資料請求

スタッフブログ

スタッフブログ の記事一覧

『全館空調の家完成内覧会』。

明日から3日間の限定ですが、

能代市字大瀬儘下、自社分譲地、

「第二大瀬ニュータウン」内にて、

全館空調の家完成内覧会を行います。

家中の温度ムラをなくし、

快適クリーンな住環境を実現、

建物性能とデザインの融合、

どうぞご期待ください。

sanwa190427-1.pdf

 

『新居に要らないもの』!?

いわゆるプロ向けでの話ですが、

住まいに関するインターネット調査、

「やがて必要がなくなるのに、つけたがる」

「作りたがる施主が多い設備や部屋、性能」

なかなか挑戦的な項目調査だったようですが、

新居を考える際に、要らないものとして、

第一位 子ども部屋

第二位 客間

第三位 床暖房

だそうです。

なかなか、ショッキングな意見です。

子どもは将来いなくなる前提、

これで家づくりをということでしょうし、

今では家で何かしましょうはないから、

客間も無駄ですよ、

そういうことになるんでしょうか、

床暖房は、意外でした。

 

一方、あれば良い作った方が良いとして、

第一位 断熱

第二位 パントリー

第三位 耐震

これは、完全なプロ目線ですね。

断熱のしっかりした家、これは大前提、

そしてパントリーが上位というのは、

女性目線をしっかりということ、

耐震がここまでとは、時代の流れでしょうか。

 

我々プロの仕事は、そこに住まうご家族の、

快適な暮らしを考えること、

ある程度の経験と実績から、

アドバイスをするわけですが、

それでも、考え方の差異はあります。

なるほどなと思えること、

いや、それはと思うこと、

最終的には、豊かに暮らしてもらいたい、

そのために共に考え、共に創り上げる、

結局どんな家にしたいのか、

そういうことです。

 

個人的には、子ども部屋は必要、

確かに、将来出ていくけれど、

子どもがいるのに、子ども部屋なし、

そんな親は、ダメだと思う。

「子どもが産まれたから」

家づくりのきっかけの多くは、

これでしょうに。

プロとお客様の意見の違い、

プロは時々、損得勘定でモノを考える、

これって、悪い癖なのかもしれません。

 

 

 

 

『そんなことあるの』!?

日本各地で、悲しい交通事故、

やけに多いですね。

人の命が奪われる、

車の運転というのは、

常に危険と隣り合わせ、

だからこそ、安全運転を、

しかし、インターネットで、

プ〇ウスは事故の危険性が大、

そんな感じの内容!?もありました。

 

そんなことあるの!?

この車は、特に売れている車ですから、

必然的に事故に遭う可能性は、

他の車よりも高くなりますが、

車が問題なわけではないと思う。

ブレーキの位置がよくない!?

何度も乗ってますが、そんなこと、

気になったこともない。

 

事故の大半は、操作ミスや運転ミス、

そして不注意によるものです。

車のせいでは、絶対にない。

プ〇ウスは、良い車。

私は、そう思う。

『全館空調の家 完成内覧会』。

世の中は大型連休になるようですが、

今週末27日から29日にかけ、

弊社分譲地、「第二大瀬ニュータウン」内にて、

『全館空調の家 完成内覧会』を開催いたします。

 

Jupiter Cubeのシンプルモダンで洗練された外観、

圧倒的存在感の白がまた、綺麗です。

内部は都会的デザインと空間構成のテクニック、

広さと明るさ、そして抜け感が生み出す開放感、

そこに様々なアクセントカラーがうまく調和し、

印象深く、そして洗練された空間を生み出しています。

 

そして極めつけは、やはりこれ。

オリジナルの全館空調システムです。

1種換気と冷暖房エアコンを組み合わせ、

建物内はどこでも温度ムラなし、

そして空気の質までコントロール、

ホコリ等を巻き上げることなく排気します。

もちろん、花粉やPM2.5等対策仕様。

少ないエネルギーで、効率良く全館空調。

1台のエアコン稼働でそれぞれ冷暖房、

大瀬モデルでも実証済み、問題ないでしょう。

C値もモンスター級、0.15ちょっとでした。

 

建物性能とデザインの融合、

「こんな家に住みたい」の憧れのカタチ、

お施主様のご厚意により、堂々の開催です。

この3日間は、マジで必見です。

 

『こんなところで火事』!?

昼前から高速で秋田入りし、

午後になって帰ってくる途中、

森岳ICあたりの高速道路の法面がですね、

モクモク火を上げて燃えてました。

遠くからも、黒い煙がわかりました。

結構な炎だったんですよね。

焚火の、10倍くらい!?

それが、2か所。

こんなところで火事!?

まさか焼畑でもないですし、

除草のために燃やしている!?

いや、ありえない。

おかしいなと思って通り過ぎましたが、

やはり火事であったようです。

 

秋田県内では、毎日のように、

各地で火災が起きています。

火の用心です。

 

でも、どうして法面で火事!?

