資料請求

スタッフブログ

スタッフブログ の記事一覧

『またもや大型級』。

日本全国が混乱状態となった、

台風24号だったのですが、

間髪入れずに、25号が発生、

またもや大型級ということで、

あちこちから、不安の声があります。

 

24号は、能代はほぼ被害がなかったのですが、

だからといって、今回もとは限りません。

というか、今回はちょっと嫌な感じ、

そんな気がしてならないのです。

またもや、週末の深夜から明け方にかけてか!?

安全面から考えれば、学校等の休校措置は、

私は、妥当だと思われますが、

それはそれで、困る家庭もあるとか。

しかし安全、命には代えられない。

台風の怖さを特に感じる年ですね。

もう終わりにしてもらいたいです。

『最速152キロ』。

福井国体硬式野球の話ですが、

金足農業吉田投手が、また話題に。

静岡常葉菊川相手に、5回11奪三振、

最速152キロを記録するなど、

その活躍、凄まじいですね。

 

少し伸びた髪がまた、お茶目でした。

リフレッシュしたんでしょうね。

いくらか体も休めたとはいえ、

この時期このタイミングで152キロです、

国体は残念ながら、途中終了ですので、

これが最後の公式戦となってしまったわけですが、

鮮烈な、強烈なインパクトを残し、

さあ、去就が注目されます。

プロ宣言でドラフト、いきましょう!

『あと1年』。

気づけば10月に突入です。

今日からタバコが値上げしていたのを、

コンビニのレジで気づくような状況ですが、

さて10月ということで、あと1年となりました。

 

はい、消費税増税まであと1年。

日本政府は本当にやるのでしょうか?

これまでも、景気の上向きが条件とか、

消費税増税には、本当に振り回されましたが、

予定通り引き上げていく考えであると、

現在の強硬姿勢が、どうなるのか。

 

軽減税率導入など、わかりにくい内容で、

本当にこの増税は、何のためなのか、

そういう声も多く聞かれますが、

今のところ、この軽減税率対策を、

真剣に行っている企業や業界は、

本当にあるのでしょうか?

 

経済的な視点で考えれば、

政府の赤字状態は好ましくはない。

いつまでも続けるわけにはいかない、

それは百歩譲って、わかります。

収支のバランスがアンバランスであれば、

歳入(売上)を上げるか、

歳出(支出)を下げるしかないわけで、

これは、政府でも企業でも、家庭でも同じ。

 

消費税増税がここまで叩かれるのは、

いわゆる歳出(支出)を下げるという、

行政や政治がまずは身を削る的な、

そこがないために、国民の理解を得られない、

この部分は、どうも核心は置いていかれ、

増税でまたもや国民負担にのみ的な、

そう見えてしまうところ。

 

上げるのかどうか。

私は、この政府は上げる、

そう見ています。

ですので、あと1年。

家づくりも、増税まであと1年。

そういう期限が決められるのは、

本来、望ましいことではない、

これだけは、間違いない。

 

 

『台風24号について』。

非常に強い勢力の台風24号、

明日未明から午前中にかけてがピークか、

不安な夜を過ごされる方も多いでしょうが、

被害が最小限でおさまればと願います。

 

万が一、被害や事故がございましたら、

すぐにご連絡をいただければと思います。

万が一、停電が起こっても、どうぞ慌てずに、

ご不明な点なども、どうぞお問い合わせください。

 

明日は、状況を見ながら新築現場等の巡視、

これがメインとなりますが、

緊急の際は、できるだけ駆けつけます。

25号も連続!?

ちょっと嫌な感じですね。

『平屋でいい』!?

家づくりの中で、よく勘違いされること、

「二人暮らしだし、平屋でいい」

こういう話をするお客様がいらっしゃいます。

サイズはコンパクト、二階は使わない、

最低限の部屋数と間取りで十分暮らせるから、

おそらく、こういう発想からなのでしょうが、

平屋に対する間違ったとらえ方をするお客様が、

悲しいことに、あまりにも多いので、

今日は真剣に平屋を少々語ります。

 

二階建てと平屋建て、パッと見ると、

二階建ての方が家として大きく、

結果、コストがかかりそうですが、

同じ大きさならば、平屋の方が高いのです。

同じ大きさであればですからね。

 

例えば、家のサイズを40坪で考えてみましょう。

40坪で二階建てであれば、

総二階なら、1階20坪2階20坪、

合計の40坪ですよね。

40坪で平屋建てであれば、

1階だけで40坪ですよね。

20坪の1階の家と、40坪の1階の家。

リビングが広いのは、贅沢なのは?

