資料請求

スタッフブログ

2018 11月 の記事一覧

『それ相応の対応』。

それ相応の対応ときました、

実に重い感じになってきましたが、

ここまで言わせなければならないのが、

正直なところどうなのかという、

本来であれば、喜ばしいはずのニュースが、

国民の多くも、その動向が気になる展開、

この先、どうなるんでしょうか?

 

しかし、当然と言えば当然です。

親の気持ちとしては、そうなりますよね。

子どもの行く末は、マジで大事。

親だって、譲れない。

 

『新たな街並みが』。

かねてより進めておりました、

四小二中学区の宅地造成工事ですが、

このほど、工事が完了したとの報告、

今後は、速やかに各種手続きを行い、

来月は、いよいよ分譲開始予定です。

かなりのお客様がもうご存知ですので、

何を今さら感がありますが、

ここに新たな街並みが誕生すること、

ワクワクしますね。

(11/28現在 新分譲地と能代市内を眺める)

(11/26現在 上空より新分譲地を眺める)

 

何だか、久しぶりのドローンネタ!?

はい、能代で飛ばしたの、本当に久しぶりです。

ほぼ、県外での飛行だったので。

『夢と希望をありがとう』。

県民栄誉賞受賞の金足農業、

今年は本当に、これに尽きる。

夢と希望をありがとう。

式典参加は、とんでもない倍率、

見事に当選された方々は、最高だったとか。

私の知り合いも、数名ほど、

しかしみんな、好きね(笑)

『顔面が』。

ここ数日の話なんですが、

右目のまわりが違和感です。

まぶたがピクピクは、よくあるんですが、

それを通り越した違和感なんです。

 

年末まで、今まさに正念場ですので、

気合いと根性で何とかなると思い、

自分に鞭打って乗り切ります。

見かけたら、応援してください!(笑)

『給水のいらない加湿器』!?

西方先生ブログにもありましたが、

今月中旬に、宮崎で情報をゲットしたのが、

給水なしの直結加湿器です。

加湿の問題は、タンクへの給水、

これが結構、面倒だし重労働、

そういう問題がありました。

マーベックスさん、狙ってきましたね。

なるほどね~、あとは技術的な問題、

そして音の問題だけだなと思っていました。

来月あたり、直接見る機会があるか!?

いずれにせよ、注目設備です。

『高値高騰』。

ガソリンに灯油の値段の高騰、

すごいらしいです。

冬になると、高くなる、

まあ需要と供給のバランスなのでしょうが、

特に灯油が高いと、雪国は大変ですし、

企業にもズシリとその負担は重くなる。

 

そう言えば、石油はいつなくなるんですか?

私が小さい頃は、あと30年とかの記憶、

まあなくなったら困りますけど。

『栄光の背番号を背に』。

栄光の背番号である18番を背に。

野球人なら、誰もが憧れる、

いわゆるエースナンバーです。

それをプロの世界で勝ち取った、

秋田の星から、日本のスターへ、

吉田投手の物語が、始まります。

これ、マジで北海道行かなきゃ!!

東北同郷の楽天も応援したいですが、

秋田県民は、北海道、

これは、どうかお許しをいただきたい。

日本ハムが、マジで熱い!!

ハムは日本ハムしか、買いません。

 

 

 

『忘れずに閉めましょう』。

ついに冬がやってくるのか!?

今日は寒い一日で、雪もチラホラ。

もう少し、待ってもらいたいものです。

さて、今日はマジメな話を少々。

雪国の冬対策として、外部水栓の凍り止め、

はい、簡単に言えば外の水道です。

意外と忘れてしまうお客様がいらっしゃいますが、

しっかりと凍り止めを行ってください。

 

夏に使ったまま、凍り止め忘れ。

これは、危険です。

最悪の場合、冬期間に根元部分で破裂し漏水、

まったくないとは限りません。

どうぞ、忘れずに。

不明な場合は、お問い合わせください。

 

『それぞれの快適で』。

昨日は夜明け前からですね、

能代→秋田→岩手→宮城→福島とまわり、

その中では、秋田が一番気温が高いのが、

何となく不思議だったんですが、

岩手某所は、マイナス2度でしたから。

福島も、0度であったようです。

東北にも、いよいよ冬がやってきますね。

これから、長い冬にはなりますが、

うまく乗り切っていきたいものですね。

 

さて、冬をうまく乗り切るために、

「それぞれの快適で」

これがポイントとなります。

例えば室温。

私と王子は、22度以上になると、

もう暑くって、脱ぎたくなる感じ、

妃殿下と姫は、23度以上は必要か、

ここにまず、男女差の違いが生まれます。

温度戦争、うまく対応しましょう。

 

それから、全館暖房。

これも実は、私には向かないんです。

だって、寝る部屋が20度以上もあると、

マジで暑くて寝れません。

寝てても、無意識に布団を吹っ飛ばすので、

かえって風邪を引く悪循環。

むしろ暖房なしが快適空間。

ということで、我が家我が部屋だけは、

冬場は閉め切る作戦です。

家の中で、最も上階層にありますので、

黙っていても、上昇気流が発生、

扉を開けておくと、すぐ20度オーバー。

これをとことんシャットアウトする戦法。

 

そして湿度。

理想は最低でも40パーセント以上が好ましいとか、

50パーセントを超えるようトライする人も、

まあ、湿度で体感温度は上がりますので、

高い方がいいのでしょうけれど。

まあ、これまた人によりますね。

 

快適のためには、適温と適湿です。

ただし、その中でも、

無理なく、それぞれの快適が、

どこか、何度か、何パーセントか。

それをしっかりと理解し、実現すること。

これです。

『土地決定のために』。

土地決定に大きな影響を占めるもの、

人によっては、違うのでしょうが、

最近のお客様は、子どもの学区を優先します。

中学校は、そこまででもないですが、

小学校が、重要なようです。

子どもは永遠に小学校に通うわけではない、

私なんかは、そう思うのですが、

でも、人気学区は利便性が高い、

そういうケースがほとんどです。

今では、閉校問題もありますので、

なくなる学校よりは、栄えている学校、

何となく、気持ちもわかります。

 

そして、コンビニやスーパー、

その他生活インフラ等、

そしてまた、除雪や自治会など、

挙げたら、キリがないですが、

今ではさらに、水害問題も重要視するとか。

 

土地決定のためには、勢いとタイミング、

そしてプロのアドバイスが必要不可欠です。

どうぞご相談ください。