資料請求

スタッフブログ

2017 9月 の記事一覧

『アムロス』。

彼女ほど、プロ級のプロはいない。

何度かライブも行ったことがありますが、

完全無敵の、他の追随を許さない、

圧倒的なパフォーマンス、

第一線を常に走り続ける姿。

その姿は、いつも美しく、

そして、力強く、洗練されている。

昔から、ずっと応援してきたわけですが、

今日の引退宣言は、さすがにこたえました。

あと一年とのことですが、

このショック、例えようがないです。

 

『季節の変わり目』。

台風が過ぎ、いよいよ秋モードが漂う中、

いわゆる、季節の変わり目というタイミング、

こういう時ってのは、体調など、

崩しやすい異変をきたすケースがありますね。

私は、今でも子どもみたいなところもありますが、

こういう季節の変わり目には、

必ず、目がものもらいになったものです。

社会人になってからも若干ありましたが、

この現象は今はようやくなくなりましたが、

よく、季節の変わり目は、

膝が疼くとか、手術痕が痛むとか、

説明が難しい、不思議な現象があります。

私も今日は、原因不明の腰痛に四苦八苦、

症状は、昨日の夜から徐々に痛みだし、

今日はもう朝からダメモード、

動いても痛い、黙っていても痛い、

特に座っている状態が辛い、

伝わらないですが、大変な一日だったんです。

腰痛は、本当に厄介です。

昔っからヘルニア持ちでごまかしの人生、

腰痛も、季節の変わり目は危険なのです。

腰痛は、何もお年寄りだけではない、

季節の変わり目は、本当に要注意です。

 

『台風一過』。

日本全国を縦断した台風、

九州大分をはじめ大きな被害、

秋田県は、台風の目の時点では、

そんなにでもなかったですが、

通過した後の、強風ったらすごい、

10時から昼前が、ピークでしたね。

今のところ、能代山本では、

甚大な被害はでていないようですが、

緊急現場パトロールに出た際、

ええ、こうでしたから。

(能代山本地域某所 倒木による道路寸断)

クマと遭遇も、もちろん怖いですが、

これもマジで、ビックリしました。

もしかして倒木後、私一番乗り!?

これが直撃していたらと思うと、

う~ん、廃車レベルでしょうね。

所々も、結構なサイズの枝が落ちていたり、

強風の中の運転は、心臓に悪いです。

すぐに能代警察署さんに電話しておきましたが、

ところで対応って、これでよかったのか、

緊急時ってのは、やはりどんな行動、

どんな動きをするべきであるのか、

きちんと手筈手順を知っておくこと、

これが重要であると、思いました。

ちなみに、能代警察署さんのですね、

電話に出てくれた女性がですね、

とっても対応が素晴らしかったです。

あ、ちなみに110番ではなく、

何となく、普通番号にかけました。

だって、110番っていったら、

何か怖い感じじゃないですか!?

『能代№1の正体』。

ずっと前から、一度お会いしたいと、

いやもしかして、どこかで会っているのでは、

すごく気になる、有名な能代人さん、

SNSで、それは膨大な量の情報を提供する、

まさに、キングオブ能代通のかんてんさんこと、

ええ、私は「秋田食べ日記」様の愛読者ですが、

何と、このほど北羽新報さんに、

バッチリ実名が載ったではありませんか。

しかも、これまでこれまた謎とされ、

トップシークレット扱いとなっていた、

ぺしこさんも、実名が載り存在が明らかに!!

まあ、知っている人は知っているでしょうから、

今さら感があったんでしょうが、

私は、かなりの衝撃を受けました!!

今のところ、今年ダントツ№1の衝撃です。

今度一度、ご一緒したい(笑)

お祝いさせてもらいたい!!

これは誰ルートでいけば、たどり着けるんだろうか?

『第四小ドローン』。

ちょっとタイミングが合ったので、

残念な曇り空ではあったのですが、

施工実績でもある、能代市立第四小を撮りました。

この角度から見る四小がやはり有名ですが、

今日はちょっと、上空からの、これ、

正門からの出入り口道路が、四小の頭文字、

そうです、「Y」になっている、

私、こういうのすごく好きですね。

校舎全景です。

中庭もあるんでしょうか?

学校グラウンド方面から見た、

調理場まで含めた四小の全景、

この角度も、また良いですね。

校舎と調理場のスギ板フォルム、

ウッドロングエコでしょうか、

経年の味わいが出てきています。

実は私、グラウンドや体育館までは、

入ったことありますが、

校舎内って、入ったことないんです。

私の知っている昔の四小とは、

まあだいぶ変ってしまいましたが、

非常に素晴らしい建物です。

 

 

『激減の異常』。

今年は本当にサンマが獲れないという、

激減の異常事態だそうです。

全国で例年行われる、サンマ祭り、

あちこちで中止が決まっているとか。

秋のサンマがないというのは、

本当に秋を実感できないわけで、

秋の大きな楽しみが、減ってしまう、

サンマの刺身が好きな私にとっては、

これは大問題です。

撮れても、小ぶりで痩せているとか、

う~ん、サンマが高級魚化する時代、

これって、大丈夫でしょうか!?

