資料請求

スタッフブログ

2017 12月 12 の記事一覧

『あきたふるさと手作りCM』。

あまり認知度は高くないなりにも、

毎年、各市町村がガチンコ勝負をする、

あきたふるさと手作りCMです。

私は毎年、チェックしています。

このほど、我が能代市が準グランプリ扱いなのか、

秋田銀行賞に輝いたというニュースです。

「木都能代を支えた食のおもてなし」というテーマ、

大変な名誉の中、書くことではないのかもしれませんが、

超個人的な感想ですので、批判は受け付けません。

考え方は、人それぞれ的感覚で読んでください。

初っ端の包丁やまな板、これが木都能代の代表作!?

天然秋田杉、いわゆる秋田材で潤ったことから、

東洋一の秋田と称され、その中心地であった能代、

そのイメージであれば、包丁やまな板では軽すぎる、

少し、気になったんですよね。

次の、能代の花火、嫁見祭り、金勇、能代七夕など、

これは今も能代を代表するオンパレードです、異論なし。

そして能代在住の外国人さんたちが食をPRしている、

はい、うまくまとめたというCMのように思えますが、

ちょ、ちょっと待ったと思ったのは、私だけでしょうか?

問題は、食のおもてなしの、この大事な食の部分なんです、

当然どれも、能代市内の飲食店の料理ですが、

でも、これが能代を代表する食材や料理なのかどうか、

見る人により、完全に意見がわかれるところでしょうね…。

チャーハン(!?)、ジャーマンポテト(!?)、

ユッケ(!?)、ステーキ(!?)、伊勢えび(!?)、

ラーメン、ハタハタ、サラダ(!?)、

華やかさというか、今風な感じはしますけれど、

これらの料理のどのへんに、能代らしさを感じれば良いのか、

私は、どこのお店の料理であるか、わかりますが、

能代でも、ごく一部が知っている、常連さんが好むメニュー、

これは、そう言われても仕方ない。

これらの料理と、「木都能代を支えた…」というタイトル、

木都能代全盛時代の料理ではないものがほとんどであり、

能代が、今後これらのお店のこのメニューを本気で看板に、

そしてこれらの料理が、今後の能代の町おこしならば、

「木都能代に来たら、この食のおもてなし」、であるべき。

なんて、素人が思った感想ですから、気にしないでください。

CM、よくできているんですよ。

この、本当に少ないCM時間の中で、

所々にキラリと光るセンス、何より情熱はあっぱれです。

ただ、能代を代表というより、わずか柳町に特化、

ここが、少し残念だったかと思うのです。

まあ、それだけ、能代の食は特徴がない、

そうなのか、いやそうではない!?

これも、あれも、そうだこれだって、

能代のおもてなしにふさわしい、そんな食とは、

こういう熱い議論が、能代には必要なのです。

前にも書きましたが、町おこしの近道は、

完全に、食です。

そこに一石を投じた、このCMの意義は大きい。

能代市HPで、どうぞご覧あれ。

しかし、PRってのは難しいですね。

そういう意味では、三種町のじゅんさいCM、

これはまさに、「THE 三種」ですよね。

映像がまた、美しい。

雨と沼、そして水とじゅんさいと、手。

すごく、クリエイティブですし、

ここまでジュンサイ一本にフォーカスする潔さ。

敵ながら、見事と言うしかない。

これに匹敵するだけの、能代の食とは。

これを創り上げるのが、能代の未来なのではないでしょうか。

このCM制作関係者の努力に、心より拍手を。

問題は、このバトンを誰が受け取るのかです。