資料請求

スタッフブログ

スタッフブログ の記事一覧

『小林さんちの』。

昨今の核家族化や、若者文化の中で、

最もなくなったもしくはなくなりそうなのが、

漬物文化、秋田弁で言うがっこではないでしょうか?

子どもの頃は、当たり前に食卓にあったがっこ、

ええ、秋田県はがっこなしでは語れないです。

がっこは家庭の味、おふくろの味、いや婆さんの味です。

 

そんな我が家で、今最も高い支持を得ているのが、

「小林さんちの手造りがっこ(きゅうり漬)」です。

普段は漬物なんてまず食べない王子と姫も、

このきゅうりのがっこだけは、半端じゃなく食べます。

私は、もっと辛子のパンチが欲しいところですが、

これはこれでありな味です。

 

漬物は今や、買ってくる時代とも言われます。

何だか寂しいと思うのは、私だけでしょうか?

夏のきゅうりやなす漬け、冬のナタ漬けは別格、

個人的には、白菜漬けも捨てがたい。

その他、糠漬けや燻り系など、種類は様々ですが、

私は年に数回、自分用で漬物を作ります。

がっこは、守りたい子に伝えたい文化です。

 

 

 

 

『大仙某現場』。

昨年より進められておりました、

大仙市某現場もいよいよ完成、

最終竣工のドローン空撮を前に、

先日、急きょロケハンで行ってきました。

上空上限150mでは全景がおさまらない規模の、

圧倒的なスケールを誇ります。

ひとつひとつの建物が、長く大きいです。

畜舎建設も、弊社を代表する特徴の一つです。

東日本一帯をエリアに、展開しております。

現在も、山形、岩手、福島、宮城、栃木、茨城、千葉、

それぞれで、畜舎関連の仕事が進行中です。

来月早々、宮城と福島に行く予定あり。

もしかしたら、青森もか!?

『世紀の番狂わせ』!?

心の中では誰もが思い描いていた、

コロンビアに何点取られるんだろうという不安、

何とまあ、勝ってしまいましたから大変です。

セルジオ大先生は、相変わらず辛口でしたが、

久しぶりに、日本サッカー界に明るい話題となりました。

こんだけ勝てなかったのに、本番で勝つって、

やはり西野監督はそういう何かを持っている、

そう思わずにはいられませんでした。

11対10でも数的優位を感じなかったあたり、

このへんは、やはり世界との差が見えましたが、

いいんです、勝てば!!

さあ、次もですね。

『透明でもコーラ』。

最近一番気になっていた、

いわゆる透明なコーラ、

お客様よりいただきまして、

飲ませてもらうことができました。

(インターネットより コカ・コーラ クリア)

 

巷では、〇ツ矢サイダーに似てるとか、

いろんな意見がありますが、

私は、コカ・コーラゼロに近いと思います。

さらに爽やかにした感じが強いですが、

十分、コーラを感じることができます。

これ、あり。

でも、透明にする必要ってあるんでしょうか?

最近の、透明ブームは少し怖いです。

 

『勝負の世界の厳しさ』。

夜中に目が覚めてサッカーW杯を見てしまう私は、

おそらくまだ余裕があるのでしょうか?

しかし勝負の世界の厳しさを感じますね。

番狂わせと言われる決着であったり、

負けてはないが、痛恨のドローであったり、

その中で、しっかり結果を残すスーパースターがいたり、

私は、毎日それなりにW杯を楽しんでいます。

ええ、おそらく日本戦前までは…。

 

昨日まで行われた、中学総体いわゆる夏本番勝負、

それぞれの競技で、見事全県切符を勝ち取った学校、

前評判は高く、順当にいけばと言われながら敗退の学校、

ここにも、いろんなドラマがあったことでしょう。

今朝の新聞を見て、驚きもありましたが、

一番のビックリは、単独校での出場が厳しい学校の多いこと!!

これは、本当にまずいのではと思いました。

 

あ、九州では審判に見事なストレートパンチのバスケ選手、

これは勝負の世界とはいえ、NGです。

それより昨日の我が読売ジャイアンツの最終回は、

勝負の世界の厳しさと言うか、何と言うか…。

ガックリしました…が、

ロッテ平沢選手、順調に育っていましたね。

成田投手の今後にも期待したい!!

