資料請求

スタッフブログ

『平成の村八分』!?

『平成の村八分』!?

目と耳を疑うようなニュースがありました。

大分県弁護士会が、同県北部の山間部集落で、

母親の介護のためUターンした男性が、

自治区への加入を認められないだけでなく、

いわゆる回覧板やその他配布物、

行事等の連絡すら拒絶されている状態を問題視、

いわゆる、平成の村八分状態で人権侵害にあたるとし、

自治区への是正勧告をしたというものです。

今、田舎は限界集落としてその存続すら危ぶまれている。

田舎へのUターンは、この上ない有難きことなのに、

どうして、こんなことが起こってしまうのでしょうか。

これが、田舎特有の部外者排除の動きであり、

なかなかコミュニティーの輪の中に入りづらい、

帰りたくても帰れない人たちを、さらに遠ざける、

非常に悲しい現実です。

確かに、郷に入りてはなんちょらで、

その土地土地の、昔ながらの慣習や掟、

そういう伝統的な部分は大事ですが、

今回も、こうなる前にトラブルがあったとか。

だからといって、全体で排除するなんてのは、

非常に悪質な虐めとも捉えることができ、

この悲劇の先には、最悪な結果しかない、

う~ん、我々の地域はどうなんでしょうか!?

非常に考えさせられる問題が多くある、

我が能代市はUターンには大歓迎で、

そして当然ながら、手厚く大寛容であってほしい、

実際のところ、どうなんでしょうか。