資料請求

スタッフブログ

2017 8月 の記事一覧

『内覧会をしなくても』。

お客様にとっては、完成内覧会が、

「どういう家を建てているんだろう」

一番わかりやすいのかもしれませんが、

今、完成内覧会が、全国的に減っています。

これは、お施主様のご理解あってのイベントです。

弊社でも、できる限りこうした機会を設けたい、

しかし、当然お施主様あってのことですので、

無理に、すべての案件で完成内覧会、

できないこともあります。

しかし、昨年より特に思うことは、

完成内覧会を行わなくても、

「あそこにも建ててますよね」

「あそこの家、かっこ良いですね」

内覧会を開催せずとも、お客様から評判、

弊社がどういう家を建てているのかが、

内覧会をせずとも、広告をせずとも、

広く、認知されています。

これって、嬉しいことです。

パッと見で、弊社の家だとわかってもらえる。

しかも、それが評価されている。

こういう、パッと見かっこ良いと思われる家、

外観だけでなく、中だって抜群にかっこ良い。

できれば、内覧会はしないけれども、

こういうお宅を、HP等で公開していきたい、

今すぐはちょっとそこまで、手が回らない状況ですが、

今年中に、こういうコンテンツを充実させる、

これを秋以降の第三の目標としたいと思います。

秋以降は、また出張も増えそうな予感ですが、

より良い家づくりのために、立ち止まっている時間はない。

すべては、家を建てたいお客様のために。

『幸楽苑さんに行く』。

我が王子は、ラーメン屋さんと言えば、

必ず、幸楽苑さんです。

「ラーメン食べたいけど、どこ行く!?」

「幸楽苑に行く!!」

ですので、王子と一緒の時には、

我が家には、お店の選択権はありません。

お子様セットが大のお気に入りです。

普段より、食べるスピードがアップしますし、

何より、手がかからないのがGOODです。

というか、ガシャ目的が見え見えですが。

そして、私は決まって頼むのが、

豚バラチャーシューめん大盛り。

普段はしょうゆ系はめったに食べない私です。

このラーメンは、昔を思い出す味というか、

非常に心と体が洗われるとでも言いましょうか。

そして、チャーシューの半分を王子に献上、

これもまた、王子は待っているわけです。

子どもの頃、親にラーメン食べに連れて行ってもらう、

これって、最高の贅沢であり、楽しみでした。

我が王子は、そんな気持ちがあるのでしょうか?

 

『使用ドローンについて』。

最近、ドローンに関するお問い合わせ、

どんどん増えてきた感じがありますが、

別に、プロフェッショナルでも何でもないです。

弊社では昨年度より動き、今年度から本格的に、

ドローン空撮を、業務に反映しているだけです。

まだまだ、ドローンによる空撮は珍しいのか、

離陸の瞬間を見ると、感動されたりします。

弊社で使用しているドローンは、

DJI社さんのINSPIRE1です。

こちらです。

medium_inspire_p3

(DJI社さんより INSPIRE1)

medium_large_large-6

(DJI社さんより 送信機とタブレット端末)

2オペ仕様で、送信機は2つありますが、

今のところ、一人でフライトと空撮、

1オペで行っています。

ジンバルカメラは、純正のZENMUSE X3です。

4kカメラ搭載ということです。

個人的には、このスペックでまったく問題ないです。

静止画や動画も、マジで綺麗に撮れますから。

これ以上は、映画撮影とかプロが使うモノ、

そんなイメージを持っています。

重量は、バッテリーやジンバル込みでおよそ3キロちょっと。

よく、INSPIRE1は重いし大きいと言われますが、

まったくもって、苦になりません。

このくらいでないと、本体が安定しませんし、

逆に軽いとか、風に流されて怖い気がします。

というか、INSPIRE1以外飛ばしたことがないですが。

バッテリーは、4本あります。

1本で、フライトはおよそ18分程度ですので、

4本×18分=72分程度のフライトが可能です。

ドローン保険も、賠償責任保険1億まで、

ドローン本体の、機体保険にも加入しています。

国交省のドローン許可・承認も1年間下りていますので、

秋田県全域で、人口集中地区(DID地域)内でも、

当然ながら、フライト可能です。

人口集中地区(DID地域)内でなければ、

もちろんどこでも、フライトは可能です。

「うちも、ドローンで撮ってもらいたい」

依頼があれば、天候や周辺環境、日程等を調整し、

最終的に、フライト可能かどうかの判断をします。

簡単に言えば、晴れで風のない安全な場所での飛行、

これであれば、問題ないということです。

航空法を順守し、安全には細心の注意を払います。

能代山本地域で、INSPIRE1が飛んでいたら、

たぶん、弊社だと思ってください。

今後も、お客様や地域のために、

ドローンの活用を積極的に進めてまいります。

 

