資料請求

スタッフブログ

2019 1月 28 の記事一覧

『電気代が高い』!?

毎月の電気使用量と料金について、

しっかり見ている人はどれくらいでしょう?

ここ数年で、何となく電気代が高くなった、

そう感じる人が、徐々に増えてきています。

 

通常は、家での暮らし方のコツを理解し、

年々、電気代は下がるというのがセオリー、

しかし、下がるどころか横ばいなら上出来、

ほとんどのご家庭で右肩上がりなのです。

これは、なぜか?

 

はい、再生エネ賦課金の上昇です。

これによって、どのご家庭も電気代が上がっている、

非常に悩ましい問題なのです。

いわゆる地球にやさしい再生可能エネルギーへの転換、

これを目指して始まったFIT固定価格買取制度、

これには、脱原発なんかも絡んでいたわけですが、

再生可能エネルギーの促進と普及に向け、

行政も一気に流れを作りました。

再生可能エネルギーへの転換を実現するため、

広く一般家庭にも負担してもらう、それが賦課金。

スタート時は、そんなに高くなかった賦課金が、

なんと今では、スタート当初の10倍超、

これが原因です。

驚かないでくださいね、

この賦課金は、もっと上がると言われています。

 

おそらく、どのご家庭でもそうなのでは?

毎月の電気代の約1割超がこの賦課金です。

自分で使っていないのに…、です。

一度、ご自宅の電気料金の内訳を見てください。

きっと、ビックリしますよ。

電気使用量が増える冬なんかはですね、

賦課金も比例して上がりますから、

その額に、驚愕…。

 

なぜ賦課金は毎年高くなるのか?

しかも、国の試算より、ずっと早く高く…。

そんなの、おかしくない!?

再生可能エネルギーが拡大するほど、

この賦課金は、上げざるをえないのが実情。

しかし、国民の多くは、毎年上がるこの賦課金、

ほぼ知らない人が多数、マスコミもだんまり…。

これが消費税だったら、こうはなりませんよね。

 

どうして賦課金だけが、水面下で注目されないのか、

そこには、深い闇とカラクリがあると言われます。

超低金利時代で高利まわりの産業用売電ビジネス、

この人たちの買取価格分をカバーするために、

賦課金が上がっているとも言われています。

おっと、これ以上は言えませんけれど、

賦課金がどんどん高くなる理由というのは、

マジでこれ以外にあるのでしょうか。

 

ですので、この再生エネ賦課金上昇分を、

一般家庭では、どうやって抑えるか、

ポイントは、これに尽きる。

間違わないでくださいね、

電気代が高いのではなく、

賦課金が高いのです。

残念ながら、対策はですね、

使う電気を減らす以外に、ない。

いわゆる自家発電でもしないと、

電気使用量は減らすことができません。

これが問題だと、私は思う。

 

再生可能エネルギーの普及が国民生活を圧迫、

そんなのは、本末転倒だという意見も、

それでも、脱原発や地球環境をという意見も、

両者の争いは、今後もますます問題になるでしょう。

再生エネ賦課金の推移は、実に重要です。

覚えておきましょう。

 

私は決して再生可能エネルギーに反対ではない、

誤解のないように、そういう立場ではない。

クリーンなエネルギーへの転換は、

時代の流れから、必要不可欠であり、

特にエネルギー自給率の低い日本は、

この問題は避けて通れないのです。

しかしながら、どうしても利権的閉鎖的な、

何だか一部のみが潤っている的な、

日本の再生可能エネルギーの現状、

これには疑問が残るというだけ。

再生可能エネルギーの普及が、

国民の賦課金負担もそこまででないのなら、

文句は一つもない。