資料請求

スタッフブログ

2017 11月 04 の記事一覧

『残念なドローン事故』。

岐阜県大垣市で行われた、大垣観光協会主催、

「ロボフェスおおがき2017」で、

アトラクションとして飛んだドローンが、

突然バランスを崩して墜落し、観客が負傷したという、

非常に残念な事故が起こってしまいました。

100名ほどの観客の中に落ちたという現実、

ドローンが、凶器となってしまったこと、

同じドロナーとしては、心が痛みます。

会場周辺の気象条件等はどうだったのか、

早急な墜落原因の追究が待たれますが、

ドローンの許可承認を得ている人間であれば、

多数の人が集まる催しの上空で飛行しないこと、

無人飛行機から物を投下しないこと、

これは、ドローン飛行の基本中の基本であり、

もちろん、許可承認を得ていればこの限りに非ず、

この基本原則から外れた今回のケースの場合、

関係省庁へ、具体的にどのような許可承認を行ったのか、

当然ながら許可承認は得ていたようですが、

イベント主催側から委託を受けたドローン飛行者の、

その申請内容と許可承認内容、

これがすごく気になるところです。

推測するに、これは予想の範囲ですが、

ドローン飛行中の地上ポイントには、

人が立ち入ることのできない措置を取ること、

不測の事態に備え、地上ポイント周辺には、

それ相当の人員を配置すること、

お菓子を投下ということでしょうから、

通常より厳しく高度制限はかかっていたはず、

そしてお菓子自体の重さも制限されていたはず。

地上ポイント外にお菓子を投下するなんて、

ドローンの回転の遠心力でも使ったのか!?

このへんは、まったくわかりませんが、

事故は、立ち入り禁止ポイント外に落下したか、

もしくは立ち入り禁止ポイントに人が入ったのか。

流れたか、暴走したか!?

風か、電波干渉か、操縦ミスか!?

ドローンは、まだまだ認知度が低いですが、

注目度は、抜群に高いです。

きっと、このイベントの目玉企画であったこと、

本当に楽しみにしていた人は多いことでしょう。

ドローンの可能性が、この事故により今後狭まること、

これは、あってはならないですが、

もちろん、それ以上に、

事故だってあってはならないのです。

ケガをされた皆様の早期の回復をお祈りいたします。