 

『大先生のご自邸』。

この日をどれだけ待ったことか、

悲願のその時が訪れました。

はい、日本全国の西方大先生ファンの皆様、

お待たせいたしました。

つ、ついに、その聖域にですよ、

私も、立ち入りを許されました。

こんなに光栄なことがあっていいのでしょうか?

これまでも、日本各地から、

数多くの業界著名人や業界関係者が、

こぞって見学に訪れた大先生のご自邸です。

様々な書籍や文献、各種HP等でも、

ご覧になった方も多いと思いますが、

この角度から見るご自邸というのは、

おそらく、本邦初公開では!?

はい、ドローン。

どうですか、このアングル。

およそ、上空20mちょっとからの撮影です。

タニタさんの太陽光一体型屋根の美しいフォルム、

緑とのコントラストが、また美しいですね。

そして、こちらも、ドローン。

いかがでしょうか。

これも通常のアングルから見るのとは、

また違った感じで、迫力ありますよね。

ヴァレーマさんの外付けブラインド、

その美しさと効果は、絶大なり。

特筆すべきは、ご自邸の庭がまたですね、

建物の美しさと価値を、より一層高めています。

ドロナー冥利に尽きる、今回の貴重な体験。

美しい家は、晴れの日に本当に映える。

そしてですね、ご自邸内部はですね、

もはや、空気感が違いました。

おそらく、11時前ごろだったはずですが、

この日の能代は、ここ数日でもですね、

いわゆる、夏を感じる気温でして、

朝から暑いと感じる日でしたけれど、

そこは国内トップレベルの、

まさに、超超超高性能住宅です、

日射遮蔽と採風通風でまったく問題なし、

快適の、レベルの違いに驚きました。

しかし、マジでテンション上がりました。

これまでも、いろんな家を見てきましたが、

美しさとデザイン、そして性能の両立、

私の目指す集大成が、ここにありました。

『再検討』!?

