資料請求

スタッフブログ

スタッフブログ の記事一覧

『参考に』。

秋田店モデルルームについて、

特設ページを開設いたしました。

 

家づくりの参考になれば幸いです。

ページを見てわかると思いますが、

実際にも非常に雰囲気のある空間となっております。

どうぞご来場くださいね。

 

それから、例の件ですが、いよいよ本格的に動きます。

秋田市桜台に、サンワ2012モデル!!

かなり攻めた感じになっております。

最新&ハイテク、それでいてプレミアムかつラグジュアリー。

随時、詳細についてはUPしていきたいと思います。

こちらもどうぞご期待ください。

『対決』。

消費税増税について、

あと数日にも決まります。

正義はどちらか、国民に受け入られるのはどちらか。

個人的には採決の前に選挙だと思うんですけどね。

おっと、棄権とか、もってのほか。

さあ、どうなる!?

『注目』。

個人的に今一番注目しているのがこれ。

ついにベールを脱ぎました。

(TOTOさんのユニットバス サザナ 新作)

 

この流線型ボディは、なかなか美しい。

まだ、実際に見てはいないけれど、

何となく、すでに◎。

気になるこの新モデル、発売は8月以降とのことです。

楽しみですね。

 

ほっカラリ床にこの新シルエットは、さらにお客様を虜にするでしょう。

TOTOさんの、他の追随を許さない決意の表れと見ました。

 

『吹いている』。

先日の台風、我が能代市は大きな被害がなくて

まあ本当に良かったんですが、結構な風が吹いてました。

 

そう、風が吹いている。

政治の世界は暴風です。

いったいどうなるやら!?

消費税増税問題、審議や採決が遅れるって、

この国会の会期延長、いくら税金を使うのか、

一日で億近いお金がかかっていること、

ほとんどが知らない、大手マスコミも報じない。

ある意味本末転倒です。

 

能代山本でも、ある一部では強烈な風。

ついに懲戒免職処分としたことが発表されました。

前任校での体罰問題まで明るみになってしまいました。

まあ、個人的には知ってましたけどね。

とにかく取り返しのつかない大事件に、いたたまれない気持ちです。

 

何だか今年は、常に落ち着かないというか、

とにかく各方面でバタバタドタバタの連続です。

考えられないことや、なかなかないこと、

風向きがコロコロと変わる感じですね。

とんでもない向かい風だったり、追い風が逆風になったり。

吹いている風をうまく味方にしないと大変なことになりそうな年です。

なんかそんな気がするんです…。

『隙なし』。

しかしこの時期はある意味、

一番家の性能がわかります。

本当に高気密高断熱なら、なおさら。

まさに隙なしという意味がわかると思います。

隙なしと言えば、我が王子も負けてない。

かなりの行動派により、目と手が離せなくなってきました。

なんと逃げ足の早いこと、また危ないモノを見つけるプロ!

ガッチャンで何でも口に入れるし、

家は至るところに王子の業績跡のキズやらなんやら…。

元気なことはいいことと、割り切る覚悟がなければ、

新築はあっという間にやっつけられる。

そういうことです。

『重要なお知らせ』。

今回ももしかしてとは薄々感じていたんですが、

やはり、現実となりました。

重要なお知らせをお届けしなければなりません。

 

復興支援・住宅エコポイントに関して、

国土交通省から衝撃的なニュースです。

 

被災地は10月までとなっているようですが、

我が秋田県は予算に枠があるうちですが、

おおむね7月まで予約をしないとアウト!!

はい、制度の前倒し終了が決定です。

 

「自分は大丈夫だろうか!?」

心配なさるお客様のために解説しますが、

5月以降は予約制度となっております。

この際、エコポイント対象住宅であることを証明する書類が必須ですので、

簡単に言えば、遅くとも7月はじめには、

新築もしくはリフォームの契約がすでに済んでないといけないということ。

そして、7月中に予約の申請が完了となっていないとエコポイントがもらえない!!

