資料請求

スタッフブログ

スタッフブログ の記事一覧

『我が街能代2』。

我が街能代は、シリーズになるのでしょうか?

私のやる気次第!?

昨日の午後、弊社大瀬ニュータウン上空から撮影した、

私が能代で一番好きな木造校舎、はい四小です。

能代で通わせたい人気ダントツナンバー1校です。

木造とモダンのバランスが実に巧妙です。

私の中では、校舎正面アングルなんて、

能代版平等院鳳凰堂という位置づけ、

きっと、わかる人にはわかってもらえると思います(笑)

学校敷地の壮大さが伝わるでしょうか。

四小を、海と山を背景に撮るなんてのは、

ドローンでなければ、まず不可能です。

今では、住宅でもこの屋根色が採用されること、

本当に多くなりましたね。

設計事務所の先生方や、大手ハウスメーカーで、

特に好まれる色です。

能代山本では、平成23年頃から特に顕著です。

もちろん、我が家もこの色です。

モダンさを演出する、一番の近道なんですよね。

 

『我が街能代』。

我が街能代が、活気付いています。

選挙の時だけなんて、そんなことは言わない、

決して、そんなことはない。

能代の未来がかかっている、重要な局面です。

さあ、託しましょう。

ということで、今日は予報通り天気が良かったので、

あちこちドローン関係で回りましたが、

その際に、能代の様子をパシャリ。

逆光でしたので、かなり補正した能代市内ですけれど、

上空150mあたりから見れば、マジで平野です。

遠くに望む日本海ですけれど、

ここに能代の未来が広がっている。

能代の風景は、撮ってみればわかりますが、

意外と絵になる絶景が、実は多い。

問題は、そういう絶景が撮られていないという、

これが一番のウィークポイントなんです。

観光を考えるのならば、どう伝えるか、

能代の魅力をどう発信していくのか、

官民一体となり、進めるべき問題です。

しかし快晴なんだけど、青々しくない晴天。

春は、こういう空が多いですね。

 

『春になった』!?

4月に入り、春になったと思ったら、

ここ数日は、寒くないですか?

もうタイヤ交換も済んだ人もいるでしょうが、

チラホラ雪も降る毎日です。

新学期を迎えた子供たちの通学も、

見ていて、寒そうで気の毒ですが、

子どもたちは、元気そのもの。

こちらまで、元気をもらえる感じです。

今年の桜は、いつぐらいでしょうか?

今年こそ、花見はできるか!?

『秋田のドローンの現状』。

実際に、私を知っている人であれば、

直接ドローンに関する質問や問い合わせもあります。

別に、ドローンを生業にしているわけではないのですが、

このブログで、度々飛行実績を載せたり、

ドローンの話題をしているからでしょうか?

「秋田のドローンの現状はどうなっている?」

ある筋の方から、聞かれたんですよね。

はい、ぶっちゃけ詳しくは知りませんけれど、

私で良ければということで、ちょっと調べました。

実際に平成29年度に東京航空局に提出された、

ドローン飛行許可承認がベースですが、

これは、誰でも見ることができますので、

みなさんも興味があれば、どうぞご覧ください。

はい、その数8330件です。

東日本の管轄ですから、このくらいあります。

そのうちの、関係なさそうな日本全国包括申請は、

正直、今回はチェック外としたいと思います。

そこまでチェックはできません。

それ以外の、純粋に秋田関連ということで、

さあ、いってみましょう。

まずは行政から。

我が秋田県は、申請していないようです。

ということは、秋田県はドローンに関して、

自前で飛行させ活用するということはしていない、

関係団体と協定を結んだというニュースも、

これまで聞いたこともありません。

観光やインバウンドはもちろん、災害その他など、

ドローンの無限の可能性を考えれば、

専門部署と専門部隊があってもいいのでは。

これは、非常に残念でなりません。

さあ、続きまして秋田市。

はい、県に同じ…。

しかし、関係団体と災害時等における協定を結んでおり、

この点では、県よりは一歩進んでいます。

では、残りの市町村は?

