資料請求

スタッフブログ

スタッフブログ の記事一覧

『新時代のはじまり』。

卓球全日本選手権が終わりましたが、

日本中の卓球ファンでなくても、

今回の結果には、新時代のはじまりを、

世代交代の波を感じずにはいられませんでした。

男子はこれまで、完全王者である水谷選手、

国内ではまず、ダントツの第一人者、

彼に憧れ、そして彼を目指した張本選手、

両者の対決となった決勝ですが、

わずか14歳で、日本の頂点になった張本選手、

そして女子では、伊藤選手の3冠、

こちらもまだ17歳ですが、圧巻のプレー、

両者に共通するのは、フォアのスマッシュを、

バックスイングなしのスマッシュで返すという、

いわゆるパンチ系のカウンターと言われる技術、

これが特にすごいテクニックだと言われていますが、

バックやカットだって、すごいですし、

時々見せたチキータがまた、私は好きでしたね。

そして、一気にゲームを持っていく流れ、

どんだけ強いんだと、思いました。

確実に、リオよりさらに強くなっている。

世界最強の中国に立ち向かうには、

今大会のプレーが必要不可欠とも思えますが、

それでも、今大会みたいな神がかりプレー、

これができれば、大きな期待を抱かずにはいられない、

そりゃ福原愛ちゃんだって、ビックリします。

エッジボールで手を挙げて謝るという、

非常にマナーのしっかりしたスポーツである卓球、

ベテラン勢だって、まだまだでしょうから、

う~ん、日本が実に良い状態であることだけは間違いない。

『20億の衝撃』。

おとなりの青森市が揺れています。

市内在住の方から、ポンと20億の寄付、

寄付金をこう使ってほしいとか、

個人特定はされないよう秘密を守るとか、

まあ、一定の要望はあったようですが、

すごすぎます。

こんな景気の良い話、能代にはないですね。

お金で行政を動かすことができるとか、

一部市議から心無い質疑も出ていますけれど、

もらっておいて、それにケチつけるってのは、

私はどうも、好きになれない。

別によくないですか?

日本には、寄付という文化は昔から育ちません。

このへんは、アメリカと大きく違うところですね。

『道の駅ふたつい18』。

完成まで着々と進む道の駅ふたついです。

あ、本日はドローンではないです、私のスマホ。

夕暮れ時の投光器に照らされた姿も、実に綺麗です。

さあ、ついに内部の様子を見に入りました。

この円形トラスは、圧巻です。

スマホでは、全景が収まりません。

外から見ると、こんな風にさらに迫力あります。

デザインと構造との融合が、また見事です。

埋もれ木も、うまく埋まっていました。

久しぶりに見ました。

建物の中で、私一番好きのはここです。

これ、噂には聞いていましたが、実物初めて見ました。

この建物には、様々な技法やテクニック、

そしてセンスと経験が網羅されていますけれど、

何より、公共施設でここまで美しいのには、

感動すら覚えます。

建築美とは、まさにこれですね。

 

 

『どんどんいなくなる…』。

いわゆる公人という類の人たちは、

そのすべての言動や行動が、そして結果が、

時に人生を大きく左右させることがある。

相撲界の激震は、第二波の様相で、

四人いた横綱が、一人辞め、

一人場所からいなくなり、そしてまた一人。

音楽界でも、大激震が起こりました。

まさに昭和の終わりから平成の一時期、

この人の音楽なしには、語れないわけですが、

例の週刊誌報道一発で、即引退。

時々、公人という類の人たちが、

かわいそうと言ったら語弊があるかもしれませんが、

一寸先は的状況が、気の毒に思うこともある。

まあ、これは私人だって同じです。

やり直しが認められる世の中ではなく、

確実に、昔より門戸は狭く温情はない、

厳しい風潮であることには、違いない。

正しい生き方が、問われている。

ええ、正しく生きたいものです。

『能代高校』。

昨日の能代市内の街並みが、

思いのほか、好評でしたのと、

「母校の能代高校は!?」

そうきましたか、もちろん、あります。

はい、こちら。

能代高校は、本当に敷地が広いですね。

サッカー練習グランドに、硬式軟式野球グランド、

そして陸上練習グランドに、第一第二体育館、

これには、あえて映していませんが、

テニスグランドや正面入り口から駐輪場などを合わせると、

実際の広さは、かなりです。

北高跡地なんて、比較になりません。

はい、能代高校卒業生の皆さん、

能代高校は、今でも能代高校です!!

