資料請求

スタッフブログ

2018 9月 29 の記事一覧

『平屋でいい』!?

家づくりの中で、よく勘違いされること、

「二人暮らしだし、平屋でいい」

こういう話をするお客様がいらっしゃいます。

サイズはコンパクト、二階は使わない、

最低限の部屋数と間取りで十分暮らせるから、

おそらく、こういう発想からなのでしょうが、

平屋に対する間違ったとらえ方をするお客様が、

悲しいことに、あまりにも多いので、

今日は真剣に平屋を少々語ります。

 

二階建てと平屋建て、パッと見ると、

二階建ての方が家として大きく、

結果、コストがかかりそうですが、

同じ大きさならば、平屋の方が高いのです。

同じ大きさであればですからね。

 

例えば、家のサイズを40坪で考えてみましょう。

40坪で二階建てであれば、

総二階なら、1階20坪2階20坪、

合計の40坪ですよね。

40坪で平屋建てであれば、

1階だけで40坪ですよね。

20坪の1階の家と、40坪の1階の家。

リビングが広いのは、贅沢なのは?

 

1階ベースで比較するとわかりやすい。

同じ坪数であれば、2階建てより平屋建てが、

基礎が倍、屋根も倍、構造や表面積の増加など、

結果、圧倒的に平屋建ての方が高くなるのです。

 

30坪超クラスの二階建てと、25坪弱クラスの平屋が、

コスト的には、おそらく同じくらいでしょうか。

「平屋でいい」ではなく、「平屋がいい」でなければ、

簡単には、誰でも建てられる家ではない、

コストだけで考えても、そうなる、

それが平屋なのです。

 

敷地や周辺環境の問題もあり、

平屋は、二階建てよりテクニックや技術、

そして大きくセンスと経験が問われます。

老後の生活を考えたゾーニングであったり、

明るさや採風の問題であったりと、

考えることは、いろいろです。

例えコンパクトではあっても、

そこには何よりゆとりがなければ、

暮らしや先を考えなければ、

はい、平屋は特に難しいのです。

 

平屋は、高級路線シリーズなのです。

だから、若い世代ではまずいないのです。

「平屋に憧れる」人が多いのは、

それは、ダイナミックな空間構成だったり、

同じ大きさであれば、二階建てより平屋が、

コストがかかることを知っているからなのです。

間違っても、平屋でいいとは思わないでください。

平屋の方が安い、そういうことはありませんので。