資料請求

スタッフブログ

スタッフブログ の記事一覧

『今の時代の生き方』!?

高齢化や少子化の原因は何か!?

それはまあ、いろいろあるのでしょうが、

「必ずしも結婚する必要はない」

「必ずしも子供を作る必要はない」

今の時代の、今の生き方の特徴として、

超個人主義というか、我中心、

すべての物事が、これです。

自分が嫌なことは、苦手なことは、

できるだけ避けたいし、やりたくない、

興味あるものはいいが、興味ないものはダメ、

いや、ダメなのはどこまでもダメ、

その極論が、結婚しないプラス子どもはいらない、

そういうことなんだそうです。

 

どうしてこうなってしまったのか。

生き方の多様化と言えば、そうなのでしょうが、

非正規雇用に代表される若者の経済的不安定さと、

己の趣味や己の信念で生きることへの執着、

昔ほど、まわりや親の意見に従って、

「もうそろそろいい歳なんだから…」

結婚や子どもが何だ、ということなんですよね。

 

結婚しないから悪か!?

子どもがいないから悪か!?

それは、違う。

 

昔は、結婚して子どもが産まれて、家建てて、

これが人生の階段であり、みんなそうした、

そうでなければ、変わった目で見られた時代、

でも、今はそうではない。

 

どちらが幸せなのか。

それは、永遠のテーマですし、

昔だって、結婚しない人はしなかった。

しかし、今よりは人口は多かったし、子どももいた。

 

今、ここまで国全体で高齢化や少子化、

こうなってくると、もはや個人の尊厳だけで、

「好きにやればいいんじゃない!?」

そうは言えない状況であると、

それだけは、間違いない世の中の中で、

若者は今何を思い、どう未来を生きるのだろう、

幸いなことに、私のまわりには、

「結婚したい」

そういう若者が多いです。

これは、田舎特有の現象でしょうがね。

 

一人でも多くの若者が、

能代に残り、または戻り、

そして結婚して、子どもが産まれて、

少なくても、そういう世の中であってほしい。

結婚ってのは、悪くない。

私は、そう思う。

 

かなり話が大きくなった感じですが、

何が言いたいかというと、

耳をすませば、最高!!

私の中で、ジブリのナンバー1です。

若者よ、これを観ろ!!

 

 

『100億円問題』。

いわゆる秋田のスタジアム建設、

概算ですが、100億かかるという試算、

さあ、どうするのでしょうね。

 

「秋田にプロサッカーチームを」

そのためには、1万人レベル収容のスタジアム、

はい、やるなら100億円かかります、

維持費等は、これ以外にかかります、

そのお金は、どこから出るの!?

誰が責任持つの!?

 

これで秋田の未来が決まるとは言いませんが、

とっても大きな問題であることは、間違いない。

行政だけでは、無理なレベルなのか、

民間からのバックアップがあるのか、

いずれにせよ、大金です。

正直、もっとかかると思いますが。

 

『冬こそオープン』。

季節外れのような暖気でしたが、

明日以降、また天気が回復するようです。

冬の暮らしのポイントは、

「冬こそオープン」

はい、カーテンやブラインドのことです。

面倒くさがらずに、開けましょう。

特に、晴れが期待できる日は、

これだけでも、室温が上がります。

冬の太陽の力は、マジで絶大です。

どうぞ実践してください。

無理なくエコ、そして快適を。

ちょっとした暮らしのポイントでした。

『外まわりの確認』。

ドカ雪は落ち着きましたが、

今年は降り方が偏っています。

家の外まわりの状況の確認、

雪国はどうしても必要です。

エアコン室外機や浄化槽のブロア、

ベランダがある家は積雪状況、

窓まわりのガラス周辺もですね。

雪害がないかどうか、

今一度ご確認ください。

 

『増税と値上げ』。

実際、今年の景気はどうなるのか、

日本企業のトップが、様々な見解、

ニュースでやっていましたけれど、

若干だが上向くとか、期待値を込めて上向きとか、

その一方で、よくて現状維持、

いやマイナスでしょうとか、

両方の意見がありました。

 

増税に値上げが見込まれる今年ですから、

全体的に見れば、厳しいと予測する、

それが普通なのではと思います。

事実、モノの値段はあらゆる分野で、

ジワジワと値上げが始まっていますし、

4月以降も、さらにこの流れは広がる、

そしてその先10月からの増税、

こういう状況の中で、消費が上向く、

そんなことがあるのでしょうか。

 

オリンピック特需なんてのがありますが、

それは、本当にごく一部であり、

むしろこの一時的な需給バランスの崩れ、

これを狙って、資材や人件費など、

コストは上がるというのが世の常です。

特に人件費の問題は切実です。

リミットは決められているが、人出が足りない、

こうなると、おのずと単価は跳ね上がる。

 

