資料請求

スタッフブログ

2020 7月 の記事一覧

『最悪のシナリオ』!?

新型コロナウイルスの感染拡大、

いわゆる第2波の勢いがすごいです。

 

連日、これまでの最高記録を更新、

最悪のシナリオ通りになっている…。

そりゃそうです、手を打っていないほか、

何せ、全国各地へ Go To ですから。

 

当初、夜の街関連と騒がれましたが、

接待を伴うお店の代名詞でもある、

キャバクラなんかは、目の敵にされ、

でも事実、そこから徐々に感染は広がり、

普通の飲食店でも、街中でも感染するように。

一部限定のクラスターだけでなく、

誰でもどこでも、感染の可能性が高まっており、

そして今では、家中感染の方が多くなってきた、

街に出歩く若者だけでなくなったのです。

 

冷静に考えればですけれど、

経済回すための、各規制解除、

このタイミングと見極めが、マズかった。

現在、どっちつかず状態となっており、

経済は最悪、そして感染も止まらない、

誰がこうした!?はい、国です。

 

ダメなら作戦変更であれば、まだかわいいですが、

経済は止めない、そして感染はさせない、

そんな都合よくはいきませんよと、

他にやることはないのかと思えば、

利権でGo Toとか、マスク利権とか、

マジで政治の結果が、最悪です。

 

一刻も早い、再緊急事態宣言、

とにかく、今からでもですね、

人の流れと動きを止めること、

これでお盆帰省となれば、もう壊滅です。

そして、できるだけ休業やら自粛、

それに伴う補償や、給付金の再配布、

そして、消費税減税まで一気に、

最低限、まずはこれだと思う。

 

私が一番不安視しているのは、

実は感染後の後遺症の怖さ、

まだ大きく報道されてませんけれど、

かなりひどく、手の打ちようがないとか?

かかっても、治っても、大変。

 

このままのかじ取りでは、

良いところが、見出せない。

そう、最悪のシナリオしか…。

笑えなくなってきました…。

 

 

各業界、

 

 

 

『その想いに応えたい』。

多くのお客様より、新築建て替えなど、

様々なご依頼をいただくわけですが、

それぞれに、想いがつまっている。

 

我々として、その想いに応える、

シンプルに言えば、そういうことですが、

数多くの難題や、クリアすべき壁、

一つ一つ、可能性やリスクを考慮し、

お客様の夢の実現を、現実にする、

責任の重さが、そこにはあるのです。

 

また、壮大なプロジェクトの依頼です。

どうにか実現させてあげたいという案件です。

ここからが、スタートとなりますが、

必ずや、その想いに応えたい、

よーいドンで、すでに燃えております。

少しずつ、関係省庁との協議を進め、

最適な方向性を模索していきます。

 

 

『本当であれば』。

本当であれば、能代の花火だったり、

本当であれば、オリンピック開幕だったり、

本当であれば、甲子園決定であったり、

本当であれば、今月はすごく話題満載な、

そんな7月であったはずなのに、

はい、7月が終わろうとしています。

 

今年は、子どもから大人まで、

日常生活は一変しました。

この非日常的な生活がどこまで続くのか、

先が見えないってのは、

やはり辛いし、不安になります。

 

コロナ関連の倒産や閉鎖など、

そして完全に第2波だろう感染者数の増加、

今の日本で、明るい兆しって何!?

本当であれば、リーマンショック以上であれば、

消費税減税だと言っていたはずなのに、

マスクにはさらにお金かけて、肝心のは…。

 

本当であれば、未来を見据えて生きる、

それが当然であり、計画的なのでしょうが、

でも、今を優先に生きる、今を大事に生きる、

もしかしたら、その方が幸せなのかもしれない。

 

あ、私はずっと未来より今優先派です。

先のことは、あとで考えるタイプです。

明日のことなんて、マジわかりませんもん。

どっち派ですか!?

 

 

『一か月が一日で』。

線状降水帯というものの恐ろしさ、

約一か月分の雨が一日で、

1時間で100ミリともなれば、

もう、どうしようもないです。

我が秋田県も、県南の一部で、

甚大な被害が出ているようです。

 

こういう雨の降り方は、

やはり温暖化に原因が、

そういう説もありますが、

間違いなく、昔にはない現代の災害です。

 

しかし今年は、とんでもない年です。

どうして、こうなった!?

