資料請求

スタッフブログ

スタッフブログ の記事一覧

『蓄電池補助』。

さあ、次の時代のスタートなのか!?

震災などの自然災害を受けて、俄然注目を集める新しい家づくり。

「災害に強い」をキーワードに、家づくりでも新しい試みが始まっておりますが、

停電などの非常時に使用可能な蓄電池などがそうですね。

 

一般家庭や事業所向けに、一般社団法人環境共創イニシアチブが、

定置用リチウムイオン蓄電池の補助金制度をスタートしました。

これはもう、まだまだ先の話ではなくなっております。

 

ただし、まだまだ高額な蓄電池。

なかなか簡単には手を出せない価格です。

補助金も設置費用の1/3、最大100万円ですよ!!

 

興味のある方は、どうぞお問い合わせください。

『注目は』。

さあ、球春到来です。

高校野球地区大会が始まっております。

 

今年も能代商業が徹底マークされておりますが、

今年はさらなる戦国時代へ突入です。

 

そんな中、その能代商業が早々と敗戦とか。

エースが登板したらしいですが、何せ点数取れなければ負ける、

まさにそんな試合だったのではないでしょうか。

 

我が能代高校はロースコアながらまずは突破。

「春までは能代」というジレンマを、今年こそは払拭する年になるか。

 

明桜の注目ピッチャーが、140キロ出したとか何とか、

いろんな話題がインターネットでも飛び交っております。

冬の成果と、夏へ向けた熱い戦いが繰り広げられます。

 

おっと、一番注目したいのは何と言ってもこれです。

秋田県高野連のHPが熱い!!

地区大会から、試合終了結果速報が即時更新されているっ!!

 

これはすごい。

やればできる。

なぜ今までやらなかった!?

 

残念ながら地区大会の結果は、さきがけさんではやりません。

俄然、秋田県高野連に注目ですね。

 

個人的予想は、県北は鳳鳴と能代、

中央はちょっと難しいが明桜と秋商、しかし金農と中央の頑張りに期待、

県南は大曲工と横手城南の試合が見たいが、さっぱりわかりません。

 

プライドをかけたガチンコ対決、選手たちを応援しましょう。

ドラマが今年も生まれます。

『プロの仕事』。

しかし、やはりプロはプロ。

その道のスペシャリストにはかなわない。

いい仕事してもらって、感謝です。

そう言われることが、何よりです。

任される以上、何とかしますから。

それがプロの仕事です。

『トイレを斬る』。

毎日、何気なく当たり前に使っているわけですが、

なくてはならない、それがトイレですよね。

 

今では、一般の住宅でも上下階にトイレ、

これが当たり前になってきました。

 

日本では、どこのトイレもほぼ水洗、

伝統的な文化から、洋式和式があるのが日本の特徴ですが、

洋式ならウォシュレット機能はほぼ当たり前です。

これは日本ならでは、テルマエもびっくりですからね。

 

そんなトイレですが、さらなる進化を遂げております。

節水はもはや常識を逸脱するほどの水量ですし、

オート開閉はもう珍しくなくなりました。

使用時の音をカバーするメロディーとか、リフト機能やら、

脱臭機能やライト点灯、今や何でもありです。

暖房便座だって、瞬間暖房で節電仕様ですし、

何より、最新機種は事前予備洗浄なんてものも。

ウォシュレット機能も、上位機種はすんばらしいです。

あのまろやかさ柔らかさは、是非一度体験してもらいたい。

 

トイレについては、日本が間違いなくダントツに世界一だと思う。

 

個人的には、キッチンよりトイレにこだわるべき、

そう思います。

高いトイレには、納得させられる技術と心地良さがある。

いずれ、マジでトイレットペーパーがいらない時代も来るのでは!?

そんな予感と期待すら覚えます。

 

日本のトイレは最強です。

 

 

 

 

『好きな景色』。

早いところでは、水を張っている田んぼも出てきました。

この時期に見られるこの景色です。

 

青空に、まだ田植え前の水が張っている田んぼ。

ゆっくり立ち止まって見る機会はないのですがね。

田舎ならではの光景なんでしょうけれど、好きですね。

和みます。

あ、別にそんなに疲れてないし、病んでもないです。

『衝撃』。

「これは本当に日本なのか!?」と、

我が目を疑う光景でした。

 

昨日の関東を襲った竜巻、

よくアメリカでの光景を思い出しますが、

しかし、言葉になりません。

 

ほんの短時間に、一気にすべてを飲み込んでしまう。

もう、これはなす術ないです。

 

我が秋田県でも、緊急ニュース速報がありましたね。

風も強くなり、ちょっと心配であったのですが、

一戸建てがあとかたもなく、無くなるわけですから。

一つの地区が、壊滅するレベルですから。

 

現地ではライフラインが寸断、非常に困難な状態です。

 

しかし、こんな異常な気象現象といい、頻発する地震といい、

あとは火山の噴火くらいと言えるような、

自然の猛威は衝撃です。

 

心より、お見舞い申し上げるとともに、

竜巻の緊急予報も、精度が上がることを願ってやみません。

『偏見』。

個人的にゲームはまったくしませんので、

最新のゲーム事情にはついてけません。

しかし、家族みんなでできるゲームはありですね。

今更ながら、Wiiを初めて体験しました。

『プレーオフ』。

能代カップもありますが、

やはりこの話題に触れないわけにはいかない。

今日の試合、もったいない。

非常に悔しさしか残らない試合です。

勝つときに勝たないと。

勝てるときに勝たないと。

勝負の世界は厳しい!

