資料請求

スタッフブログ

2019 2月 の記事一覧

『思った通りには』。

世の中思った通りにはいかないですね、

アメリカの思惑通りなのか、

北朝鮮の思惑通りなのか、

決裂ではないにしても、

合意できなかったというのは、事実。

ずっと歓迎友好ムードであっただけに、

唐突な終了と前倒しの帰路は、

寂しさだけが残りました。

 

『住宅ローン控除について』。

いわゆる住宅ローンを受けて、

昨年末までにマイホームが完成したお客様、

今回の申告に該当する方々には、

各担当よりご案内をしておりますが、

住宅ローン控除の申告につきまして、

3月15日まで完了するように、

税務署での手続きをお願いしております。

次年度以降は、職場の年末調整でOK、

申告は、今回限りです。

どうぞ、お忘れのないように、

よろしくお願いいたします。

ご不明な点があれば、お問い合わせください。

『間違ってはいないけれど』。

最近また特にマスコミさんの報道姿勢、

これがまたひどいとニュースになっています。

先日の沖縄県民投票も、そうでした。

圧倒的反対票が多く7割を超えた、

こう見ると、沖縄県民の7割が反対、

そう捉えてしまう人も出てくるレベルですが、

投票率は50パーセント超ですから、

県民全体数で考えれば、3割ちょっとという、

確かに間違ってはいないけれど、

う~ん、どう誘導したいのでしょうか的、

そういう風に思ってしまうのは、

私の性格が悪いからなのでしょうか。

 

沖縄の民意、反対が7割ではない。

もちろん、普天間問題は、

沖縄県民にとって、日本にとって、

解決しなければならない重要事項、

でも、だからと言って、

声高々に辺野古に賛成とは言えないからこそ、

やはり投票を見送る人も多くいました。

どちらかと言えば、反対派のための、

そんな結果になることは、

やる前からわかっていることです。

 

この県民投票には、法的拘束力はない、

でも、何かが変わるのでは、何かを変えたい、

反対派の増加と行動、

それに対し、埋め立てを進める政府。

 

沖縄の基地問題は、やはり簡単にはいかない。

沖縄外へ基地を排除をとする、沖縄県民。

辺野古が唯一の解決策であると考える政府。

両者の溝は、さらに深まるのか、

光と闇、恩恵と被害、

また沖縄に行きたくなりました。

 

 

 

『スマホでできないことはない』!?

家の進化は様々あるのですが、

一番は、家にいなくても的な、

スマホであれこれできるという、

まさに未来の暮らしが現実なものに、

エアコン操作やお風呂の湯張り、照明オンオフ、

玄関の鍵の施錠確認なんかも、

スマホでできる時代になります。

ドアホンもスマホと連動、

誰がいつ来たのか、スマホに飛んだり、

もはや、スマホでできないことはない!?

 

でも、スマホで操作ということは、

電波系でのやり取りでしょうから、

防犯面は本当に大丈夫なのか、

車もリレーアタックという、

リモコンキーの電波を拾うという、

そういう類の窃盗も出ている中、

家の安全は、しっかりと確保する、

スマホのこういう部分は、実際のところ、

どうなんでしょうね。

すべてスマホという世の中は、

便利な反面、危険である、

私は、そう思うのです。

 

今後、どんな機能がスマホでできるのか、

いずれにせよ、すごい世の中ですね。

 

『引っ越し難民』!?

去年もすごかったらしいですが、

今年はさらにそれを上回るのか!?