ん、二市町村が引っかかりました。

はい、三種町が一度町長名で申請していました。

時期的に、おそらくサンドクラフトや町のイベントでしょうね、

これはとても評価できることです。

わかっている人が、いるということですから。

残念ながら、今はもう期限切れとなっていますが。

そして、由利本荘市も申請をしております。

何に活用したのかは、正直わかりません。

それから、数年前からですが仙北市は、

確か国のドローン特区でしたけれど、

特区だからこそ、行政として申請はしていないのか、

そのへんまでは、わかりませんでした。

しかし、ドローン関連のイベントを行っていたり、

秋田県では、ドローンについては一番進んでいるはずです。

今もそうなのかは、わかりませんが。

行政だって、いち早くドローンの活用をするべきである、

これは、絶対に間違いないと思います。

次は、秋田県警察本部。

はい、29年度にきちんと申請しております。

警察とドローン、その活用だって無限大だと思います。

県民の安全と安心のために、ドローンの活用、

実際に飛ばしているところを見たことはないですが、

素晴らしいことです、ありがたい。

それから、ネクスコ東日本、高速道路系ですね。

万が一に備え、しっかり申請しております。

事故調査や、整備点検目的でしょうね。

海上保安庁も、もちろん申請しています。

続いて、消防。

消防のくくりは、広域となっているところもあるため、

正直私にはよくわかりませんが、申請からすれば、

県北から大館市、北秋田市、

中央では秋田市、

県南では由利本荘、大曲仙北、

この管轄がドローン申請をしております。

火事や救急、災害その他緊急のケース、

実は消防が一番ドローンの活用があるのでは、

世の中ではそう言われておりますが、

これに能代山本がないのが、すごく残念でなりません。

次は、マスコミ関係。

朝日放送、河北、さきがけ、CNAがありました。

それから、空撮業務系はしっかり申請しています。

教育系でいけば、大学がほんのわずか、

山形大学さんが秋田の鹿角だったか!?

特筆すべきは、土木建設系は多いです。

やはり、今はもうドローンなしでは置いていかれます。

事実、公共工事ではドローンが必須という入札、

もう珍しくはないですからね。

その他、農薬散布等で農業系も申請は多く見られます。

最後に、個人趣味系はかなり多いです。

秋田県内にも、ドロナーが多数存在していることが、

この申請を見ると、明らかです。

超簡単にまとめましたけれど、

落としている行政や関係機関があれば、

大変失礼をお許しください。

これが、おおかた秋田のドローンの現状です。

当然ながら、許可承認が必要ない空域での飛行であれば、

これにはひっかかりませんけれど、

そんなのは、わずか一握りであり、

許可承認なしで積極活用、それはありえない。

平成30年度は、是非とも能代市の奮起に期待したいところです。

どこから手をつけるのか、様々あろうけれど、

能代の魅力PRや観光インバウンド対策での空撮、

そして災害時等における協定、

これは、もはや必須ではないでしょうか?

なんぼでも、協力できることはありますが、

要は、本気になってやるかやらないかだと思う。

イベント毎に、どこでも何でもドローン飛行禁止ってのは、

もうやめた方がいいと思います。

 

 