寄付金にも、どうぞご協力を(笑)

『こんな冬もない』。

冬ですが、冬になりません。

降雪積雪がこんなにない冬もない。

弊社敷地より、能代の街並みをドローンで撮ってみましたが、

これで1月17日とは、思えません。

白神山地だって、真っ白じゃないって、

う~ん、異常気象!?

というより、市内を流れる米代川って、

空から見るとダイナミックなのにビックリでした。

『考えさせる力』。

ムーミンはフィンランド!?

はい、全然知りませんでしたが、

しかしセンター試験の問題ってのは、

時々、おもしろいことをしてくるもんですね。

正解を知っていなくても、間違いを探す、

いわゆる消去法で正解にたどりつく、

はい、考えさせる力というのが試される、

受験生の皆さん、まずはお疲れ様。

でも、これからが本番です。

私の頃の受験とは、もはやすべてが変わっている、

おそらくそうでしょうけれど、

必ず、春は来るのです。

その日を、待ちましょう。

そして、掴みましょう。

あぁ、また若者が能代を後にする、

そういう時期が来るんですね。

あ、我が王子は大学にはやりません。

 

『異常サイン』!?

マイホームを支える、様々な設備ですが、

たまに、エラーや不具合が出ますよね。

例えば、エアコンなんかは、タイマーランプ点滅、

これが異常を知らせるサインです。

私はこの仕事をしておりますので、

こういう場合に、どう対処するべきなのか、

およそ、わかります。

昨日、我が家のリビングエアコンのタイマーランプ点滅、

おやっと思って、お知らせボタンで確認してみると、

H51のエラー表示。

これは、お掃除ロボ系統の不具合であり、

冷暖房ができないわけではないです。

でも、異常であることには変わりない。

フィルター掃除でミスしたわけでもないので、

う~ん、どうしたもんだろ。

さて、こういう時どうするか。

はい、ブレーカーを落とします。

リモコンの電源オフじゃなく、ブレーカーです。

弊社の場合は、エアコンは専用回路です。

どこのエアコンなのかもきちんと表示し、

お客様でも、簡単にできるようにしています。

電気機器系の不具合やエラーは、

まず、初期段階でこれを試してください。

不思議と、これで解決するケースもあります。

それでも直らなければ、メーカーさん。

今では、インターネットで何でも調べられます。

昨日の我が家も、これで無事復旧。

何だったんだろうか、まあ様子見です。

 

『北都銀行旋風』。

バドミントンS/Jリーグで快進撃を続ける、

はい、北都銀行さん旋風がすごいです。

先日世界のトップに立った、米元田中ペア、

そしてそれに次ぐ勢いの、永原松本ペア、

もちろんシングルスの川上すべてが日本代表組でして、

昨日も、テレビ特集がありましたが、

良かったですね、すごく見応えありました。

今日も、勝ちました。

国内では企業スポーツの存続が厳しい中、

ここまで見事に選手を支え、

そして選手が着実に結果を出す、

素晴らしいではないですか。

日本のトップは、世界のトップ。

日本のバドミントンの層の厚さ、

ここに北都銀行さんが絡んでいる、

とても嬉しいことですね。

 

 

『暮らし方の提案』。

お客様それぞれによって、

また住まうご家族によって、

暮らし方というのは、違います。

しかし、その中でもですね、

快適な暮らしに必要な要素というのは、

ある程度の、定説と決まりがあります。

我々の仕事や使命というのは、

それを的確にお客様の家づくりに反映させること、

簡単なようで難しく、奥が深い部分です。

まあ、快適さの尺度というのは、これまた考え方です。

本日の内覧会第一日目にご来場くださった方々、

考えられた暮らしと、快適さのために駆使している技、

それは当然間取り、空間構成、配色、各仕様や造作、

明るさや風の抜け、そして冷暖房効率など、

すべてに理由があっての家づくりをご体感いただけたと思います。

明日も開催です、どうぞご来場ください。

(モノクロにしても、室内の明るさが際立ちます)