資料請求

スタッフブログ

『表裏一体』!?

『表裏一体』!?

全日本実業団対抗女子駅伝ですが、

いろいろと考えさせられることが多かったです。

もちろん、駅伝というのは、

チームのために何が何でもタスキをつなぐという、

そこに、この競技の最大の意味や価値があり、

それゆえに、選手は限界を超えてもチャレンジする、

しかし、それが時として今の時代にそぐわない、

昨日も、とんでもない光景がありました。

 

地を這ってでも、つないだタスキ。

この選手の心意気と根性は、

もちろん賞賛されるべきであり、

しかし、危険でありその前に止めるべき、

そういう判断もまた、今の時代は正論、

何が正しくて何が間違いなのか、

最近、物事の良し悪しが表裏一体、

どっちでもというケースが増えましたね。

 

血のにじむような努力と鍛練を積んだ選手でも、

本番で何が起こるのかわからない。

駅伝という競技は、時に恐ろしい結果となりうる。

その危うさがまた、観る側を惹きつけるから、

どこまでも根性丸出しで、例え倒れてもとは、

そういう時代では、もうないことだけは間違いない。

今後の駅伝のあり方の、大きな教訓となったわけですが、

負傷された選手の一日も早い回復を祈りましょう。

 

しかし駅伝って、本当にすごいですね。

今の世の中に一番無くなったと言われるモノが、

まだこの世界には、脈々と当たり前に存在しています。