イオン問題の出店計画が、

再度明らかとなってきました。

当初より、計画は縮小される、

これはもう間違いないことですが、

どれだけの規模になるのか、

それはもう問題にはならないのでは、

縮小と言っても、地域最大級でしょうし、

再検討、何を検討するのか、

地元経済に悪影響とか、

出店批判サイドは、どうしてもネガティブ系、

いろんな角度から、考えなければならない、

そういうスタンスで、今でも反対するわけですが、

今の能代に、イオンが必要かどうか、

というより、イオンが来ない地元ってのが、

一番、危機的状況なのではと、

個人的には、思います。

五城目、大館、秋田、御所野、

どこに行っても、能代の人と出逢います。

ここ1ヶ月、市議会等も予定され、

一気にその全貌が見えてくるでしょう。

賛成する人と、反対する人、

イオン出店問題の見極めは、能代の未来につながる、

私は、イオンが一日でも早いオープン、

それを今でも期待していますが。

『勝つことの難しさ』。

まだお盆期間中ですが、

見た県外ナンバーで一番遠かったのは、

福岡でした。

さて、お盆はいろんな過ごし方がありますが、

改めて、勝つことの難しさを痛感させられる、

そんな感じです。

甲子園では、本県では負けなしのダントツ、

明桜高校が、手も足も出ない大敗、

実質エースが登板できなければ、

それは東京代表に、太刀打ちできるはずもなく、

相手の強さ、うまさ、適応力の高さ、

そして、こちらのミスや自滅という負けパターン、

全米プロでは、松山選手の活躍も、

最終日の、バックナインでの急ブレーキ、

本人が、一番悔しい想いでしょう。

世界のトッププロでも、メジャーとなれば、

まだ早いということでしょうか。

しかしいずれ、その日は来る。

ボクシングのチャンプ山中選手の、

まさかのTKO負けには、ビックリしました。

タオルという判断が、賛否両論ありますが、

最後は、完全にめった打ちの危険な状態でしたから、

あれは、やはり止めていたのが正解でしょう。

お盆で応援した3者がそろって負ける、

勝つってのは、やはり簡単なことではないですね。

『改めて思う』。

我々の世代ではもはや、

戦争については、今では伝承でしか、

その惨劇や辛さを知ることはできません。

父母の時代だって、今では少数派、

祖父母の時代であったわけですからね。

幼心に、親の実家に飾ってある、

マイグランパの戦時中に撮られた写真、

ふ~ん、その時はそれしか感じなかったものです。

それから、大人になってからですが、

広島にも、長崎にも行ったことはありますが、

沖縄や熊本にも、行ったことはありますが、

本当に、こんな時代があったという現実、

言葉にならない、その数々。

今日のこの日だから、改めて思うこと。

憎しみからは、何も生まれない。

愛ゆえに、争いがなくならない。

今でも、世界では戦争とはいわないものの、

争いや紛争は絶えません。

そして、世界情勢は、どちらかと言えば、

むしろ、どんどん不安定というか、

テロ等を含めれば、確実に危険度は高まっている。

平和とは、尊いものであり、

であるからこそ、難しいもの。

戦争を知らない世代は、戦争を語れない、

このジレンマと、月日の流れは、

どんどん戦争に対する意識を遠ざける。

まあ、考えるだけもまだマシだ、

そういう意見もありますが、

私のまわりにも、戦争を体験した世代が、

どんどん減ってしまいました。

先の時代を生きてこられた方々への感謝と敬意、

これだけは、忘れることはあってはならない、

私は、そう思う。

だからこその、お盆です。

 

『ラーメン末美さん』。

能代で隠れた名店と名高い、

ラーメン末美さんです。

数か月前に、行きました。

こちらは、末美ラーメンが超有名ですが、

私はですね、俄然みそをおススメしたい、

チャーシューメンみそ大盛り、はいこちら。

ファーストコンタクトは、近いです。

能代市民であれば、吾作さんと感じる人もいるはず。

非常に丁寧に作られたみそという感じです。

バランスがとても良い。

何でもっと早く食べに行かなかったか、

自分で自分を責めたくなる、そんなクオリティー。

インターネットでは、特にラーメン系は、

やれ何だのかんだの、まあいろいろ書かれていますが、

基本、私はそういうレビューは信じないタイプ、

自分で感じる味だけを、信じています。

能代のラーメン、私やっぱり好きですね。

『やっぱり吾作さんですよ』。

お盆を前に、行ってきました。

というか、お盆に限らず、

この日は特に、すごく混んでいましたが、

やっぱり能代と言えば、吾作さんですよ。

はい、味噌大盛りドン。

この日は、混んでいても回転がすごく良く、

混んでいた割には、すんなり食せました。

永遠の味、間違いない味。

別格の安定感と実力。

これは、能代市民でないとわからないでしょうね。

特にこの日は、チャーシューがすごく良かったです。

『ボタニカル』。

今巷でじわじわと人気を集める、

いわゆるボタニカルというジャンルです。

植物のとか、植物からとか、

まあそんな類なんでしょうが、

雑貨屋さんとか、ちょっとおしゃれなお店では、

前から見る機会はありましたけれど、

近年のアウトドアブームも重なり、

能代山本でも、今後家づくりのコンセプトとして、

取り入れたいお客様が増えるのでしょうか?

「植物に囲まれた暮らし」

好きな人には、どっぷりでしょうが、

維持管理や、虫の問題を気にする私は、

ボタニカルには向かないのでしょうね。

一歩間違えれば、雑然と見えてしまうのが、

ボタニカルの難しさではありますが、

インテリアとのバランス、一番センスが問われる、

広さがなければ、できない家でしょうが、

やってみたいジャンルでは、あります。

詫び寂びの心を大切にする日本人は多いですが、

シンプルとは、真逆のボタニカル、

興味のある方は、どうぞご相談ください。