、穴開けられたって、

壁のクロスを裂かれたって、

それだって、かけがえのない人生の一瞬、

怒る気持ちもわかりますが、ちっぽけなもんです。

いずれ大きくなって、子どもが独立したら、

残された側は、寂しい生活が待っているわけで、

我が王子は、絶対に独立させませんけれど、

それよりも、もっと充実した時間、

自分の家で、自分の家族と過ごす時間、

それを大事に、大切にしてもらいたい。

だからこそ、私は家づくりにこだわるのです。

そこで暮らすご家族の、その後の人生がかかっている。

大げさではないです、そういうことなんです。

豊かな暮らしと豊かな時間、

家こそ、すべて。