『ついにまた…』。

4月以来、我が秋田県は、

新型コロナウイルス感染はなく、

ある程度、安心な生活が送れていましたが、

しかし、時間の問題とされていた、

このままではいきませんよが、

ついにまた、やってきてしまいました…。

 

情報が錯綜し、詳細はまだ不明、

しかしネットは、どこからその情報的な、

あることないこと、すごい…。

 

現在、学校は夏休みとなっており、

大混乱には、ならないのかもしれませんが、

濃厚接触者次第ということです。

前回も、まさかの濃厚接触者は陰性、

そんなこと、あるんでしょうか?

 

秋田県内でも、不要不急の移動と外出、

またできなくなるのか!?

 

コロナは、なった人が悪いのではない。

なった人でなく、コロナが悪いのです。

過度に己を心配するあまり、

なった人を攻撃することは、

あっては、いけない。

でも、やはり他から持ってくる、

これは、みんなで避けなければ。

 

『家への考え方が変わる』!?

新型コロナウイルス流行以降、

外出等の時間が大幅に減る中、

家で過ごす時間が大幅に増えた、

そういう人が多いそうです。

 

テレワークなどもあり、

家への考え方が変わる、

特にマンションより戸建てへ、

都会ではそんな考え方が、

今後広がるか!?

 

私はこれまでも、家というものの価値、

新型コロナウイルスにかかわらず、

それは尊く、重要なものであると、

ずっと思ってきました。

 

結果どうであれ、お客様の意識の中に、

家で過ごす時間が増え、

であるからこそ、家へ求めるもの、

その意識が高まることは、

良いことではないかと思うのです。

 

海外に比べ、日本人は、

家に対する思いや、家に求めるもの、

これまでずっと足りないと言われてきました。

今こそ、確かな家を。

今こそ、豊かな暮らしができる家を。

そういう家づくりを、是非してほしいです。

 

庭付き一戸建ては、最強です。

マンションも良いですが、

災害や不測の事態には弱いのです。

誰のための家!?

何のための家!?

家こそ、すべて。

 

『土地の動き活発化』。

ここ最近になって、また土地の動き、

活発化してきています。

土地に関するお問い合わせをいただき、

その都度最新情報をお届けするよう、

我々も取り組んでおりますが、

タッチの差で、すでに決まっている、

あったけど、ない、ないけど、ある、

土地はそういうことが多々ございます。

 

もちろん、一生モノの決断となりますので、

結論を出す難しさは、痛いほどわかります。

それぞれのお客様に、最適な土地のご提案、

土地に関する情報は、表に出ていない、

そういう情報も、実はあります。

悩んでいたら、まずはご相談ください。

 

『減るわけがない』。

日本国内でのヒトの移動が始まりました。

Go To トラベルによるものですが、

ここ二日間、明らかに県外ナンバーが増加、

旅行名目の一時帰省なんだろうと思います。

 

もちろん、国が推奨する政策ですので、

誰にも止められない、そして批判できない。

経済はまわさなければならない。

それは重々承知ですが、

帰ってきたくても、帰れない、

感染拡大を広げないために、

そしてもらわないために、

泣いている人もいる中で、

我慢をしている人がいることは、

絶対に忘れてはならないと思う。

 

全国で少しずつ増え始めている、

絶対に減るわけがない。

これからは、地方も都会も関係ない。

マジでこの先どうなるんだろうかと、

不安ばかり言ってもしょうがないですが、

2週間後が、私は恐ろしいです。

『全然違うんです』。

この時期になると、我が家では、

各方面から野菜が届きますが、

実にその味、抜群に美味しい、

全然違うんです。

我が子どもたちはですね、

いわゆるスーパー購入のキュウリ、

普段はそんなに手を伸ばさない、

でもこのいただきものに関しては、

エンドレスでノンストップ、

子どもながらに、違いがわかる!?

 

採れたて新鮮さが、一番。

田舎の夏の野菜のうまいこと、

まさに、これが醍醐味とも言える。

おすそ分け文化、最強。

 

『強烈なメッセージ』!?

21日付の日経新聞のぶち抜き広告、

すごいのが載ってました。

(7/21日経新聞より 宝島社さん広告)

 

強烈なメッセージとともに、インパクト大。

上とは、誰のことなんでしょうか?

しかもこれ、制作が〇通さんですよ!?

よく政府と癒着が…、なんて言われますが、

よくもこの仕事、やったなぁと、

私なんかは、思うわけですが、

まあ、これは〇通さんじゃなく、

あくまでも、宝島社さんの広告です。

そこは、間違えないでおきましょう。

 

こういう発信系は、好きです。

もちろん、賛否両論あろうとも、

言いたいことも言えないこんな世の中じゃ~、

はい、頭の中で反町さんが流れたあなた、

年齢がおよそ特定されますので、ご注意を。