資料請求

スタッフブログ

スタッフブログ の記事一覧

『それぞれの想いをカタチに』。

本格的な冬が始まりますが、

今年も個人的にはですね、

冬こそ忙しいわけでして、

昨年も、思い出したくないくらい、

それは大変であったのですが、

今年も、それに匹敵するくらい、

続々と重要プロジェクトがスタート、

それぞれのお客様のですね、

それぞれの想いをカタチに、

身が引き締まる思いです。

 

「よく毎回それをこなすよね」

業者さんにも、お客様にも、

私の同時進行案件の多さに、

いつもビックリされますが、

はい、意外と器用なのか、

いや、プロですから当然です。

 

さあ、これに加えてですね、

いよいよ本格始動させます。

このタイミングでか!?

うん、このタイミングでやる。

次なるブームを、生み出すプロジェクト。

また忙しい…(笑)

『新型コロナにお茶が効く』!?

このほど、奈良県立医大がビックリ発表、

新型コロナに、お茶が効く!?

マジっすか!?

 

新型コロナウイルスが、

市販のお茶によって無害化する効果、

これを発見したというから、

もう、お茶の生産地やお茶農家さん、

大フィーバー状態ではないでしょうか?

 

効果が一番高いのが、紅茶だとか。

茶葉から淹れるのもポイントらしい。

 

さて、気になるのがですね、

市販のお茶によって無害化する効果…、

市販のお茶、これってどこの何よ、です。

商品によって、効果に差があるらしく、

メーカーの許可を得て商品の公表を検討、

おっと、一気に天国と地獄!?

 

これが公表されれば、

国内市場は、もう大変でしょうね。

世の中から、この商品は瞬殺で買い占められる、

相当、売れるでしょうね。

 

ということで、茶葉から淹れるお茶、

久しぶりに飲んでみたら、

勢いありすぎて、気管に入って、

思いっきり、むせたんですけど。

 

カテキンって、昔から良いって言いますね。

みなさん、お茶を飲むようにしましょう。

私は、知覧茶が好きですね。

 

 

『勝負の3週間』?

我が秋田県でも、いよいよ、

夜の街関連でのクラスター、

毎日感染者が増えていってますが、

全国的に見れば、まだ少ないので、

正直、危機感が薄いのです…。

イベントやヒトの流れは、止まらない。

 

全国的に見れば、明らかに第3波、

Go To 関連の一部地域除外など、

まぁ、やるべき対策の、最低限の半分以下、

しかも判断は国ではなく、地方が決めて、

これで感染拡大が抑えられるのか、

誰が見たって、無理でしょうに…、

それでいて、言うことはたいそう立派に、

勝負の3週間って言われても…。

 

第1波の時はどうであったのか?

とにかく、初動対応が肝心だ、

緊急事態宣言で、国民も我慢して、

その代わり、一人当たり10万補償、

これが良かったのかどうかは、別として、

国全体が、やっぱ協力しなきゃね的な、

一体感は、あったと思います。

少なくとも、今よりは確実に。

 

今はどうなんでしょう?

やらないと自分たちがつぶれる、

自粛要請や時短要請を突っぱねる、

そういうお店もですね、

マジであるそうですよ。

 

世界的に見れば、

クリスマスには、自粛解除する、

だからとにかく、今はロックダウン、

そこまで、なんとか踏ん張ってくれ、

こういうはっきりとしたわかりやすさ、

日本はどうしてやらないのか?

 

いまだに、いや今もなお、

感染拡大防止でも経済も止められない、

どっちつかず策のままでは、

日本は、この危機を乗り切れるのでしょうか?

というか、危機感あるの!?

 

 

『興味がなかったくせに』。

今日本でダントツ人気の、

鬼〇の刃なんですが、

まったく興味がなかったくせに、

いよいよ私も、完全にはまった。

 

テレビやってた頃は、

「ふ~ん」程度であったのに、

今では、お店に単行本ないじゃん!!