不思議ですね。

タバコのポイ捨て!?

 

『完成間近』。

完成間近の家が多いですが、

どのお宅も、実に良い雰囲気で、

本当に嬉しくなります。

このGWに合わせて、お引越し、

新生活の、その思いに応えるために、

今週一週間で、最後の追い込みです。

まあ、ほぼ終わっているんですが。

 

さて、そのうちの1棟は、

お施主様のご厚意により、

完成内覧会を行うこととしました。

27日から29日までの3日間限定。

今回は、全館空調の家、必見です。

しかも最高にカッコ良いです。

どうぞ、お楽しみに。

『当たり前のことですが』。

いわゆる高気密高断熱住宅となると、

建築中で、その威力がわかります。

断熱性能が高い家、気密性の高い家は、

完全な職業病の一種なんでしょうが、

一歩入ると、もはや空気でわかる、

冬場は特に、わかりやすいですね。

気密測定器をまわさなくても、

感覚的に、感じます。

 

弊社では1棟1棟、すべての新築住宅で、

気密測定を行いますが、

年々、数値が良くなっています。

あくなき探究心と、確かな施工、

大工さんをはじめ、各業者さんの、

丁寧な仕事ぶりに、感謝。

そして、現場監督のマネジメント力、

非常に優秀な結果は、嬉しいものです。

 

当たり前のことですが、

やはり、確かな家をお届けしたいから、

この部分は、こだわります。

昨年度の自社平均はC値0.32。

家のサイズや形状によりますので、

まあ一概には言えませんけれど、

恥ずかしい数字では、決してない。

 

全国トップクラスは、平均0.2前後でしょうから、

新年度は、自社平均でC値0.3を切る、

これを実現したいと思います。

無理じゃない、はず。

しかし、0.15の壁は、高い!

 

『ありがたいお言葉』。

我々の仕事は、お客様の家づくり、

どうしても住宅地である場合が多く、

ゆえに、近隣の皆様のご理解なしに、

工事を進めることは難しいのですが、

本当に快く、そして頑張ってねと、

ありがたいお言葉をいただくこと、

これが何より、ありがたい。

 

もちろん、細心の注意を払いながら、

ご迷惑をおかけすることのないように、

工事を進めていくのですが、

「車、停めてもいいよ」

「何かあったら相談して」

こういうお声をいただけること、

気持ちの良い人が多いです。

能代はまだまだ、大丈夫、

親切な人って、本当に素敵です。

 

『東京からのお客様』!?

本日の午前中、市内某所を走っていると、

路肩で手を振っている人、発見。

東京から来たとのこと。

 

はい、地元民でも歩く道ではあまりない、

バス停があるわけでもない、コンビニも遠い。

はじめは、農作業者さんかと思ったんです。

でも、普段着だしバックパック。

スマホ片手に、どんだけ不安だったろうか。

晴天でしたが、あまり気の毒に思えたのと、

奥羽線の電車に乗りたいんだけれど、

なんと電車時間まで、あと10分弱しかない、

徒歩では、まず間に合わない距離です。

 

私この日この時間、軽トラでしたけれど、

ちょうど駅前通るので、助手席に乗ってもらいました。

わずか数分の会話だけでしたが、

残念ながら、数々通りゆく車は、

誰も止まってくれなかったそうです。

気持ちはわからないでもないですが、

随分と、世知辛い世の中ですこと。

それが普通!?

私は、そういうタイプではない。

 

秋田にいらした理由だったのか、

羽州街道をめぐっている中で、

結果、道に迷ってしまったそうです。

う~ん、どんだけ歩いたんだろう。

数人と話したけれど、言葉がわからない、

今回の秋田での印象でしょうけれど、

苦笑いしていらっしゃったのが印象的。

 

駅に着いてから、この東京のお客様は、

最高の笑顔で手を振ってくれていました。

私も急いでたので、見送りまではしませんでしたが、

無事に間に合って、よかった。

別に大したことしたわけでもないですが、

「人には優しく、困った時は助け合う」

祖母がよく言ってましたっけ。

この東京のお客様は、また来てくれるだろうか。

 

『いまいちよくわからない』。

いまいちよくわからないのですが、

ドコモの最大4割値下げというのは、

実際のところ、どうなんでしょう!?

他社から見ると、拍子抜けだったようで、

インパクトなしみたいな感じが、

ネットにも出ておりますけれど、

要は、機種代金が下がれば下がる、

ということで、中古市場が激熱です、

そういうことで、良いのでしょうか!?

 

最新もハイテクも、何もいりません。

電話とメール、ちょっとネット、

これができる、安い機種で十分、

昔は、最新が出るたび買い替え、

そういう時代もありましたが、

今は、まず無理。

誰か、いまいちわからない私に、

このへん教えてください。