資料請求

スタッフブログ

2020 12月 の記事一覧

『年末年始休暇のお知らせ』。

弊社では31日より、新年5日まで、

年末年始休暇とさせていただきます。

31日と1日は完全休業、

2日より5日は交代勤務で対応いたします。

 

緊急の場合は、弊社もしくは各担当まで、

対応できる内容には、限りがありますが、

ご不便をおかけすることもありますが、

どうぞよろしくお願いいたします。

 

新型コロナウイルスに振り回された、

本当に、そういう一年でしたが、

皆様、どうぞ良いお年を。

来年は、素晴らしい年になることを、

もちろん、初詣にも行かずですが、

切に、お祈りいたします。

年末年始は、静かに過ごしましょうね。

(秋田県HPより 新型コロナ御触書)

『今年ほど』。

なんとなく、一年を振り返ると、

キーワードとして、「今年ほど」、

これに尽きるのでは、ないかと。

 

今年ほど、出かけなかった。

これは公私ともにです。

出張や視察はほぼキャンセル、

柳町も、激減。

買い物は、ネット多用。

ここ数年で、一番出費が…。

 

今年ほど、様々なプロジェクト、

一般住宅以外の案件も多く、

アパートに始まり、店舗系、介護系、

いろいろありましたっけ。

 

今年ほど、勉強した年もない。

行けないのなら、見れないのなら、

それでも今は良い時代です。

やる気になれば、なんでもできる。

 

今年ほど、カップラーメン食べた年、

過去最高更新じゃないでしょうか?

混雑している状態は、泣く泣く避けて、

あ、でも人よりは行ってるか?

 

来年は、どうなるんでしょう!?

「来年ほど」、になりそうです。

私個人としても、会社としても、

攻めの姿勢を今一度、貫こうと。

やりたいことがいっぱいです。

ワクワクしております。

 

この年末年始も、頭の中は、

仕事関係が、グルグルと。

本当に、好きなんだなと、

自分でも、ビックリしますが、

趣味仕事、仕事が生きがいで、

はい、何か問題ありますか?

能代で新たなブームを起こします。

どうぞ、ご期待あれ。

 

『また能代で』。

「能代は大変ですね」

最近、そう言われることが多くなりました。

はい、今日もまた能代保健所管内で、

一気に職場クラスターの発生、

能代山本は、ピリピリムードです。

 

弊社でも、最大限の感染予防、

できうることは、やってます。

ピロリローンなる機械も導入、

毎日体温測定してますが、

私は毎回、36度5分です。

はい、異常なし。

 

うがい手洗いアルコール消毒、

ビールから焼酎へのアルコール消毒、

できることを、コツコツと。

外出も、できるだけしない。

これしか、ない。

『完成に向けた第一歩』。

能代市元町でついに始まった、新特養、

「(仮称)やすらぎの里」様新築工事、

いよいよ本格的に、動き出しました。

これは、先週の初めでしたので、

現在は、もっと進んでいるはず。

能代では、他に類を見ないほどのスケール、

耐火構造の6階建て鉄骨造、

延べ床面積は約4千平方メートルです。

 

サンワ・半田JV(共同企業体)です。

令和4年3月の開所に向け、

安全第一で、進めてまいります。

 

 

 

『わかりやすい構図』。

能代山本は、もう毎日、

新型コロナウイルス感染、

珍しくなくなりましたが、

いずれにせよ、県発表はわかりにくい、

「〇例目の濃厚接触者で…」、

それは事実、そうなんだろうけれど、

もっとわかりやすくできないのか、

いや、わかりやすくするとマズいのか、

ということで、秋田さきがけさんが、

最高にわかりやすい構図で、まとめてた、

さすが郷土を代表する、見事な仕事ぶり、

はい、こちら。

(秋田さきがけさんより 抜粋)

 

22日以降、爆発的に広がった、

能代保健所管内の新型コロナ感染、

家族内、そして職場内で広がった、

簡単に言えば、これがクラスター、

めっちゃ、わかりやすい。

こういうので、説明してくれると、

本当に助かるんですけど。

 

それから、再度言いますが、

感染した人が悪いのではなく、

新型コロナが、悪いのだ。

過剰な批判や中傷は、ダメ。

いろんな噂や、デマがすごい。

不正確な情報に、だまされるな!

 

それにしても、この新型コロナ、

一度は陰性でも、その後陽性、

これが本当に、厄介なんです。

広がる原因は、抑えきれないのは、

そこではないか?

『今一度確認を』。

マイホームでお過ごしの皆様、

今一度、外部水栓の凍り止め、

しっかりとされているかどうか、

確認をしましょう。

 

年末は、また寒波が来るそうです。

このタイミングで、ご実家へ帰省など、

家を留守にする場合、

暖房は消さないでいくでしょうが、

水は、動かなければ凍ります。

不安の場合は、建物内も凍り止め、

これも念のため、行ってください。

 

それから、浴室の浴槽内、

お湯循環口上部まで水を張りましょう。

こうすることで、給湯器から循環口、

凍結防止の循環運転機能が働きます。

凍りそうな時に、水が自動で流れます。

 

この対策なんですが、

いらないご家庭と、いるご家庭があります。

ポイントは建物まわりの風の影響です。

我が家は一回もやらなくても、

まったく凍ることはありませんが、

能代市内は、凍る地区もあります。

こればかりは、時と運。

不安な場合は、やったほうが安心。

詳しくは、お問い合わせください。

『118回の悲しみと怒り』。

日本の前首相として過ごしていた期間、

本当に様々な疑惑や事件がありましたが、

その後、なかったことのようになっていましたが、

「桜を見る会」の件は、そうはいかなかった、

一気に事態が動き出しまして、

あれよあれよと、やっぱりそうじゃんと、

国会答弁が事実と違ったと認めましたが、

我関せず、秘書のみ責任を問われるカタチ、

118回も、言い続けたあれは、何だったのか、

国民の多くが、悲しみと怒りを覚えているとか。

 

しかし、こんなザル法でいいのか!?