『夢を笑うことなかれ』。

大谷選手投手が見た夢、

「プロの世界でも、投手と野手」

二刀流を実現しようとした彼を、

「プロの世界はそんなに甘くない」

「プロの世界を冒涜している」

一部で応援する側も少数ながらいましたが、

多くの解説者が疑問符をつけ、

その夢を、馬鹿げていると言いました。

即メジャーという道は、いったんあきらめましたが、

日本ハムという環境が、彼の夢を応援し、

その夢を実現させる道を与えました。

時間はかかりましたが、その夢は現実のものとなり、

日本のトップ級となった最高の状態で、

満を持して海を渡り、そして今メジャーで躍動しています。

大切なことは、大志を抱き、

それを成し遂げる技能と忍耐をもつことである。

ゲーテの言葉が非常に有名ですが、

大志は、一人で成し遂げられるものでもない、

それを理解でき、そして応援する仲間、

日本ハムには、それがありました。

これと能代と一緒にするのは無理があると言われそうですが、

私は、ある意味で同じではないかと思うのです。

能代の未来を語る時、能代の将来を想う時、

残念ながら、一部では不満や不安、閉塞感が漂っています。

しかしながら、能代の可能性を信じ、

大きな夢を実現させようとすること、

その手段や方法は、いろいろあるのかもしれませんが、

これまで能代が歩んできた道のりと流れは、

私は決して間違っていなかったと思っています。

今の時代は、本当に便利でありまして、

先日の公開討論会の様子も、ネットにフルでアップ、

噂には聞いておりましたが、やっぱり直接見ようと、

1時間ちょっと、見させていただきました。

ここ数日の、新聞等での掲載内容があまりにも偏重的と言うか、

完全なる印象操作ではとも、強く言われておりますが、

能代の未来を、次の世代への橋渡しを、

どれだけの夢と熱意と知恵を持って語ることができるか、

実は、この討論会に参加した人が、

「まったくかみ合っていなかった」

そう話していましたが、それは当然です。

やる前から、わかっていたことです。

差は明らかであり、技量やスケールが違いました。

今能代に求められているのは、それをしっかりと認識できる、

そうです、能代市民が試されているということです。

さあ、選挙が始まります。

能代の今後の夢を、笑うことなかれ。

 

 

 

『未来ある子どもたち』。

能代山本の小中高その他で、

一斉に入学式があったようです。

未来ある子どもたちの、新たなステージ、

可能性を信じて、先生方の愛を受けて、

さらに活躍してもらいたいですね。

しかし、我々の時代と一番違うところは、

何より、学校が新しい!!

小学校に行ってきましたが、非常に綺麗でした。

まあ、弊社も工事の一員だったわけですが。

 

『女人禁制』!?

緊急時というか、予期せぬ事態とはいえ、

ニュースでも取り上げられた、大相撲巡業の、

「女性は土俵から降りてください」のアナウンス、

まあ、伝統あるなんちょらでしょうけれど、

あまりにも、お粗末すぎる。

こういう部分こそ、いち早く改革、

しかし相撲界は、話題に事欠きませんね。

でも、時代の流れに取り残されてはいけません。

できなくても、不測の事態はオッケーとか、

そういう対応って、大事です。

満員御礼の幕は下げても、

相撲界の品位や信頼は、

これ以上下げてはいけないのでは。

はい、私は相撲大好きですが、

人命が救われたことだけは、良かったですね。

これで何かあったら、こんなもんじゃすまなかった。

あ、ちゃんこ食べたいです。

 

 

『道の駅ふたつい完成』。

3月28日に撮った道の駅ふたついの完成外観です。

(建物正面)

(天神方向より)

(きみまち阪方向より)

(米代川より)

(上空より)

外構その他整備が今後急ピッチで行われます。

正式オープンまで、今しばらくお待ちください。

本当に全部できるのって、いつでしょうか?

できたら、また呼んでください。

『能代モデル2018について2』。

建物外まわりはほぼ終了、

こんな感じになりました。

お客様からの支持がダントツナンバー1の、

弊社「Jupiter Cube」タイプです。

今回は、いつも以上によりモダンさを演出するために、

シャープさをとことん追求し金属サイディング、

そこに木の風合いをプラスし、全体をまとめ上げています。

内部は、昨日キッチンも組み上がりましたが、

非常に贅沢な空間が出来上がりました。

現在、最後の仕上げに入る一歩前です。

能代モデル2018のコンセプトテーマは、

「質」です。

まだ全貌は明かすことはできませんが、

これで、かなりのヒントだと思います。

今月末のオープンを予定しております。

どうぞご期待ください。

 

 

『新年度スタート』。

昨日から新年度スタートとは言っても、

日曜日でしたから、本格的には今日から、

そういうところが多いのではないでしょうか?

新年度ということで、いろいろ変わることもあります。

国交省のドローンに関するページも、

ドローン情報基盤システム(DIPS)が運用開始、

これもまさに、新年度という感じです。

弊社のドローン飛行における許可承認も、

新年度バージョンとなります。

(DIPSより H30弊社ドローン飛行許可承認番号と内容)

 

さあ、新年度も様々なチャレンジを行ってまいります。

ドローンの可能性を、さらに広める一年にしたいです。