資料請求

スタッフブログ

2017 9月 09 の記事一覧

『秋田市子育て世帯誘致』。

秋田県外に住む子育て世帯が、

新しく秋田市内に住宅を買って移住すると、

上限100万円を補助という制度、

先日発表されましたよね。

簡単に説明すると、対象となるのは、

18歳未満の子どもがいる、

転入前に1年以上継続して県外に居住、

夫婦いずれかが50歳未満、

NPO法人秋田移住定住総合支援センターに登録済み、

秋田市内で新たに雇用または事業を営む予定、

この5条件をすべて満たす世帯とのこと。

それから、新築や中古住宅について、

秋田市内の事業者を利用すると50万円加算、

賃貸住宅で暮らす移住者には、

敷金や礼金など初期費用を20万円を上限に支給、

物件購入、賃貸いずれも18歳未満の子ども、

一人当たり10万円を上乗せ(ひとり親の場合15万円)、

引っ越し費用として上限20万円の補助もあるとか。

う~ん、秋田県内で最も高齢化率の低い秋田市、

この秋田市が、一番子育て世帯の獲得に向け、

ここまでやるか的な、手厚い補助制度、

これは、完全に他自治体が遅れてしまう、

我が能代市も、こうした制度の展開、

どうにかならないものでしょうか。

能代の未来を支えるのは、間違いなく、

子育て世帯であり、子どもです。

もはや、なりふり構っていられない、

私は、秋田市のこの決断、

政治的手腕は素晴らしいと思う。

県外在住で、秋田市に移住を検討している方、

どうぞご相談ください。