トカゲのなんちょら、

当の本人は知らなかったであれば、

最終的に責任はありませんなんて、

そんなことが通るのか?

 

一般社会であれば、

一般企業であれば、

部下の不始末は、上司が責任取る、

当たり前ですし、それは逃げられない。

 

そもそも、数百万ものポケットマネー、

一般の感覚で言えば、

あることも、すごいのですが、

でもそれを、部下が勝手に使っていいわけない、

必ず、相談や報告するでしょうに。

もしくは、あとで何でこんなに減ってんだ、

どうやったって、わかるでしょうに…。

 

政治をめぐるゴタゴタは、

これは世の常なんですが、

まぁ、今それなのかよと、

でも、さらっと流して終わりはダメ、

この問題はですね、

1年後、森〇問題も含め、

徹底的に、やってもらう必要がある。

 

やはり、ウソはいけませんよ。

政治とは、誠実でなければならない、

自粛期間中の会食問題と合わせ、

我が自由民主党には、大いに反省、

そして信頼回復につとめてもらいたい、

強く、そう思います。

大いに反省したら、真に国民のために、

今以上に、頑張ってほしいです。

『主役を奪われた感』。

昨日の新型コロナのニュースは、

久しぶりに、能代山本に大激震、

やはり最大限の注意は必要ですが、

県発表の会見は、どうも隠してる感、

県民として、知りたい情報が、

答えられない的公表しません、

う~ん、気持ちはわかるが、

これって、どうなんでしょう。

 

そんな中で、三種町HPの即時告知は、

私は非常に評価したいと思ったら、

今日になって、消されていた…、

これが何を意味するのか…、

と、今日の話題はこれではなく、

我が能代工業バスケのウインターカップ、

最後の節目の大会、初戦逆転負け…、

新型コロナにかき消された感じですが、

これもまた、大変ショッキングなニュースでした。

 

もはや高校バスケの主役を奪われた感、

盛者必衰とは、この如しというか、

輝かしい伝統と歴史が、消えてゆく…、

勝てない、どうしても勝てないのか!?

どうして、こうなってしまったのか。

という今だからこそ、

能代工業バスケの復活を、

強く祈り、応援したい!!

あ、バスケ関係者じゃないですけど。

『リアル半沢頭取誕生』。

日本でダントツトップ人気であったドラマ、

「半沢直樹」でしたが、

このほど、現実社会でですね、

それが実際に行われるという、

来年4月より、三菱UFJ銀行頭取に、

半沢淳一取締役常務執行役員が就任、

副頭取はじめ専務など13人ごぼう抜き、

まさにメークドリームの、ドラマのような展開、

真面目な話、この御方が、

「半沢直樹」のモデルである、

そう言われています。

 

ご本人様は否定しているそうですが、

あながち、いや、そうなんじゃない?

いずれにせよ、社会に与えたインパクトは、

それはもう、絶大なる効果がある。

 

金融業界は今、業界再編や、

金融モデルの大改革など、

課題が山積と言われます。

いや、どの業界でもそうですが。

 

ビジネスモデルの変容は、待ったなし。

これまで通りのままでは、生き残れない。

そのために、必要なのは何か?

若返りというのは、一番の近道であり、

それしかないのかも、しれない。

 

ただ、それをやり切るというのが、

旧体制を、際立たせる。

もちろん、選ばれる人もすごいですが、

選ぶ人もまた、恐ろしいほどすごいのです。

 

半沢新頭取の今後と、

三菱UFJ銀行の事業構造の転換、

大いに注目したいですね。

 

 

『2021年の色』。

私も毎年注目している、

パントン社のカラーオブザイヤー、

これが世の中すべての業界の、

ある意味ブームの着火剤となりますが、

このほど、2021年の色として、

2色が発表されました。

 

アルティメットグレーとイルミネイティングです。

(パントン社より アルティメットグレー)

(パントン社より イルミネイティング)

 

パントン社の言葉を借りれば、

永続的なUltimate Grayと

明るいイエローのIlluminatingの組み合わせは、

不屈の精神に支えられたポジティブなメッセージを表現、

実用的でしっかりしていると同時に、

暖かみがあり楽観的なこのカラー・コンビネーションは、

私たちに回復力と希望を与えてくれます。

私たちは、励まされ、元気づけられる必要があり、

これは人間の精神に不可欠なものです。

 パントン・カラー・インスティチュート

エグゼクティヴ・ディレクター、レアトリス・アイズマン

 

私が特に注目したいのは、

アルティメットグレーです。

いわゆる、グレー系は、

今、住宅業界でも人気ダントツ、

家の中に必ずや入れたい色彩ですし、

特に、グレーの濃淡で表現する空間、

これはマジでカッコ良いです。

 

正直なところ、ここ数年のカラーオブザイヤー、

昨年のクラシックブルーや、

おととしのリビングコーラル、

これはどうなんだろうかと、

少し疑問に感じていました。

家には不向きな色であったので。

 

しかし、今回のこの2色は、

なんとなく、今の世の中を表し、

その中で、しっかり希望を見いだせる、

見事なまでのコントラストです。

 

イルミネイティングを、どう効果的に使うか。

このポップさの合わせが難しいですね。

流行に左右されない美しさもありますが、

もちろん、今トレンドのブームも取り入れたい、

空間の中で、色彩は重要なポイントです。

この2色、頭に入れておきたいですね。