資料請求

スタッフブログ

『新時代のはじまり』。

『新時代のはじまり』。

卓球全日本選手権が終わりましたが、

日本中の卓球ファンでなくても、

今回の結果には、新時代のはじまりを、

世代交代の波を感じずにはいられませんでした。

男子はこれまで、完全王者である水谷選手、

国内ではまず、ダントツの第一人者、

彼に憧れ、そして彼を目指した張本選手、

両者の対決となった決勝ですが、

わずか14歳で、日本の頂点になった張本選手、

そして女子では、伊藤選手の3冠、

こちらもまだ17歳ですが、圧巻のプレー、

両者に共通するのは、フォアのスマッシュを、

バックスイングなしのスマッシュで返すという、

いわゆるパンチ系のカウンターと言われる技術、

これが特にすごいテクニックだと言われていますが、

バックやカットだって、すごいですし、

時々見せたチキータがまた、私は好きでしたね。

そして、一気にゲームを持っていく流れ、

どんだけ強いんだと、思いました。

確実に、リオよりさらに強くなっている。

世界最強の中国に立ち向かうには、

今大会のプレーが必要不可欠とも思えますが、

それでも、今大会みたいな神がかりプレー、

これができれば、大きな期待を抱かずにはいられない、

そりゃ福原愛ちゃんだって、ビックリします。

エッジボールで手を挙げて謝るという、

非常にマナーのしっかりしたスポーツである卓球、

ベテラン勢だって、まだまだでしょうから、

う~ん、日本が実に良い状態であることだけは間違いない。