資料請求

スタッフブログ

スタッフブログ の記事一覧

『暮らし方を考える』。

家づくりには、本当に多くの時間と労力、そして多額の費用がかかります。

一生にそう何度もあることではない。

であるからこそ、慎重にかつ冷静に。

 

でも、ほとんどの方が、はじめての経験。

どうすれば、何からすればわからないところからのスタート。

失敗はしたくない、でもどうすればいいのか…。

 

はい、いつも頭の中心に置いておいてもらいたいこと。

『どんな暮らしがしたいのか?』

理想の暮らしを考えること。

これが一番重要であり、成功の秘訣となるポイントです。

そして、これも大事なのは、『ぶれない心』。

 

いろいろ見に行ったり、勉強していく中で、

「あれもいいな~、これも素敵だ!」

もちろん、これは大事なことであり、大いに構いません。

 

でも、最後はやっぱり自分たちがどうしたいのか。

ここに尽きると思うんです。

いろいろ見た上での、自分たちとしての決断。

そして、いろいろ勉強した上で、自分たちとしての選択。

 

家づくりに、「絶対これだけが正しい答え」なんてない。

最後は、己の決断と選択なのです。

自分たちの暮らし方を考えること、これが家づくりです。

『超爆弾級』。

わかっちゃいるけど触れてはいけないタブーってのは、

この世の中には、本当に数多く存在するわけですが、

最近、最もドデンしたのが、D夫人のブログです。

実際にかなり話題になっているようです。

 

私はつい先日、初めて知ったのですが、

超爆弾級というか、内容を見れば吹っ飛びます。

良くも悪くも、ここまで語っていることがすごい…。

 

何のことって!?

私の口からは間違っても言うことはできません。

すごい、夫人。

『視点を変える』。

今日はちょっとまじめな話をしようと思います。

物事って、それをマイナスと取るか、むしろそこからどうプラスに持っていくか、

これってものすごく重要なポイントであると考えておりまして、

最近のマイブームは、「マイナスからプラスへ」。

別に絶不調とか、うまくいってないではありません(笑)

 

はい、例えば敷地。

北道路よりは、南道路が好まれることが多い。

ということは、敷地に接する道路は南より北がマイナスになるということ。

 

でも、ちょっと待ったと考える。

敷地が東西に長ければ別ですが、

南道路は、南側に玄関がくるケースが多数。

この状態で南面一体をドーンとLDKプラスαにしようとすると、

建物が敷地に収まらないとか、建物の下坪がとんでもなく東西にというケースが。

 

一方北道路。

基本、水廻りが配置されることが多いですが、

玄関は同じく北側配置がほとんど。

ということは、南面一体をドーンとLDKプラスαが可能。

 

まあ、一概にすべてこうとは言えませんし、

家づくりって、敷地やまわりの立地環境でも変わります。

でも、こんなふうに視点を変えるだけで、家づくりって無限の可能性が広がります。

まあ、簡単に言えば、逆手に取ると言えばわかりやすいか。

 

これができるかできないか、ここが腕の見せ所。

はい、家づくりはここで差が出ると思っています。

発想や閃き、そして視点を変えること。

できないではない。

やれないではない。

マイナスは、どこまでもマイナスのままではない。

『冬到来』。

今日は心底冷える一日でしたね。

部分的にというか、地域的に、雪もけっこう降りました。

まあ本格的に積もるまではいきませんでしたが、

慌ててタイヤ交換という人も多かったのでは!?

 

この時期は、まだスタッドレスタイヤ装着率が低く、

突然の寒波で交通事故も多発します。

日の暮れも早いですしね。

何より、事故を起こさないように、もらわないように気をつけたいものです。

 

まあ、12月になればまた一時期緩むのですが、

それでも、冬はもうすぐそこに来ています。

となれば、そう、秋田の冬の使者、ハタハタだ!!

『どう感じるか』。

先日まで、連日マスコミに取り上げられていたブータン国王。

すでに帰国されてしまったのですが、

国会での演説が、ものすごく心に響いております。

 

どう感じるかはもちろん人それぞれでしょうが、

でも、やっぱり私は久しぶりに衝撃を受けました。

 

インターネットでも、演説全文が簡単に検索できますので

もし興味があれば見てもらいたい内容です。

悲しくなるような次元のニュースより、ずっといい。

 

はい、一度ブータンという国に行ってみたくなりました。

『プロジェクトその後』。

知っている人は知っている。

そう、待望の続報をお届け。

 

はい、そうです。

すでに動いているんですよ。

ついにというか、まあ何というか。

 

秋田市に待望の新展示場がオープン!!

