資料請求

スタッフブログ

2020 9月 の記事一覧

『地価下落止まらず』。

全国的に見ても、地価上昇はわずか一部、

基本は、どこも下落が止まりません。

(本日付 北羽新報さんより)

 

人口減少と過疎化は、

財産をもむしばんでいくのです。

需要と供給、ニーズがなければ、

過去の栄華なんてのは、昔のまた昔、

土地価格が、数十年前の半分なんて、

まだ良い方なのかもしれませんね。

 

能代では、ナンバー1人気の大瀬儘下、

ここのみが現状維持で踏みとどまりましたが、

それ以外は、どこも下落です。

 

土地は、売れる時に売らないと、

もはや持っていても、悲しい…、

こういう世の中になりました。

 

あ、地価と実売価格は異なります。

あくまでも、指標であり、

大瀬儘下は、この地価より高く売買されますし、

それ以外は、これより低く売買されます。

それでも売買できれば、上出来です。

『起工式』。

社会福祉法人のしろ汐風会様が、

能代市元町に開設する新特養、

「(仮称)やすらぎの里」、

起工式がこのほど現地にて行われました。

(27日付 北羽新報さんより)

 

敷地面積2千平方メートルに、

耐火構造の6階建て鉄骨造、

延べ床面積は約4千平方メートルです。

能代でも他に類を見ない規模です。

 

サンワ・半田JV(共同企業体)です。

令和4年3月の開所に向け、

今後着工準備に移ります。

 

その第一歩としての起工式、

誠におめでとうございます。

 

『東北電力さんから』。

大変お世話になっている東北電力さんから、

深夜機器割引の終了等について、

説明を受けました。

 

いわゆる平成初期から平成10年代にかけ、

世の中は深夜電力ブームが起こり、

夜間に電力需要をシフトさせる動き、

蓄熱暖房や電気温水器などは、その最たる例、

こういう家づくりが主流となりました。

 

しかし、これらの機器は、

電気代は深夜電力なので安いけど、

電力使用量はものすごく大きい、

省エネに対する考え方や、

震災などによる原発依存回避から、

平成20年代には、ヒートポンプ時代へと移ります。

深夜ではなく、日中も電気を使うけど、

省エネ機器で、電気代をお得に、

こういう家づくりになりました。

 

深夜機器割引の恩恵を受けていたお客様は、

この深夜機器割引の終了により、

使用機器の見直しが必要になってくる、

機器自体の寿命も、そろそろです。

 

東北電力さんでは、こうした対象者向けに、

「ヒートポンプ電化deエコキャンペーン」

最大16万円ものサポートにより、

機器変更のサポートをしてくれるそうです。

 

まとめます。

深夜機器割引が終わります。

そのままだと、電気代が上がりますし、

機器の寿命もそろそろですね。

蓄熱暖房や電気温水器をお使いのお客様、

エコキュートやエアコンへの切り替え、

東北電力さんから購入設置費用のサポートあり、

このキャンペーン、うまく活用しましょう。

 

詳細は、お問い合わせください。

しかしビックなキャンペーンです。

 

 

 

 

『5万割れの衝撃』。

我が能代市の人口がですね、

ついに5万人を割ったというニュースです。

(秋田さきがけさん 9/26付)

 

衝撃というか、驚愕というか…。

これ、マジでヤバイです。

すべてが、成り立たなくなる。

今では、能代市全体で、

子どもが年間にわずか200数名、

本当に、これしか生まれないんです。

 

三人っ子政策でもしなければ、

消滅待ったなしなんです。

 

どこの地方の田舎も、

人口流出と高齢化と過疎化が止まらない。

人がいなければ、行政サービスの低下、

そして住民にとっては、

暮らしにくさと不便さが増大する。

 

何をすべきか、

人を増やすしかないのです。

今の子どもたちが大人になった時、

能代市は存在しているのだろうか?

本当に、洒落にならないと思うのは、

私だけなのでしょうか?

『有名人だから特別』!?

