資料請求

スタッフブログ

『全館空調元年』。

『全館空調元年』。

弊社の大瀬モデルハウスはですね、

将来的に必ず家づくりのスタンダードとなる、

はい、全館空調を取り入れたモデルハウスです。

全館空調の考え方や方法は様々ですが、

目指すところは、おそらく一緒です。

建物内の温度差を極限まで解消すること、

これを、少ないエネルギーで実現すること、

現在、メインの床下エアコンを設定23度、

これで稼働させていますけれど、

その威力、凄まじいです。

快適の極みです。

快適すぎて、マジで眠くなります!

2Fには、吹き抜けから暖気が各部屋にまわります。

一応、2Fは天井エアコンで各部屋へダクト送風、

マルチシステムとして、装備はしてありますが、

11月中旬現在、まったく動かしてません。

これは真冬も、本当にいらないんじゃないか、

そう思うくらいです。

 

まだまだ全館空調は、採用率が少ないですが、

これから、確実に増えるだろうと思います。

光熱費が大きくかからず、温度差なし、

これに勝るものは、ない。

そのためにはやはり断熱と気密、

そしてプランニングとリターン。

弊社でも、今年を全館空調元年として、

今後さらなる改良を加えながら、

最高に快適な家づくりを目指します。