資料請求

スタッフブログ

2018 9月 02 の記事一覧

『建物の劣化の原因』。

何だか家の話をするのは久しぶりのような、

はい、本来は真面目な家づくり関連のブログです。

今日は、建物の劣化の原因についてです。

お客様からも、質問がありましたのでお答えします。

 

田舎では、切実な空き家問題があります。

事実、今でも建物は存在するものの、

跡取り(住む人)がいなくなったために、

現在、残念ながらも空き家となっている、

人が住んでいない状態の建物のことです。

 

空き家がなぜ、特に老朽化が進むのか!?

これには、様々な要因が関係してくるのですが、

まずは、空気の流れの喪失が挙げられます。

通常、人が住んでいればですね、

生活するだけで、窓や玄関を開けたり、

換気扇を回したりで、空気が動きます。

この空気の動きで、湿気なども排出されるのです。

人が住んでいなければ、生活での湿気は起こりませんが、

建物自体が発する湿気を排出することができなくなる、

これがカビの原因となったり、腐食の原因となります。

だからこそ、たまにお身内や親戚の方が、

管理という名目で空き家の窓を開けたりする、

はい、そういうことです。

 

それから、生活していなければ、

空気も動かない、水も動かないわけで、

特に水まわり関係はですね、

使ってナンボの部材もあります。

ゴムパッキンなんてのは、乾燥が劣化を早める、

使っていないのにではなく、

使っていないからということもあるのです。

 

それから、ホコリやゴミなどですね。

生活していなければ、ホコリは出ないでしょ!?

いえ、そんなことはないのです。

その仕組みは、よく私もわかりませんけれど、

これには、外的生物が関係していると言われます。

人も住んでいない、カーテンも閉めている、

そういう家は、日光による紫外線殺菌効果もなく、

先ほどのカビや微生物、ネズミその他害虫にとっては、

まさに天国のような環境となるのです。

誰も住んでいないので、襲われる心配もない、

雨風から守られて、安心して生きていける、

特に空き家に対する反応はですね、

ネズミその他害虫のセンサーは凄まじいと言われます。

空き家は特に、狙われるのです。

これはもはや、本能なんでしょうね。

こうして、ホコリやゴミがたまり、

それが原因で朽ちていくこともあるのです。

 

「カビていく→腐食→さらに害虫の住処→劣化」

空き家の劣化の原因は、主にこの流れです。

 

では、新築の場合はどうなのか?

24時間換気がついている建物であれば、

多少の空気の流れはありますが、

それでも、この換気量というのは、

あくまでも、シックハウス系対策の、

最低の空気循環排出量だと思ってください。

強制換気が回っているからと言って、

その換気量が十分かと言えば、そうでもない、

それ以外は、はい、空き家と一緒です。

新しいからといって、劣化しないのか、

それは、至ってNOと思った方が良い、

そういうことです。

 

よく、シャツの黄色染みなんてのがあります。

着ていなかったがために、黄ばんだ、

あれと考え方は一緒のような感じ、

着ていれば、洗うので汚れない痛まない、

着なければ、洗わないので汚れそして痛む、

家に関しても、同じ。

無菌住宅ってのは、まずありえませんから。

家の耐久性は、住まい手の生活、

これも影響しているんですね。

家主を失った空き家は、痛むのが早い、

参考になれば、幸いです。