はい、人事異動等の内示がボチボチ、

進学や転勤などで、3月は引っ越し、

そういう人も多いわけですが、

引っ越し費用は、右肩上がりだそうです。

昨年の110~120%くらいになる、

それでも引っ越しできればいいのでしょうが、

今年は、〇オパレスさんの問題もあり、

引っ越ししなければいけない人が多いとか。

引っ越し業者さんを見つけるのが、非常に困難、

3月中の引っ越しはもうできないのでは、

そういうケースが、マジであるそうです。

できても、ものすごく高いとか、

う~ん、困った問題ですね。

 

どれだけ機械化や省力化が進んでも、

引っ越しは、いまだ人力人数勝負の世界、

その大多数が非正規アルバイト的な、

人数集めには、本当に頭が痛いそうで、

引っ越し業界もまた、大変なのです。

 

であれば早めの行動をとは思うのでしょうが、

内示が遅いケースは、どうしようもない。

今年の引っ越しは、とにかくどっちも大変、

そういうことらしいです。

 

 

『大屋根の存在感』。

土日、能代市字昇平岱にて、

完成内覧会を行っております。

平屋をアレンジした大屋根の存在感と、

ZEH仕様の超高性能住宅、

多くのお客様がご来場くださり、

本当に感謝です。

日曜までの開催です。

冬期間ですので、外構工事は着手していませんが、

すべて完成すると、非常にGOODです。

夜の雰囲気もまた、素晴らしい。

『平屋+α×ZEH完成内覧会』。

明日あさっての二日間、

能代市字昇平岱にて、

平屋アレンジ×ZEH完成内覧会です。

大屋根の家の存在感は圧巻ですし、

何より、ZEH(ゼロエネルギーハウス)、

性能面もピカイチです。

見どころは、満載の満載、

どうぞご来場ください。

sanwa190223.pdf

『ヒートショックの恐ろしさ』。

今から30年も前の家であれば、

いわゆる局所暖房に、断熱気密なし、

どうしても、厳冬期になると、

建物内の大きな温度差により、

悲しい事故が起こってしまいます。

ヒートショックと言われるものですね。

 

このヒートショックで亡くなる人は、

交通事故の3倍から4倍と言われますので、

マジで、気をつけなければいけないわけです。

 

居間から廊下、脱衣室経由でお風呂へ、

急激な温度差による血圧の上昇、

湯船につかり、一気に下降など、

これにより脳卒中や心筋梗塞など、

何もお年寄りだけに限らないのが、

このヒートショックの怖いところ、

飲酒後の入浴になれば、さらに最悪、

でも、こういう危険性のある家というのが、

日本では、まだまだ大多数なんですよね。

 

まだ春ではないです。

ヒートショックには、十分気をつけましょう。

なってからでは、遅い。

 

『新幹線で』。

新幹線に乗ったのはいつ以来でしょうか?

今ではwifiサービスもあり、

移動時間はそんなに苦になりませんね。

所々、電波が途切れるのはご愛嬌!?

トンネルは仕方ないにしても、結構ありました。

しかし、大曲までの反対向きは、

今でもどうも慣れません。

これ、何とかならないのでしょうか?

 

飛行機で酒盛りをする人はそんなにいませんが、

新幹線は、たまにいらっしゃいます。

帰りの新幹線が、そうでした。

ようこそ秋田へですが、

公共マナーを守って、楽しく。

まわりには、迷惑をかけない。

しかし関西系の人は、楽しそうですね。

酒がプラスとなれば、マジで最強です。

県民性が、全然違う。

エンドレスの笑い声に、マシンガントーク、

こっちもいろいろ楽しませてもらいました。

 

Y社様、本当にありがとうございました。

即採用、決定。

 

『小さなことですが』。

池江選手の今後の頑張りに対して、

私なんかができることは、

本当にわずかなんでしょうが、

この度、献血に行ってきました。

献血に対する知識は、そんなにないのですが、

私は、まったく抵抗感も、痛みもないです。

点滴注射より、わずか痛いかどうかってレベル。

私の血でよければ、どうぞどうぞ。

 

小さなことですが、コツコツと。

できることは、何だろう。

そう考え、行動すること、

まずは、そこからなんだろうと思います。

あ、骨髄ドナーって、どうやればできるのか、

聞くの忘れました。

秋田県は、まだそこまで大きな動きはないそうです。

 

助け合い、支え合い。

日本人の素晴らしさは、

そこであってほしい。