資料請求

スタッフブログ

スタッフブログ の記事一覧

『勝負の世界の厳しさ』。

夜中に目が覚めてサッカーW杯を見てしまう私は、

おそらくまだ余裕があるのでしょうか?

しかし勝負の世界の厳しさを感じますね。

番狂わせと言われる決着であったり、

負けてはないが、痛恨のドローであったり、

その中で、しっかり結果を残すスーパースターがいたり、

私は、毎日それなりにW杯を楽しんでいます。

ええ、おそらく日本戦前までは…。

 

昨日まで行われた、中学総体いわゆる夏本番勝負、

それぞれの競技で、見事全県切符を勝ち取った学校、

前評判は高く、順当にいけばと言われながら敗退の学校、

ここにも、いろんなドラマがあったことでしょう。

今朝の新聞を見て、驚きもありましたが、

一番のビックリは、単独校での出場が厳しい学校の多いこと!!

これは、本当にまずいのではと思いました。

 

あ、九州では審判に見事なストレートパンチのバスケ選手、

これは勝負の世界とはいえ、NGです。

それより昨日の我が読売ジャイアンツの最終回は、

勝負の世界の厳しさと言うか、何と言うか…。

ガックリしました…が、

ロッテ平沢選手、順調に育っていましたね。

成田投手の今後にも期待したい!!

『道の駅ふたついその後2』。

ここ最近、毎日通るルートになっている、

道の駅ふたついの、6/16(土)現在の様子です。

駐車場の舗装が終わっています。

上空から見ると、駐車場のラインが、

まるで芸術のように、綺麗に配置されています。

これまた、すごい技術ですね。

ヘリポートのHマークもわかります。

道の駅入り口部分への舗装が終われば、完成か。

この日は、いよいよ最終竣工バージョンの、

ドローン空撮のためのロケハン確認だったんですが、

やはり、七座山と米代川をバックに、

アングルを決めた方が良いと感じました。

 

『祝4周年』。

今では堂々たる能代の一番手となった、

人気スイーツ店であります、

『sweets cafe Pomme』様ですが、

4周年、おめでとうございます。

急なお願いや、とんでもオーダーなど、

日頃より、私は公私ともども、

大変お世話になっているわけでして、

いつも素敵な作品を、ありがとうございます。

今後も益々のご発展をお祈りいたします。

『Uchi Cafe×GODIVA』。

たまたまローソンで見かけた、

「Uchi Cafe×GODIVA」が気になって、

妃殿下に購入したんです。

たまに、甘いモノが食べたい食べてるのを、

知っているからです。

写真を撮り忘れましたけれど、

インターネットに、同じモノが載っていました。

(インターネットより ローソンUchi Cafe×GODIVA)

GODIVAと言えば、チョコです。

ええ、毎年もらいますが何か!?

これもいわゆる高級スイーツ路線なんでしょうが、

これでお値段、450円です。

安いか高いかは、人それぞれ。

というか、コンビニに行く時点で、

安いは求めたらいけません。

味はですね、食べてないから知りませんが、

「う~ん!!」

だそうです。

私はこの日に、じゅんさいを食べさせてもらったので、

ちょうどナイスなギブアンドテイクとなりました。

別に合わせたわけではないのですが、

考えることは、一緒のようです。

 

世の男性やご主人たちはですね、

たまに奥様にこういうちょっとした気遣い、

するかしないかは、大きな違い!?

別にサプライズ好きでもないですし、

悪いことも、していませんが、

私は、案外してる方だと思います。

 

『じゅんさいLOVE』。

この時期、おとなり三種町が世界に誇る、

はい、じゅんさいですね。

子どもの頃は、そんなに意識はしませんでしたが、

まぁ当たり前のように、この時期は食卓に出てましたが、

じゅんさいもまた、大人になってからは特に、

今時期の6月になると、無性に体が欲するわけです。

「じゅんさい食べたいな」

私の何気ない一言を、我が妃殿下は聞き逃さず、

お店でゲットしてくれてたもんだから、

今年初じゅんさいを、堪能できました。

じゅんさいの食べ方は、地域差や家庭差がありますが、

今回は、付属のポン酢タレに自分で生姜チューブをプラス、

じゅんさい、最高ですね。

王子は、チャレンジすらしてくれませんでしたが。

 

そのままで良し、鍋で良し。

特選厳選モノとなると、高級食材となるじゅんさい。

私はこの時期、三種町がうらやましいと思うこともあります。

こういう伝家宝刀的な名産があるかないかは、

やはり、観光やらPRやら、強さが違います。

能代の場合は、今はやはりネギになるのでしょう。

じゅんさいとネギのコラボ商品、できないものか!?

 

 

『日本一安いドローン』!?

先日インターネットで記事を見かけましたが、

防衛省が入札を行ったドローンの金額が、

関係者を驚愕させているというものです。

警察や消防では、すでに導入が進んでいますが、

防衛省は、今回が初だったとか。

しかしそこは日本の国防の要です。

防衛省が活用するドローンであるからには、

求められるドローンの性能はですね、

いわゆる超プロユース仕様であり、

赤外線カメラに防風と防雨、そして自動帰還など、

このグレードであれば、最低100万円レベル、

いや、カメラ性能によってはもっとしますから。

それがですね、何ということでしょう、

今回の入札では、今回の入札ではですね、

5機でなんと、9018円だそうです。

つまり、1機あたり1800円ですよ!?

マ、マジですか!?

