資料請求

スタッフブログ

『価値ある黒星降板』。

『価値ある黒星降板』。

昨日密かに楽しみにしていた、

日本ハム吉田投手の1軍登板です。

プレーボールから、応援開始。

 

序盤はヒヤヒヤする内容。

ランナーを背負いながらも、

うまくかわしていた印象ですが、

絶対王者ソフトバンクは、やはり強い。

甘い球は、簡単にはじき返す、

プロのすごさを、改めて感じましたが、

いわゆる粘りの投球はできたのかなと。

 

5回の内容は、不運とも言える、

味方のミスと、あれ当たったの的ジャッジ、

しかし、あの場面で最後ストレート選択、

サインに首を振っての負けん気、

私は、そこを評価したい。

まだ、かわす系は早い。

若者らしく、勢いと気持ち、

これが見られたのは、実に頼もしい。

最後の失点も、かわいそうでした。

チームの勢いの差が…。

 

しかし真のエースは、ピンチこそゼロ失点。

そのためには、まだ何かが足りないだろうけれど、

6回も続投させた首脳陣の期待は、

やはり高いものがある。

このくらいできるのであれば、

1軍帯同でローテーションさせたい、

次の登板も楽しみに見たくなる、

そんな6回4失点でした。

我が読売ジャイアンツを我慢してまで、

見たかいがあった!!

頑張れ、日ハムの18番!!