資料請求

スタッフブログ

2017 10月 09 の記事一覧

『カミカゼ再訪』。

ずっとご無沙汰になっていた、

能代市二ツ井町の名店と名高い、

麺屋カミカゼさんに、先日再訪。

この日は、おそらく私が最初客だったかも。

中華そばと、すごく迷いながら、

最後は、やっぱりみそらーめん大盛り。

旧バージョンの味の衝撃ったら、

それはすごかった記憶がありますが、

ネットで事前に、味チェンジしたとの情報、

じゃあ以前と、どんな変化があるのかどうか、

ワクワクしながら食しました。

結論から言うと、これは進化です。

田舎では、なかなか味わえない構成ですね、

個人的には、非常に都会的な一杯と言うか、

まあ今の東京でも、こんな感じが増えている、

そういうかなり革新的かつ上品な一杯です。

旧バージョンより、生姜のパンチは減っているが、

その分スープの改良、何より奥深さが増しています。

ねぎ、茹でもやし、チャーシュー、麺、スープ。

完全にごまかしがきかない、シンプル構成でありながら、

この完成度、やはりその実力たるや、凄まじい。

しかし、味以外で賛否両論あるお店なのが、

私にはさっぱり理解不能です。

らーめん屋さんは、らーめんこそすべて。

そこに、ホスピタリティや癒しは不必要、

このお店は、そういうお店と割り切ること、

喋るな的なお店だって、たまにあるじゃないですか。

私なんかは、そう思いますけれど。

こういう味が、能代で食べられることは、

これは、とても喜ばしいことですから。