資料請求

スタッフブログ

2017 8月 06 の記事一覧

『増税への動き』。

内閣改造ですべて幕引き、

これまでのことは終わったこと、

あとは悲願である増税と憲法改正、

首相は、どうしてもこれをやりたい、

これまでもそうでしたけれど、

昨日も、増税に関するコメント、

「予定通り10パーセントを行っていく」

はっきりと、そう発言しましたよね。

増税は景気回復ありき、でも思うように進まず、

これまでも、延期されてきた増税ですが、

「デフレマインドを払しょくできていない」

これは、認めているものの、でも上げるという、

何だか、今さら引けない感が強いと、

そう感じるのは、私だけでしょうか。

インターネットで、面白い例えがありました。

消費税10パーセントという世界は、

「100円の商品を買えば、プラスで10円の罰金」

なるほどな~と、思いました。

こういう発想では、消費マインドはですね、

さらに冷え込みを増すだけです。

でも、国民の多くは、こういうイメージです。

消費税の使われ方、その大義名分は理解しても、

国民はやはり、生活第一であり、

決して、日常生活に余裕はない。

一部の超ビック企業は、儲けて内部留保増加でも、

国民と国は、現状カツカツのスレスレです。

このギャップが、さらに悪循環を生んでいる。

増税への動き、2019年10月からとなっています。

今、「上げる」という前に、やることはあるのでは。

この点では、総務大臣が一番冷静かつ妥当ではないでしょうか。

家づくりにも、大きく影響してくる増税。

まだまだ先と思わない方が、いいことだけは確かです。

でも、このスケジュールでいけば、

オリンピック前に、増税ということになる。

う~ん、本当にできるのか!?

ちなみに、オリンピック効果での消費拡大は、

決して本質的な景気回復ではないです。

間違っても、オリンピックが増税のタネになる、

そんなことは、ないとは思いますが…。