『高くても買う』!?

新型iPhoneが発表されましたが、

どちらも、本当にいいお値段ですね。

私のような化石人間は、そこまでのスペックや機能、

マジで、いらないんです。

こういう人間にしてみれば、

スマホで10万円オーバー、

まあ、携帯と音楽プレーヤー、そしてPC等、

これの最先端がセットになったのが、

今のスマホとしても、

それだけの価値が、正直…。

スマホの場合は、完全に市場原理の定理、

これが通用していない市場ですよね。

今や、持っていなければ笑われる、

でも、私のようなそこまで求めていない層、

そういう対象へのそこそこ安価版スマホってのは、

出ればすごく売れると思うんですがね。

高くても、売れる。

そういう売り手市場であるスマホ、

まあ、妬み憎しみは、何も生み出さないですが、

一般ピーポーには、10万オーバーは厳しい金額、

いくら割賦契約とは言えども、う~ん。

高くても、買う!?

子どもに、スマホ買ってと言われたら、

親は10万用意する時代ってのは、

ゾッとするのは、私だけでしょうか?

『厳しい処分』。

記録的な大雨の際の対応をめぐり、

秋田県知事がゴルフに出かけていた問題、

知事が自らの給料3か月分と冬のボーナスカット、

これを条例案として提出したとか。

過去最大級の、はじめての内容もあり、

その金額、およそ500万円超。

深い反省を、どのように表すか、

これは賛否両論あるでしょうが、

過去最大級ですから、厳しい処分、

軽い重いではないという意見も、

当然ながら、あるんでしょうね。

今の世の中は、一つの失敗が致命的、

挽回のチャンスや同情など、

温情的な風潮は、皆無に近い、

そういう流れになっています。

さて、この問題はどう決着するのでしょうか。

私は、秋田県知事に頑張ってもらいたい。

『ダイニング美とん』さん。

ずっと行ってみたいなと思っていた、

能代市柳町のニューフェイスである、

「ダイニング美とん」さんです。

先日、ついに待望の初入店でした。

(ダイニング美とんさん 外観)

非常に上品なお店構えですよね。

この日は、平日ど真ん中にも関わらず、

ほぼ満席状態で、最後には完全に満席、

こういうお店であることを聞いていましたので、

ちゃんと、裏ルート経由で予約はバッチリ。

お店の中も、個室スペースチックに、

プライバシー配慮の、嬉しい席割り、

あまりお店全体を眺めることがなかったので、

詳しいところまでは、さらにお酒プラスで、

実はちゃんと覚えていませんが、

能代での接待や、家族のメモリアル的な宴には、

もってこいな感じです。

丁寧な接客と、丁寧なお料理のお仕事ぶり、

これは、人気も当然です。

食べながら飲みたい人には、大満足。

私みたいに、飲んであまり食べない人は、

ボリューミーすぎて、きついです。

唯一挙げれば、店内は完全禁煙でして、

喫煙は店外という点だけです。

東京では、当たり前。

能代でも、いずれこうなるんでしょうね。

まあ、タバコを我慢すりゃいいだけですが、

酒飲めば、どうしても吸いたくなる、

それが、スモーカーの性です…。

この日は、コース設定でしたけれど、

今度は、一品系も是非食べてみたい、

非常に、期待度高いお店です。

まだの方は、どうぞご体験あれ。

能代でデートには、最高です。

この日は、見てはいけなかったのか!?

そういう面白い出会いもありましたっけ(笑)

『熱き指揮官』。

今一番注目しているのと、

そして是非とも頑張ってもらいたい、

それが女子バレー日本代表です。

監督は、日本女子バレーの生ける伝説、

はい、中田久美監督です。

これ以上の人選は、今の日本ではありません。

来たる東京五輪に向けた数年にわたるプロジェクト、

グラチャン杯では、2勝3敗の5位という結果、

取材ゾーンでの涙に、熱き指揮官の想いを見た。

名選手に名監督は難しい、

よくこういう例えがされますけれど、

そこはだって、中田監督です、

久光でのあの完璧なチーム作りと結果を残し、

そしてついに全日本監督です。

すべてを、預けようではありませんか。

すべてを、任せようではありませんか。

誰よりも、想いは強く、

そして日本のために頑張ろうとする、

監督と選手たち。

我々国民は、後押しするだけです。

伝説のセッターが、新たな伝説のセッターを、

これができれば、必ずや、やってくれるでしょう。

女子バレーが、熱い。

もっともっと、注目と、光を。