ここ最近、有名人の事件が多いです。

某容疑者の大麻所持使用逮捕、

某容疑者の酒気帯び逮捕、

某人は、公然不倫疑惑ですって。

 

有名人だから、何しても良いわけではなく、

むしろ、有名人だからしっかりと、

昔と今では、違うのです。

昔はなんて、通用しない時代です。

 

有名人だから、いろいろ気苦労やストレス、

悩みや不安はあるでしょうが、

でも、人としての道を踏み外すことは、

あってはならないのです。

 

しかし共通して言えることは、

一時代、強烈な栄華を誇り、

人気も稼ぎも、超VIP級、

おそらく、俺はすごい俺がすべて、

すべてが思い通りになるみたいな、

有名人だから特別みたいに、

まわりも持ち上げたんでしょうね。

お金は人を惑わすなんて、

よく言われますが、

ダメなものはダメです。

勘違いしてはいけない。

 

 

 

 

 

『能代市上町新築アパートについて』。

今年3月20日より入居開始となった、

能代市上町新築アパート、

コンフォールⅠとコンフォールⅡ、

ついに、全室満室となりました。

 

今年は、どのアパートオーナーさんも、

満室にならず、空室が目立つという、

非常に強い逆風の賃貸市場の中、

弊社アパートにご入居くださったお客様、

心より感謝を申し上げます。

「すごく快適で、ここにしてよかった」

たくさんのお喜びの声もいただいております。

 

弊社の家づくりのノウハウを詰め込んだ、

今回の新築アパートです。

快適空間は当然です。

一般的なアパート仕様ではないのです。

 

アパート建築もどうぞお問い合わせください。

満室を実現するのは、ノウハウや経験、

そして、センスです。

(能代市上町新築アパート コンフォールⅠ・Ⅱ)

 

『中国料理 耀熙 らき』さんランチメニュー。

華々しい移転デビューを飾った、

「中国料理 耀熙 らき」さんです。

皆さん、相当気になるようで、

はい、了解ということで、

ランチメニューをゲットしました。

(中国料理 耀熙 らき さん ランチメニュー)

 

これからさらに進化していくと思いますが、

本格中国料理をどうぞご堪能あれ。

 

夜のコースも、実に見事でした!!

事前予約をしてから行きましょうね。

(中国料理 耀熙 らき さん 夜景)

 

『秋特有の』。

冷房がほぼいらないこの時期、

一年の中でも、私は好きな時期ですし、

秋特有の匂いって、なんか独特。

なんか、良い。

 

朝晩は少しずつ冷えはじめますが、

農家の皆さんは、本格稲刈りスタート、

一年で最も忙しく、殺気立つ時期、

今年の獲れ高は、どのくらいか。

心から、豊作であってほしいです。

 

『中国料理 耀熙 らき』様オープン。

能代ポータルさんでも取り上げてくれておりますし、

秋田食べ日記さんもチェックしてくれています、

はい、能代市柳町の你好さん改め、

「中国料理 耀熙 らき」さん、

いよいよ明日23日オープンです。

(23日付 北羽新報さん全面広告より)

 

この能代の外食飲食界に、

また楽しみなお店が登場です。

開店前から、大評判となっておりますので、

オープン即超人気店となるでしょう。

本格的な中国料理をどうぞご堪能ください。

 

女性同士でも、ご家族連れでもOKな、

そういう配慮もしております。

オーナー様とともに作り上げた、

上質な快適空間と雰囲気、

どうぞ心からお楽しみください。

明日23日は、激混みでしょう(笑)

 

「中国料理 耀熙 らき」

〒016-0855

能代市字西大瀬35-1

TEL  0185-55-3433

駐車場完備

LUNCH    11:00-14:30  (L.O14:00)

DINNER  17:30-21:30  (L.O20:45)

『大切に住んでくれるから』。

家というのは、正直です。

本当に、大切に住むか、

あまり、気にしないで住むか、

これで、大きな差が出ます。

 

大切に住んでくれているお客様の家は、

本当にきれいです。

築数年以上経過していても、新築のようです。

 

家と直接話をするわけではないですが、

大切に住んでくれるからでしょう、

家も、それに応えるんだなと私は思います。

 

家を長持ちさせるコツというのは、

24時間換気以外にも、しっかりと窓を開けて通風、

夏以外の日射遮蔽いらない時は、日光を取り入れる、

毎日とは言いませんが、やはりこまめな掃除です。

 

家は、暮らしていると、いろいろなトラブルやキズ、

そしてメンテナンスが必要になります。

新築時を100とすると、経年劣化により、

毎年、下がっていくのですが、

そのスピードは、遅いほどベターです。

 

家を大切に、そして家に感謝を。

家は、必ずやそれに応えます。

家は、結果の裏返し、住む人を映す鏡なのです。