だから、あれば即の大人買いの、

子どもへのプレゼントというより、

完全に、私が読みたい症候群です。

 

映画も見に行きたいのですが、

さすがに今の秋田の状況は…。

仕方がないから、映画の代わりに、

車で音楽流すで我慢我慢、

それでも私は、あのLiSA姫様の、

代表曲は今でもですね、

「Catch the Moment」

だと思っている。

 

DyDo×鬼〇の刃も飲んでるし、

ええ、何か問題ありますか?

 

 

 

『それでも応援するのです』。

今年こそはと、意気込んだわけですが、

今年もまた、完膚なきまでの完敗の惨敗、

う~ん、手も足も出なかった…。

 

正直なところ、初戦は最後まで見ましたが、

第2戦以降は、途中でチャンネル変えました。

ここまでレべチなのは、見ていて苦しいほど、

スピード、パワー、そして気迫、

人気のセ、実力のパとは言われますが、

あまりにも、差がありすぎました。

 

間違いなく、今の日本プロ野球界では、

ソフトバンクが頭3つほど抜けてます。

強すぎる、マジでここ数年は敵なしです。

 

しかし、これで終わりではない。

上には上があることは、わかった。

じゃあいつか、そこに追いつくのみ。

 

いろんな見方や、たられば論もあれども、

結果として、まったく歯が立たなかったけれども、

それでも、応援するのです。

ええ、我が読売ジャイアンツをですね、

好きな気持ちは、止められないのです。

 

巻き返しは、ここからだ。

やられたら、やり返す。

倍返しは、ちょっと難しいので、

まずは、心を燃やせから!!

『校章デザインも決まる』。

いわゆる能代工業の名前を残そう問題、

今ではもはや一昔前の話でして、

着々と、統合高校準備が進んでおります。

このほど、新校章デザインも決まったそうです。

(25日付 北羽新報さんより)

 

なんとなく、大リーグっぽい。

能代科学技術高の略で、NST、

能代工業は本当に消えてしまう寂しさ、

あ、卒業生ではないですが。

『このタイミングですか』!?

そう言えばそんなことがありましたっけ、

桜を見る会の前夜祭をめぐり、

800万もの費用を負担したとか、

これが収支報告に記載されていないとか、

さあ、例の疑惑の問題がですね、

このタイミングですか!?

今さら感満載なんですが、

まあ、スルーされるよりは良し、

いよいよ、真相は明らかになる!?

 

モリカケやら、他にもいっぱいですが、

しかし、これぞやはり、まさに忖度!?

時の人でなくなれば、こうなんですかね!?

これで、不起訴で終了なんてなったら、

まったくもって、意味なしですが。

 

『家事楽の機能』!?

世の奥様方を悩ませる、毎日の家事。

炊事・洗濯・掃除なるモノが、

いわゆる日常家事のトップ3。

できるだけ、この家事負担を減らす、

はい、これが家事楽ですが、

この中で、特に最近注目されているのが、

洗濯での、家事楽です。

 

乾燥機能付きの洗濯機がですね、

どんどんシェアを伸ばしているようです。

その理由は何か?

ズバリ、干す・たたむがいらないから、

なんだそうですよ。

確かに、干す・たたむがない洗濯、

それは、大幅な作業減ですからね。

 

この乾燥機能付きってのは、

すごく便利なんだそうで、

都会では、必須なようです。

都会っ子は、そんなに家事が嫌なのか!?

いえ、それは家の広さの問題もあり、

干すスペースがないからなんですよね。

 

一昔前は、壊れやすいとか、

お手入れがすごく面倒だとか、

電気代がかかりすぎるとか、

散々言われていた時代があります。

私もその噂に負けた一人でして、

正直、よくわかりませんが、

そんなに良いのなら、試してみたい!?

 

洗濯機のお試しって、ないですよね。

我が家は昨年二代目に買い替えたばかり、

まだ、当分先の話になるのか!?

すみません、乾燥機能付き洗濯機、

私には、目玉のおやじにしか見えない…。

 

掃除機のルンバ、

乾燥機能付き洗濯機、

炊事って、家事楽あるんですかね!?

そ、総菜!?

