資料請求

スタッフブログ

『夢のある話』。

『夢のある話』。

アメリカという国は、本当に時々ものすごい、

アトランタのモアハウス大学の卒業式で、

スピーチした超資産家、ロバート・スミスさんが、

「誰にでも、アメリカン・ドリームの機会はある」

「それを言葉と行動で示そう」

卒業生400人もの学生ローンを肩代わりする、

その額、およそ44億円だというから、

ビックリのドデンです。

スケール感が、ケタが違う!!

 

慈善活動が真に美とされる文化、

日本より格段に、この意識は強いです。

もちろん、私利私欲に走る人もいるでしょうが、

アメリカは超VIPほど、こうした慈善活動に熱心であり、

惜しげもなく、ポンと大金を投入する、

幸せのおすそわけでもないでしょうが、

何と夢のある話ですよね。

 

大学進学の結果、数千万の借金、

これに苦しむ若者が多いんだとか。

こうした社会問題を何とかしたい、

スミスさんのこの行動は、文句なしにすごい。

この中から、また第二第三のスミスさん、

文化はそうやって継承されていく。

 

日本だって、大学全入の時代突入、

ものすごく、お金かかります。

今の若者は、奨学金を返しながら、

でも事実返せないケースも多いとか。

日本でこういうドリームがあるとすれば、

今のところ、YES院長先生くらいでしょうか?

 

人の幸せを考えられる人って、

それを実行できる人って、

そういう人になりたいなと思いますが、

44億円って、無理!!