資料請求

スタッフブログ

2019 2月 26 の記事一覧

『間違ってはいないけれど』。

最近また特にマスコミさんの報道姿勢、

これがまたひどいとニュースになっています。

先日の沖縄県民投票も、そうでした。

圧倒的反対票が多く7割を超えた、

こう見ると、沖縄県民の7割が反対、

そう捉えてしまう人も出てくるレベルですが、

投票率は50パーセント超ですから、

県民全体数で考えれば、3割ちょっとという、

確かに間違ってはいないけれど、

う~ん、どう誘導したいのでしょうか的、

そういう風に思ってしまうのは、

私の性格が悪いからなのでしょうか。

 

沖縄の民意、反対が7割ではない。

もちろん、普天間問題は、

沖縄県民にとって、日本にとって、

解決しなければならない重要事項、

でも、だからと言って、

声高々に辺野古に賛成とは言えないからこそ、

やはり投票を見送る人も多くいました。

どちらかと言えば、反対派のための、

そんな結果になることは、

やる前からわかっていることです。

 

この県民投票には、法的拘束力はない、

でも、何かが変わるのでは、何かを変えたい、

反対派の増加と行動、

それに対し、埋め立てを進める政府。

 

沖縄の基地問題は、やはり簡単にはいかない。

沖縄外へ基地を排除をとする、沖縄県民。

辺野古が唯一の解決策であると考える政府。

両者の溝は、さらに深まるのか、

光と闇、恩恵と被害、

また沖縄に行きたくなりました。