今回の一般競争入札に、日立製作所さんとNECさんの2社が参加、

日立製作所さんが、落札したようですが、

日立さんと言えば、あれ、確か経団連の会長さんで…。

防衛整備庁は、契約内容が履行されない恐れはなく、

公正な取引の秩序を乱す恐れもないと回答しているとか。

当事者の日立製作所さんは、取材に応じず、

ドローンの件はドロンを決め込んでいる。

インターネットでは、こんな感じで記載されていますが、

まったく、うまいこと言いますね。

これが公正な取引なのであれば、是非とも、

弊社にもこの金額で売ってもらいたいです。

今のところ、超ダントツで、

日本一安いドローンではないでしょうか!?

 

『着々と』。

今年度着工案件が、着々と進んでおります。

3月からの第一発目組のお客様は、

そろそろ完成お引き渡しの時期となります。

現在、能代本社と秋田店含め、

10現場が同時進行中です。

来月もまた、2現場がスタートします。

その後も、順次着工予定です。

ありがたいことです、心から感謝申し上げます。

新たなお客様との出会いも、次々と。

我々をご指名くださる大切なお客様の家づくり、

責任を持って、進めさせていただきます。

どうぞご用命ください。

『秋田犬バブル』!?

ザギトワ選手の影響もあり、

今世の中で秋田犬ブームが起こり、

我が秋田県が、秋田犬バブルとか。

ネットニュースになっているのを見ましたが、

バブルにならないよりは、なった方がいい。

ぬいぐるみなんて、バカ売れらしいですよね。

現在、国内で登録されている秋田犬2700頭のうち、

秋田県内には、わずか150頭ほどだといいます。

本来、秋田犬は飼い主側の負担が大きく、

飼い犬として敬遠されたという悲しい歴史がありますが、

皮肉なことに、海外から火がついた再秋田犬ブーム、

まあ、インバウンドへとつながるのなら、

何でもやりましょうという今の風潮ですが、

せめて、県内登録数は増やさないとかっこ悪い。

発祥の地大館市はもちろん、秋田県もですが、

今秋田市が強烈にPRしているとか、

抜け目なし、秋田市!?

さて能代で秋田犬、何頭いるんでしょうね。

『王道の中華そば』。

私の中で、中華そばというのは、

いわゆる昭和の古き良き時代を思い出す味、

懐かしい記憶が強烈に残っています。

ドライブインや、スキー場、海の家や車販売ラーメンなど、

我々が小さい頃は、ラーメン=中華そば、

これが定説であり、王道だったものです。

大きくなり、様々なラーメンを食べるようになり、

一番食べなくなったのが、中華そばですが、

このほどの片道4時間半の地域周辺では、

いわゆる中華そば系が有名なエリアでしたので、

ちょうど、目的地までの途中でもありましたから、

食べログ頼りに、とあるお店に出向きました。

 

評判通り、すごく行列。

らーめんを愛する人の熱気がすごい。

間違いないと、確信。

 

普段並ぶのが大嫌いな私が並びました。

数分待って入店し、カウンターに着席、

オーダーは中華そばの大盛り。

はい、ドン。

このフォルムでお店が特定できる人は、

秋田にはいるのでしょうか!?

いたら、かなりの通でしょうね。

最初っから、こしょうをかけてくるスタイルが、

私には新鮮でした。

 

非常に構成がシンプルであるがゆえに、

ラーメンの差が出にくいというのが、中華そば。

マメさが求められ、ごまかしがきかないのが中華そば。

 

私はラーメンの中で、中華そばは専門外ですので、

何を基準に優劣がつくのかわからないですが、

この地域の中華そばは、麺が特徴的。

柔らかいと評する人もいますけれど、

私は別に、気になりません。

ここまであっさりは、むしろ気持ちも洗われますので、

私には、ゼロカロリー。

いわゆる王道の中華そばを昼に食べたのは、

いつ以来なんでしょうか?

我が王子が大好きな味だと思います。

 

どこのお店かって!?

わかりづらいかもしれませんが、

一応、2回ほど記載しましたので。

 

『東京品達再訪』。

「このあいだの東京、ラーメンは?」

はい、もちろん行かないわけがありません。

何とか調整して、品達さんへ行ってきました。

え、遊びありじゃないかですって!?

いえいえ、だって研修先宿泊先のマジ目の前ですもん。

別に途中下車したわけでもないですし。

この日も、日本全国から来たであろう来訪者が多かった。

私は品達さんでは、なんつッ亭さん、つけめんTETSUさん、

そして金澤濃厚豚骨ラーメン神仙さんが体験済みです。

今回は、どこにしようか迷ったんですが、

初チャレンジしようと、歩いている時は思い、

せたが屋さんか麺屋翔さん狙いであったのですが、

しかし両方とも激混みの様相、

私に与えられた時間はわずか20分弱、

今回はつけめんは無し、そして辛いのは無理ということで、

前回同様、結果的に神仙さんが当選となりました。

ここのラーメンは、もっと評価されてよい、

まわりがあまりにもビックネームですので、

品達さんの中では、比較的入りやすいですが、

個人的にはすごく好きな一杯です。

今回は、豚骨味噌にしようと思ったのですが、

最近、豚骨味噌系をほとんど食べていないせいもあり、

オーダーは、前回同様の豪華濃厚豚骨らーめんの大盛り。

はい、ドン。

濃厚ド豚骨醤油系の極み、ここにあり。

とろみと旨みがすごいです。

細麺が、ガッツリ吸い込む絡まるラーメンです。

濃厚だけど、くどくない。

非常に手間暇のかかっている一杯です。

さすが東京価格です、1000円を軽く超えますが、

是非とも一度食べてもらいたいお店ですね。

 

これは昼の部であり、マジで夜の部も計画してたんですが、

研修後の全体懇親会も途中退席、

ホテル部屋に戻り、缶詰め仕事モードで一歩も出ず、

まさかの夜の部、結果断念という、

悲しい東京の夜となりましたとさ…。