資料請求

スタッフブログ

『勝負の3週間』?

『勝負の3週間』?

我が秋田県でも、いよいよ、

夜の街関連でのクラスター、

毎日感染者が増えていってますが、

全国的に見れば、まだ少ないので、

正直、危機感が薄いのです…。

イベントやヒトの流れは、止まらない。

 

全国的に見れば、明らかに第3波、

Go To 関連の一部地域除外など、

まぁ、やるべき対策の、最低限の半分以下、

しかも判断は国ではなく、地方が決めて、

これで感染拡大が抑えられるのか、

誰が見たって、無理でしょうに…、

それでいて、言うことはたいそう立派に、

勝負の3週間って言われても…。

 

第1波の時はどうであったのか?

とにかく、初動対応が肝心だ、

緊急事態宣言で、国民も我慢して、

その代わり、一人当たり10万補償、

これが良かったのかどうかは、別として、

国全体が、やっぱ協力しなきゃね的な、

一体感は、あったと思います。

少なくとも、今よりは確実に。

 

今はどうなんでしょう?

やらないと自分たちがつぶれる、

自粛要請や時短要請を突っぱねる、

そういうお店もですね、

マジであるそうですよ。

 

世界的に見れば、

クリスマスには、自粛解除する、

だからとにかく、今はロックダウン、

そこまで、なんとか踏ん張ってくれ、

こういうはっきりとしたわかりやすさ、

日本はどうしてやらないのか?

 

いまだに、いや今もなお、

感染拡大防止でも経済も止められない、

どっちつかず策のままでは、

日本は、この危機を乗り切れるのでしょうか?

というか、危機感あるの!?