 

 

 

『スキームの変化』。

新型コロナウイルスの感染拡大は、

我々の生活を一変させただけでなく、

世の中のスキームすら、変えたのです。

 

特に、ビジネスの世界では顕著と言われます。

新型コロナによる影響はすさまじく、

非対面営業や、直接販売購入からネット販売購入、

あ、テレワークなんてのも、そうですよね。

 

いわゆる、黙っていてもお客様が来る、

ある意味、待ち営業スタイルであったのが、

ヒトの動きが制限され、突如来なくなる、

デパートなんてのは、まさにそうです。

 

会社経営の基本的考え方も、大きく変わりました。

これまでの経験や見通しが、立たなくなったのです。

いつ業績が戻る?いつお客様が戻る?

いまだに、誰も答えを見いだせないのです。

しかし、そんな中でも、出ていくお金は止まらない。

会社規模が大きければ大きいほど、

我慢勝負の桁が違うのです。

 

会社所有財産の売却、

店舗数の削減や人員整理、

業務の見直しや、売れ筋路線への特化、

余裕がとにかく、なくなっている中で、

どうやって、企業を存続させ生き残るのか?

 

観光飲食業は、本当に苦しいです。

新規参入がしやすい業種と言われますが、

経済は連鎖的要素で成り立ちます。

決して対岸のなんちょらでは、ない。

あの業界あの業種は大変だねと、

自分たちは今、まだ大丈夫なんて、

そんなことは、ないのです。

 

人が動かなければ、モノが売れない。

モノが売れなければ、作れない。

作れなければ、お金が入らない。

お金が入らなければ…、

最後は、みんなに降りかかるのです。

経済学で言う、負の連鎖ですね。

 

この新型コロナで変わってしまった世の中、

じゃあどうするのかということなんですが、

ニワトリが先か、卵が先か論でもないですが、

今を取るか、未来を取るかみたいな、

とんでもない選択を迫られている、

ビジネス界的にはですね、

スキームの変化に、どう対応するべきか、

大多数は、未来なんて余裕はなく、

今を取るということなんでしょうが、

実はその選択が、世の中的には最悪、

どうもそう思えて、ならないのです。

 

今さらなんですが、

恐るべし、新型コロナ…。

ヒトも街も、世の中も壊れる可能性、

マジで、あるということなんです。

 

『忘新年会問題』。

「静かなマスク会食を」

日本のトップが国民へ求めたって、

この国は本当に大丈夫なんでしょうか?

そんな状況なら、普通はダメだろう、

私なんかはそう思うのですが、

今、忘新年会問題があるそうです。

 

新型コロナウイルス感染の危険性から、

今年は忘年会や新年会なんてのは、

え、いつも通りやりますという会社や個人、

いや、ダメだろう中止という会社や個人、

判断が分かれているそうです。

 

忘新年会は、宿泊を伴って、

そういうケースもあるでしょう。

居住都道府県外へという動きだって、

普通にあるのが、忘新年会。

 

飲食宿泊業界は、戦々恐々らしく、

やってもらわないと、死活問題、

経済的には、やらないと大変ですが、

コロナ的には、やったらさらに大変です。

 

さぁ、みなさんのまわりではどうでしょう?

弊社では、忘年会はですね、

それは早い段階で、中止宣言がありました。

世の中的には、やはりそうだろうと。

 

今後は、個人での外出を伴う飲食も、

緊急事態宣言時のようにまた自粛となるのか、

いや、能代でそこまではと思うところもある。

 

Go To 宣言以降は、多少出てますが、

今年ほど、柳町に行かない年もない。

行くお店は、いつも以上に限定。

もちろん、県外出張だってすべてキャンセル、

県内移動も、動向を見ての状況判断、

しかし、ひどい一年です。

 

今年、小6中3高3大3・4は、

確実に人生が大きく変えられる、変えられた、

あまりにも、不憫でかわいそうです。

泣くに泣けない、いや地獄です。

 

ウィズコロナとか、アフターコロナとか、

世の中はいまだに共存をという雰囲気、

私は、そんな甘い話じゃないと思う。

来年まで、感染拡大は続くんだろうなと、

ワクチンや治療薬が完成しないのならば、

少なくとも、オリンピックどころではない。