来月予定で進んでおります。

気になる中身は、また後日ということで(笑)

『はいきた~』。

能代市のスポーツといえば野球とバスケ。

能代商業の活躍により、世間では圧倒的に野球話が語られますが、

ここまで、能代といえば「バスケ」であったわけです。

 

能代工業バスケ部が全国制覇から遠ざかり早数年。

能代のバスケ界は、あまりにも厳しすぎる向かい風でしたが、

そんな能代のバスケ界についに明るい話題が!!

 

bjリーグ、秋田ノーザンハピネッツがこのほど、

練習生であった能代市出身の石井秀生選手と本選手契約。

はい、きた~!!

 

石井選手といえば、というか能代の石井家といえば、

能代山本のバスケ界を牽引する名家であります。

教え子は果たしてどれだけいるのだろう、数多数すぎてわかりません…。

 

この石井選手の本選手契約は、本人やご家族はもとより、

能代のバスケ界、そして能代のバスケっ子にとっても大きな希望であり、

これは再び能代のバスケ界が復活する起爆剤になると思うのです。

 

この能代に生まれ、まあ途中で秋田を離れたわけですが、

大きく成長して、しかもプロ選手になる。

こんな素晴らしい夢物語、なかなかあるもんではない。

 

石井選手には、能代のために、そして秋田のために、チームのために、

とにかく頑張ってほしいですね。

 

時間があれば、本気でハピネッツ観戦に行きたいのですが、

まあ当分は無理ということで…。

密かに応援することにします(笑)

恭子先生、元気かな!?

『幸せの度合い』!?

そういえば先日、興味深い記事がありました。

「都道府県別幸福度ランキング」というものです。

生活・家族、労働・企業、安全・安心、医療・健康の4部門を10段階評価、

そこから総合点数を算出したものなんだそうです。

 

全国第1位は福井県。

全国第2位は富山県。

全国第3位は石川県。

日本海側の北陸が独占に上位ランクですって。

 

我が秋田県は、全国37位なんだそうです。

暗い話題が多い中、意外と上位!?

 

幸せの感じ方というか、幸せの度合いって人それぞれです。

小さな幸せでも十分喜べる人。

まったく幸せを感じることができない人。

同じ事をしても、人それぞれです。

 

幸せって、一言で語れないですが、

全国最下位が大阪府ってのは、多少ひっかかる。

幸せを感じられる能力って、ずば抜けている気がするんですけれどね…。

 

自分が今幸せか、そうでないか!?

私は今が一番幸せだ!!

『想いに応える』。

ありがたいことに、「家を建てるならサンワさん」。

今年も弊社をお選びくださるお客様の多さに、本当に感謝でいっぱいです。

こうしたお客様の期待に応えるべく、さらに邁進するのみ。

 

同じ家はない。

すべてがオンリーワンの家。

そう、だからこそすべてに全力で。

サンワ興建として、できることのすべてで応えたい。

 

これまで弊社で建てられたお客様。

これから弊社で建てられるお客様。

「サンワ」というブランドが、今以上に評価されるように。

「サンワさんで建てて、うらやましい」という声が、今以上に広がるように。

 

頑張ることは当たり前。

頑張ったところから、またどれだけ頑張れるか。

これが我々の仕事であり、期待されているところ。

そう、すべてはお客様のために。

『近道寄り道』!?

進む道が違うだけで、こうも変わるものか!?

近道がいいのか、寄り道がいいのか!?

何だかやっぱり考えさせられる話です。

 

ともに超高校級プレーヤーとして名を馳せた二人。

今でも甲子園での激闘は伝説になっていますよね。

 

片方は、まっすぐプロの世界へ。

一方は、大学進学へ。

共に、将来を考えた決断であったわけでしょうが、

ここまで差がつくとは一体誰が予想したでしょう。

 

もはやプロ野球を代表する貫禄さえ漂うスーパーエースと、

期待されたものの、思うような成績が残せない新人。

 

大学野球、野手はプロ入りしてすぐ活躍できる選手がいる一方、

特に投手の場合は、大卒で一気に活躍できる選手が少なくなっています。

 

大学進学が当たり前の風潮、球児にとっても進路は例外ではないんですよね。

非常に難しい選択なのでしょうが、個人的には高卒即プロが好きです。

何か、人生賭けてる感があって、俄然応援したくなる。

マー君、あっぱれです!!

あなたをどこまでも応援します(笑)

次は、そろそろ結婚か!?