そういうことです。

この7月というのは目安です、予算に達した時点で終了です。

もらえる人ともらえない人がでるということです。 

 

15万ポイントは大きいです。

駆け込みが予想されます。

お早めに動かれることをおススメしておきます。

 

しかし、こういう補助金制度には本当に振り回されます。

もらえることはありがたいが、もう少し何とかならんものかと…。

 

『AIU』。

昨日は秋田工業ラグビーを取り上げましたが、

今日はまた秋田が全国に誇るシリーズ。

 

AIUが、いろんなところから注目を集めています。

今では、都会の有名大学と肩を並べる勢いで、

全国の優秀な学生がこぞって入学したいと激戦を繰り広げる、

秋田国際教養大学です。

 

グローバルな人材の育成を目指し、

ほぼ英語での授業、1年間の海外留学が義務化、

このAIUに入ることも難しいが、卒業も難しい。

サークルやバイトに明け暮れる大学生活ではなく、

本気のガチンコスパルタ教育です。

それだけの人材になって、はじめて卒業できるということ。

それだから、留年しててもこの大学なら許されるそうですよ。

 

卒業時には高い英語力と国際異文化に対する能力を身につけた学生、

就職先である有名大手企業からも評価が高いそうです。

 

秋田県内の高校生には、是非一度考えてもらいたい。

地元のこのAIUが、どれだけ社会から評価が高いかを。

全国区が、いやむしろグローバルなモノが秋田にもある。

これって、本当に素晴らしいことですし、誇らしい。

 

「秋田でそんなことできるのか」

大学設立当時は、いろいろな意見がありましたが、

入りたくても簡単に入れない難関大学へ。

関係者のたゆまぬ努力がそこにはあったんですね。

誇らしい話です。

『最も期待』。

実はかなり期待しているんですけれどね、

今個人的に最も注目しているのが、

古豪完全復活、はい秋田工業のラグビーなんですよ。

 

今日、たまたまTVに東北大会の決勝がやってましたが、

いやぁ、強い。

細かなミスはさておいて、東北ではダントツの強さです。

秋田の高校スポーツの中、おそらく今現在全国制覇も十分狙える、

そんなチームに仕上がるのでは!?

 

何となく勝手に、明治と早稲田を混ぜた感じの印象を受けましたが、

速さもあり、力強さもある。

これが全国のトップレベルにどれだけ通用するかですね。

おっと、ラグビーを語るには百万年早いので、これ以上は…。

近年稀に見る、いいチームであることは間違いない。

『落とし穴』。

飛ぶ鳥を落とす勢いの状態でも、

一歩間違えれば、はたまた落とし穴にはまれば、

それは大変な事態になってしまうわけで、

ここ数日の報道を見て、改めて恐さを感じます。

 

言った言わない、やったやってない、

世間はそうは甘いもんじゃないわけで、

まさに泥仕合でも、真相はもはやどうでもいい、

築きあげた信頼と地位は、あっという間に地の底へ。

 

もはや周知の事実ですが、能代市も大変な事件スキャンダル。

芸能界でも、超人気グループの大躍進人物の爆弾スキャンダル。

しばらくは、この話題でもちきりでしょうね。

よく落とし穴と言われますが、結局は自分で落ちているんでしょうけどね。

『方向性』。

電力・エネルギー分野の将来像が、

だいぶ方向性として見えてきたというか、

これからどう進むのかということについてです。

 

超ざっくりと説明するならば、

一般住宅においてはゼロエネルギー化がますます進みます。

省エネという現行の制度の、数倍も先のような話ですが、

とにかく、自給自足という流れになるんですね。

 

具体的な取り組みとしては、

HEMSはもちろん、創蓄エネルギーの連携、

電気自動車の普及による非常時への備え、

夢物語的であった未来の暮らしが、

この十数年でどんどん普及していく世の中へ。

 

しかし、考えてみればすごいことです。

技術の進歩と、環境問題への真剣な取り組みが、

家づくりのあり方をガラッと変えるんですから。

 

最新情勢は、本当に刻一刻と変わりますが、

それでも揺るぎない、この方向性。

キーワードは、ゼロエネルギー。