『タイミング』。

日頃なかなかできないこととして、

家族サービスなるものがあります。

それからまた、まだ完全に揃えられていない、

我が家に必要なあれこれを購入するために、

秋田に行ってきました。

 

GWで雨ということもあり、どこに行ってもすごい人!!

8ヶ月の我が王子も連れての買い物は、なかなかの苦労の連続でありました。

 

しかし、まあ何と言いますか、

うまい具合にタイムセールというか、バーゲンというか、

世の中はうまくできているもんですね。

 

普段の値段から40パーセントオフなんてお店もあり、

ついついあれにもこれにも手が伸びる始末…。

我が王子は、夏用の帽子を被り超ご機嫌。

そんな顔をされたら買うしかない(笑)

 

新居に必要な細かなあれこれも、やっと揃いました。

別にいらないといえばいらないんでしょうけれど、

もう前々から狙いをつけてたくらい、こだわりがありましてね。

 

タイミングが大事、

これは家づくりでもそう。

 

1ヶ月違うだけで、新商品が発売とか、新色が出るとか、

マイナーチェンジで機能性アップとか、

そんなこともありえるんですよね。

 

先行きが読めない中、確実に上がる消費税。

これもタイミングを間違えれば、大変なことになります。

100万円の自己資金なんて、消費税アップで無残にも跡形もなくなります。

せっせとコツコツの努力が、考えただけで恐ろしい。

 

タイミングが本当に大事です。

 

『食洗機を斬る』。

家を建てる際に、何となく憧れで欲しくなる、

それが食洗機ですよね。

 

スタートボタンを押すだけで、洗浄から乾燥までしてくれる、

その上、使用水量は手洗いよりはるかに少ない、

最近は洗浄力も格段にアップしているということから、

世の奥様方の支持を得ているシロモノです。

 

しかし、これ本当に必要か!?

私の超個人的偏見なのか、

でも実際に取り付けたお客様にも聞いてみると、

「ずっと使っている」と、「数回使って、あとは使ってない」

ずっと使っている人の方が少数という結果です。

 

なぜこうなってしまうのか!?

 

原因として挙げられるのが、

まず、家族人数の少なさです。

核家族では、だいたい3~4人。

ということは、手際良い奥様なら、チャチャっと手洗いで十分なんです。

 

そして、意外と気になる、運転音。

「深夜電力で寝ている時に動かすと、結構気になる」

こういうお客様が多いんですよね。

 

それから、現在の奥様方が育った環境、これも大きく影響しているのでは。

自分のお母様方から受け継ぐ、洗い物のやり方、

まずは油汚れの少ないコップとか、野菜の皿とか、

それらを洗ってから最後に油汚れとか、

こういうのを、確実に母親から継承しているのが、

今の奥様方、貴重な昭和の伝統を受け継ぐ最後の世代です。

 

であるからこそ、一度予洗いこそすれども、

「油モノとそうでないモノを同じく一気に洗う」

この感覚がもしかしたら受け入れられないのでは。

これはちょっと飛躍しすぎている感もありますが(笑)

でも、何となく気になりません!?

私なんかそうですから。

 

いずれにせよ、あれば便利だけどなくてもさほど困らない、

これが食洗機の置かれている現状ではないでしょうか。

 

実際、我が家の食洗機は果たして何回動いただろうか…。

片手でおつり、あれ確か絶対いるって言ってたはずですけど…。

 

それが食洗機です。

いるかいらないかは、その家次第。

使う&こだわるなら、パワー除菌ミスト付きランクでしょう。

でも、うちみたいに使わないとまったくもって意味がない。

 

その金額で、タッチレス水栓とか別のオプション、

そっちの方が魅力的に思うのは、男性目線だからでしょうか。

 

奥様の負担を軽くする、食洗機。

その負担を手伝おうとして、洗い物を手伝っても、

やれ汚れが落ちてないとか、皿のすすぎが足りないとか、

水があちこちに飛んでいるとか、

かえって逆効果。

「では食洗機を」と思っても、使い方がわからん。

手伝いになりませ~ん。

 

結論。

奥様がいるといったらやる。

奥様がいらないといったらやらない。

それでいいと思います。