資料請求

スタッフブログ

『動き出した時計の針』!?

『動き出した時計の針』!?

ついに待ったなしのアクセル全開モードか!?

私にとっては悲願である、イオン出店の問題、

ついに行政サイドは、イオン出店容認を宣言、

動き出した時計の針は、刻一刻と進むのか!?

いわゆる、周辺住民である東能代一帯では、

安堵の声や、喜びの声が多いでしょうね。

何より、地権者にとっては死活問題でありましたし、

待った分だけなんちょらでしょう。

規模縮小とは言っても、県北最大級ですから、

正直、能代ではここで消費や娯楽がほぼ完結する、

そんな感じでしょうか。

さて一方、どこまでも反対の立場であった、

旧市内周辺住民と、各商店街、関係業界にとっては、

「イオン出店が与える影響は尋常じゃない」、

自分たちの生活が危ぶまれるというスタンス、

よく、弱肉強食という例えがされますけれど、

昔から何かと、そして今でも「イオンが来れば…」、

ネガティブ思考やネガティブ見解がありますが、

じゃあ、イオンが来なければ潤うのか、安泰なのか、

10年前から今にかけても、イオンが来なくても、

能代でどれだけの商店街やお店がなくなったのか、

どれだけの人と、どれだけのお金が、能代から流れたのか。

地域の衰退と、イオン出店問題は、別。

超少子化超高齢化、本当の雇用の創出、若者の流出と定住、

財政の問題など、あれこれ総合的に判断して、

今回、市がGOという判断を出したことは、

私は、能代にとって、ようやく進む一歩だと思う。

「来てからでは、もう遅い」

そんなことが、まだ語られているようですが、

今の能代に必要なのは、「きっかけ」と「活気」。

確かに外的刺激は、時に諸刃ともなりえますけれど、

ピンチは、チャンスでもある。

何より、これ以上タイミングを逃せば、

そっちの方が、怖すぎる。

この論調が、なぜもっと盛り上がらないのか、

私には、不思議でならないのです。

守られるべきは、能代の輝かしい未来、

反対の理由が、あまりにも限定的すぎる。

ということで、市議会の動きを注目しましょう。