資料請求

スタッフブログ

2018 2月 05 の記事一覧

『GODIVA広告で想う』。

2月1日付の日経新聞に、

なかなか衝撃的な広告がありました。

「日本は、義理チョコをやめよう。」

はい、インパクトのある見出しです。

この時期、女性は来たるバレンタインデーに向け、

あれこれ頭や財布を使うわけですが、

これまでも、いわゆる義理チョコ問題は、

ずっと問題提起されてきました。

そこに、スパッとGODIVAの社長さんが、

メッセージを載せたわけです。

世の女性と、そして世の男性や社会に向けた、

世界のトップチョコメーカーさんからの提案。

今では、何か言うとすぐ炎上の世の中ですが、

今のところ、賞賛の声が多いとか。

これまでの慣習や文化は、

時代の流れと共に、変わっていくものもある。

私も、義理チョコはあまりついていけないですが、

中には、照れ隠しで義理に本命を混ぜ込む、

そんなテクニックも、女性としてはやりやすいとかで、

義理もあった方がよいという意見もありますし、

子どもなんて、このイベントに超気合い入れる、

事実、思春期なんてすごいですからね、

ああだこうだとは、言いませんけれど、

「日本の大人は、義理チョコをやめよう」

これで何となく、うまくおさまると思うのは、

私だけでしょうか!?

子どもから、このイベントを奪うのは、

何だかかわいそうな気がしますし、

青春時代の思い出として、そして経験として、

バレンタインデーは必要だと思うんですが。

バレンタインデー規模縮小は、さらなる草食系を増長、

こっちの方が、怖くないですか!?