『道の駅ふたついその後2』。

ここ最近、毎日通るルートになっている、

道の駅ふたついの、6/16(土)現在の様子です。

駐車場の舗装が終わっています。

上空から見ると、駐車場のラインが、

まるで芸術のように、綺麗に配置されています。

これまた、すごい技術ですね。

ヘリポートのHマークもわかります。

道の駅入り口部分への舗装が終われば、完成か。

この日は、いよいよ最終竣工バージョンの、

ドローン空撮のためのロケハン確認だったんですが、

やはり、七座山と米代川をバックに、

アングルを決めた方が良いと感じました。

 

『祝4周年』。

今では堂々たる能代の一番手となった、

人気スイーツ店であります、

『sweets cafe Pomme』様ですが、

4周年、おめでとうございます。

急なお願いや、とんでもオーダーなど、

日頃より、私は公私ともども、

大変お世話になっているわけでして、

いつも素敵な作品を、ありがとうございます。

今後も益々のご発展をお祈りいたします。

『Uchi Cafe×GODIVA』。

たまたまローソンで見かけた、

「Uchi Cafe×GODIVA」が気になって、

妃殿下に購入したんです。

たまに、甘いモノが食べたい食べてるのを、

知っているからです。

写真を撮り忘れましたけれど、

インターネットに、同じモノが載っていました。

(インターネットより ローソンUchi Cafe×GODIVA)

GODIVAと言えば、チョコです。

ええ、毎年もらいますが何か!?

これもいわゆる高級スイーツ路線なんでしょうが、

これでお値段、450円です。

安いか高いかは、人それぞれ。

というか、コンビニに行く時点で、

安いは求めたらいけません。

味はですね、食べてないから知りませんが、

「う~ん!!」

だそうです。

私はこの日に、じゅんさいを食べさせてもらったので、

ちょうどナイスなギブアンドテイクとなりました。

別に合わせたわけではないのですが、

考えることは、一緒のようです。

 

世の男性やご主人たちはですね、

たまに奥様にこういうちょっとした気遣い、

するかしないかは、大きな違い!?

別にサプライズ好きでもないですし、

悪いことも、していませんが、

私は、案外してる方だと思います。

 

『じゅんさいLOVE』。

この時期、おとなり三種町が世界に誇る、

はい、じゅんさいですね。

子どもの頃は、そんなに意識はしませんでしたが、

まぁ当たり前のように、この時期は食卓に出てましたが、

じゅんさいもまた、大人になってからは特に、

今時期の6月になると、無性に体が欲するわけです。

「じゅんさい食べたいな」

私の何気ない一言を、我が妃殿下は聞き逃さず、

お店でゲットしてくれてたもんだから、

今年初じゅんさいを、堪能できました。

じゅんさいの食べ方は、地域差や家庭差がありますが、

今回は、付属のポン酢タレに自分で生姜チューブをプラス、

じゅんさい、最高ですね。

王子は、チャレンジすらしてくれませんでしたが。

 

そのままで良し、鍋で良し。

特選厳選モノとなると、高級食材となるじゅんさい。

私はこの時期、三種町がうらやましいと思うこともあります。

こういう伝家宝刀的な名産があるかないかは、

やはり、観光やらPRやら、強さが違います。

能代の場合は、今はやはりネギになるのでしょう。

じゅんさいとネギのコラボ商品、できないものか!?

 

 

『日本一安いドローン』!?

先日インターネットで記事を見かけましたが、

防衛省が入札を行ったドローンの金額が、

関係者を驚愕させているというものです。

警察や消防では、すでに導入が進んでいますが、

防衛省は、今回が初だったとか。

しかしそこは日本の国防の要です。

防衛省が活用するドローンであるからには、

求められるドローンの性能はですね、

いわゆる超プロユース仕様であり、

赤外線カメラに防風と防雨、そして自動帰還など、

このグレードであれば、最低100万円レベル、

いや、カメラ性能によってはもっとしますから。

それがですね、何ということでしょう、

今回の入札では、今回の入札ではですね、

5機でなんと、9018円だそうです。

つまり、1機あたり1800円ですよ!?

マ、マジですか!?

今回の一般競争入札に、日立製作所さんとNECさんの2社が参加、

日立製作所さんが、落札したようですが、

日立さんと言えば、あれ、確か経団連の会長さんで…。

防衛整備庁は、契約内容が履行されない恐れはなく、

公正な取引の秩序を乱す恐れもないと回答しているとか。

当事者の日立製作所さんは、取材に応じず、

ドローンの件はドロンを決め込んでいる。

インターネットでは、こんな感じで記載されていますが、

まったく、うまいこと言いますね。

これが公正な取引なのであれば、是非とも、

弊社にもこの金額で売ってもらいたいです。

今のところ、超ダントツで、

日本一安いドローンではないでしょうか!?