資料請求

スタッフブログ

『勝負の世界の厳しさ』。

『勝負の世界の厳しさ』。

夜中に目が覚めてサッカーW杯を見てしまう私は、

おそらくまだ余裕があるのでしょうか?

しかし勝負の世界の厳しさを感じますね。

番狂わせと言われる決着であったり、

負けてはないが、痛恨のドローであったり、

その中で、しっかり結果を残すスーパースターがいたり、

私は、毎日それなりにW杯を楽しんでいます。

ええ、おそらく日本戦前までは…。

 

昨日まで行われた、中学総体いわゆる夏本番勝負、

それぞれの競技で、見事全県切符を勝ち取った学校、

前評判は高く、順当にいけばと言われながら敗退の学校、

ここにも、いろんなドラマがあったことでしょう。

今朝の新聞を見て、驚きもありましたが、

一番のビックリは、単独校での出場が厳しい学校の多いこと!!

これは、本当にまずいのではと思いました。

 

あ、九州では審判に見事なストレートパンチのバスケ選手、

これは勝負の世界とはいえ、NGです。

それより昨日の我が読売ジャイアンツの最終回は、

勝負の世界の厳しさと言うか、何と言うか…。

ガックリしました…が、

ロッテ平沢選手、順調に育っていましたね。

成田投手の今後にも期待したい!!