 

1階ベースで比較するとわかりやすい。

同じ坪数であれば、2階建てより平屋建てが、

基礎が倍、屋根も倍、構造や表面積の増加など、

結果、圧倒的に平屋建ての方が高くなるのです。

 

30坪超クラスの二階建てと、25坪弱クラスの平屋が、

コスト的には、おそらく同じくらいでしょうか。

「平屋でいい」ではなく、「平屋がいい」でなければ、

簡単には、誰でも建てられる家ではない、

コストだけで考えても、そうなる、

それが平屋なのです。

 

敷地や周辺環境の問題もあり、

平屋は、二階建てよりテクニックや技術、

そして大きくセンスと経験が問われます。

老後の生活を考えたゾーニングであったり、

明るさや採風の問題であったりと、

考えることは、いろいろです。

例えコンパクトではあっても、

そこには何よりゆとりがなければ、

暮らしや先を考えなければ、

はい、平屋は特に難しいのです。

 

平屋は、高級路線シリーズなのです。

だから、若い世代ではまずいないのです。

「平屋に憧れる」人が多いのは、

それは、ダイナミックな空間構成だったり、

同じ大きさであれば、二階建てより平屋が、

コストがかかることを知っているからなのです。

間違っても、平屋でいいとは思わないでください。

平屋の方が安い、そういうことはありませんので。

『鷹巣ZEH完成内覧会』。

明日あさっての二日間、

北秋田市脇神字高村岱にて、

鷹巣中央小学校手前です、

鷹巣ZEH完成内覧会のお知らせです。

弊社ネクストワンシリーズの超高性能住宅、

UA値は、0.26です。

どうぞご来場ください。

sanwa180929-1.pdf

 

『終わってみれば完勝』。

プロ野球セリーグ3連覇を果たした広島、

終わってみれば完勝といったところでしょうか。

それでも、監督からすれば誤算続きで、

今年は大変な年であったとは思いますが、

堂々の3連覇です、黄金期突入か!?

 

というより、我が読売ジャイアンツをはじめ、

他の5球団が、まったく手も出ない…。

甲子園は観ましたが、プロ野球なんてですね、

夏ごろから観てませんし。

 

さぁ、我が読売ジャイアンツの再興は、

岡本選手に次ぐ、若手の成長と台頭です。

当然、新戦力に期待です。

やはり、金足農業吉田投手しかない!!

国体後に、すぐプロ入り表明してもらい、

マジで、ジャイアンツに入ってもらいたい。

こんなに危機的な我が読売ジャイアンツは、

正直記憶にないです。

救世主が、救世主が必要です。

 

『平成の終わりに』。

来年の話をするとなんちょらですが、

それでも、来年5月から、平成が変わります。

ということは、はい今年が平成のラストイヤー、

平成の終わりって、知ってました!?

 

基本、新元号の頭文字はですね、

M・T・S・Hは外れるとか。

はい、明治大正昭和平成ですからね。

「JYKANHKMAEMTSH」

これまでの元号、中学生は暗記対象でしたが、

新元号は、Aあたりが有力視されているとか。

過去に2回登場していますが、

「安〇」説が、一部で人気があるとか。

 

しかし、何せ実際は年度途中ですから、

世の中が大混乱することだけは、間違いないです。

カレンダーや手帳関係、帳簿だって何だって、

また購入!?それとも手書き!?

 

日常生活では、西暦も元号もどちらも使います。

日本とは、そういう国なんですよね。

東京オリンピックは、2020年と表記したり、

でも、平成で見た方がわかりやすいモノもある。

昭和から平成へ、そして新元号へ。

平成生まれは、もはや珍しくもないわけで、

新元号生まれのお客様が家を建てる、

もう20数年後には、そうなる。

その時、私は生きているんだろうか(笑)

 

『続々と』。

ここ1ヶ月で、続々と土地決定、

着工に向けたお客様の動きがあります。

本当にありがたいことですね。

我々をご指名くださるお客様のマイホーム、

その大きな夢の実現に向け、

ともに精一杯がんばりましょう。

 

『あてにならない』!?

最近の天気予報ですが、

どうもあてにならないです。

当たるんだけど、当たらない!?

予定が大幅に狂いますね。

これからの時期は、稲刈り等、

能代山本が、忙しくなる秋ですね。

私は稲刈り参戦はしないですが。

ちなみにですが、秋晴れの日が、

季節では一番好きです。