出るお金は増えても、入るお金は増えない、

そうなると、企業だって個人だって、

当然買い控えや消費意欲は落ちる、

そこに増税です。

今でも増税反対という話が出るのは、

これをを危惧しているからですね。

 

今年の日本経済は、注目です。

そして、地方は特に正念場。

なるほどね、と思いましたし、

私も、同意見。

 

『完全制覇に向けて』。

魁杯全県ミニバス2019です。

夏を制し、この冬もバリバリのド大本命である、

我が能代市代表のトップチーム、向能代ストーンズ、

初戦は1点差のヒヤヒヤだったようですが、

準々決勝も見事に通過の4強入り。

昨年から続く、見事な勝ちっぷりは、

本当に地元能代に明るい話題を提供してくれる、

子どもたちの頑張りに、拍手です。

是非とも、明日の2つを勝って、

今年一年の本番を完全制覇し、

全国へ行ってもらいたいですね。

 

そして、やはり触れないわけにはいかない、

こちらも能代を代表する1チーム、

超名門である能代ブルーインズでしたが、

本当に残念な結果となってしまいました。

ゲームプラン通りにいかない葛藤と焦り、

まさかまさか、予想外のまさか!?

ミニバスのルールはそんなに詳しくないですが、

チームも親も、誰も気づかなかったのか!?

勝負ごとに、たらればは禁句でタブーですが、

どうにかならなかったのか、悔やまれます。

 

さあ、能代市民の皆さん、

向能代ストーンズに、エールとパワーを。

明日も頑張れよっ!!

 

 

『夢の実現を』。

今年ほど、いわゆるお正月気分、

本当になかったなと思っています。

現在着工中の案件と、

今後着工予定の案件と、

そしてこれから決まっていく案件と、

それぞれをしっかりと頭の中で整理し、

改めて、見直す時間としました。

それぞれのお客様の夢の実現のために、

最大限できうることは何か、

考えるほど、ワクワクするんですよね。

 

もちろん、個別のプロジェクトだけでなく、

今年は大きな変革もカタチにしていきます。

ありがたいことに、本当に時間が足りない、

それだけの内容となるでしょう。

7日から気分を新たに、前に進ませ、

頭の中のイメージを具現化するだけ、

お客様の夢と私の夢の実現、

今年は、最高に忙しいでしょうね。

多くのお客様に支えられながら、

その中で、価値ある暮らしをデザインしていきます。

どうぞ、ご期待ください。

 

 

 

『例年に比べ』!?

何となくなんですが、我が家だけ!?

今年の我が家の湿度がですね、

例年に比べ、そんなに下がりません。

もちろん、何もしていないわけではなく、

しっかりと加湿はしておりますが、

これは非常に良いことです。

温度と湿度は、快適性を生み出す重要ポイントです。

是非、こまめにチェックしましょう。

個人的には、40パーセント台を死守、

40パーセント後半くらいあれば理想です。

50パーセント以上と言う人もいますけれど、

こればかりは、空間の広さと熱源次第です。

あくまでも、参考値ということで。

『毎年のことですが』。

ここ数日はドカ雪ではないですが、

完全に除雪されない道路の雪が、

気温の上昇とともに、大変なことに。

毎年のことですが、どうして底から掻かないのか、

能代市の除雪は、年々悪くなっている、

そう思うのは、私だけでしょうか?

 

幹線道路に次ぐ道路でも、ボコボコです。

小路は、わずかしか除雪されていない、

土地を探すなら、今をしっかりと見てください。

雪国は、冬をいかに過ごすのか、

道路状況は、とても重要だと思います。

 

『秋田旋風』!!

お正月早々、また嬉しいビックニュース。

まずは箱根駅伝ですけれど、

青学最有力のド本命、勝てるのは東海大か、

そう戦前は見られていましたが、

見事に現実のものとなりました。

今回だけは、秋田県民としては、

是が非でも、湊谷主将率いる東海大、

応援した人も多いのでは。

堅実かつ快走により、見事優勝。

最後の最後で、大快挙達成です。

本当に、おめでとう。

 

そして、年末から勝ち続ける、

秋田商業サッカー部もまた、大快挙。

全国高校サッカーで、見事8強入り。

最後まであきらめないプレーと、

とにかく走る走る、プレッシャーのかけ方は、

ここ十数年では、最高のチームでは、

そう思うほど頼もしく、鍛練されている。

 

秋田県が日本に旋風を起こしている。

すごく誇らしく、勇気をもらう。

この流れを作ったのは、金足農。

秋田旋風、気分が良いですね。