資料請求

スタッフブログ

スタッフブログ の記事一覧

『着々と』。

今年度着工案件が、着々と進んでおります。

3月からの第一発目組のお客様は、

そろそろ完成お引き渡しの時期となります。

現在、能代本社と秋田店含め、

10現場が同時進行中です。

来月もまた、2現場がスタートします。

その後も、順次着工予定です。

ありがたいことです、心から感謝申し上げます。

新たなお客様との出会いも、次々と。

我々をご指名くださる大切なお客様の家づくり、

責任を持って、進めさせていただきます。

どうぞご用命ください。

『秋田犬バブル』!?

ザギトワ選手の影響もあり、

今世の中で秋田犬ブームが起こり、

我が秋田県が、秋田犬バブルとか。

ネットニュースになっているのを見ましたが、

バブルにならないよりは、なった方がいい。

ぬいぐるみなんて、バカ売れらしいですよね。

現在、国内で登録されている秋田犬2700頭のうち、

秋田県内には、わずか150頭ほどだといいます。

本来、秋田犬は飼い主側の負担が大きく、

飼い犬として敬遠されたという悲しい歴史がありますが、

皮肉なことに、海外から火がついた再秋田犬ブーム、

まあ、インバウンドへとつながるのなら、

何でもやりましょうという今の風潮ですが、

せめて、県内登録数は増やさないとかっこ悪い。

発祥の地大館市はもちろん、秋田県もですが、

今秋田市が強烈にPRしているとか、

抜け目なし、秋田市!?

さて能代で秋田犬、何頭いるんでしょうね。

『王道の中華そば』。

私の中で、中華そばというのは、

いわゆる昭和の古き良き時代を思い出す味、

懐かしい記憶が強烈に残っています。

ドライブインや、スキー場、海の家や車販売ラーメンなど、

我々が小さい頃は、ラーメン=中華そば、

これが定説であり、王道だったものです。

大きくなり、様々なラーメンを食べるようになり、

一番食べなくなったのが、中華そばですが、

このほどの片道4時間半の地域周辺では、

いわゆる中華そば系が有名なエリアでしたので、

ちょうど、目的地までの途中でもありましたから、

食べログ頼りに、とあるお店に出向きました。

 

評判通り、すごく行列。

らーめんを愛する人の熱気がすごい。

間違いないと、確信。

 

普段並ぶのが大嫌いな私が並びました。

数分待って入店し、カウンターに着席、

オーダーは中華そばの大盛り。

はい、ドン。

このフォルムでお店が特定できる人は、

秋田にはいるのでしょうか!?

いたら、かなりの通でしょうね。

最初っから、こしょうをかけてくるスタイルが、

私には新鮮でした。

 

非常に構成がシンプルであるがゆえに、

ラーメンの差が出にくいというのが、中華そば。

マメさが求められ、ごまかしがきかないのが中華そば。

 

私はラーメンの中で、中華そばは専門外ですので、

何を基準に優劣がつくのかわからないですが、

この地域の中華そばは、麺が特徴的。

柔らかいと評する人もいますけれど、

私は別に、気になりません。

ここまであっさりは、むしろ気持ちも洗われますので、

私には、ゼロカロリー。

いわゆる王道の中華そばを昼に食べたのは、

いつ以来なんでしょうか?

我が王子が大好きな味だと思います。

 

どこのお店かって!?

わかりづらいかもしれませんが、

一応、2回ほど記載しましたので。

 

『東京品達再訪』。

「このあいだの東京、ラーメンは?」

はい、もちろん行かないわけがありません。

何とか調整して、品達さんへ行ってきました。

え、遊びありじゃないかですって!?

いえいえ、だって研修先宿泊先のマジ目の前ですもん。

別に途中下車したわけでもないですし。

この日も、日本全国から来たであろう来訪者が多かった。

私は品達さんでは、なんつッ亭さん、つけめんTETSUさん、

そして金澤濃厚豚骨ラーメン神仙さんが体験済みです。

今回は、どこにしようか迷ったんですが、

初チャレンジしようと、歩いている時は思い、

せたが屋さんか麺屋翔さん狙いであったのですが、

しかし両方とも激混みの様相、

私に与えられた時間はわずか20分弱、

今回はつけめんは無し、そして辛いのは無理ということで、

前回同様、結果的に神仙さんが当選となりました。

ここのラーメンは、もっと評価されてよい、

まわりがあまりにもビックネームですので、

品達さんの中では、比較的入りやすいですが、

個人的にはすごく好きな一杯です。

今回は、豚骨味噌にしようと思ったのですが、

最近、豚骨味噌系をほとんど食べていないせいもあり、

オーダーは、前回同様の豪華濃厚豚骨らーめんの大盛り。

はい、ドン。

濃厚ド豚骨醤油系の極み、ここにあり。

とろみと旨みがすごいです。

細麺が、ガッツリ吸い込む絡まるラーメンです。

濃厚だけど、くどくない。

非常に手間暇のかかっている一杯です。

さすが東京価格です、1000円を軽く超えますが、

是非とも一度食べてもらいたいお店ですね。

 

これは昼の部であり、マジで夜の部も計画してたんですが、

研修後の全体懇親会も途中退席、

ホテル部屋に戻り、缶詰め仕事モードで一歩も出ず、

まさかの夜の部、結果断念という、

悲しい東京の夜となりましたとさ…。

 

 

 

『片道4時間半の旅』。

朝7時28分に車のエンジンをかけ出発、

お昼の12時になってもまだ着かないところまで、

ちょっと現地視察に出かけてきました。

我々の仲間である会社さんの家を、

無理を言って見学させてもらいましたが、

心から感動です、すごく良い!

(ドローンで斜め角度 外観)

おさめ、仕上げ、バランス、完璧です。

私の目指すべき方向性が、すべてここにありました。

片道4時間半は、さすがに心折れそうになりましたが、

頭の中を整理するには、今後の構想をまとめるには、

逆にちょうどいい時間だったかもしれません。

やはり良い家を見るのは、ワクワクしますね。

社長さんと専務さんには、感謝でいっぱいです。

ありがとうございました。

『救えたはずの命』。

東京の目黒区で起きた、両親による虐待、

わずか5歳の、幼い尊い命が犠牲となりました。

生前に手書きでノートに書いたメッセージ、

私は悲しさ以上に、怒りがこみ上げました。

確かに、子育ては一筋縄ではいきません。

子どもがなかなか言うことをきかない、

思った通りにはならないことが多い。

子を持つ親であれば、その苦労は理解できる。

しかし、だからといって、

やっていいことと悪いことはある。

子どもができないことは、親の責任です。

悪いのは、子どもではない。

子どもは、親こそがすべて。

どんなに怒られても、どんなに責められても、

子どもにとって、親とは絶対的な存在であり、

最後の砦なのです。

この子は、どれだけ苦しかったでしょうか。

この子は、どれだけ痛かったでしょうか。

この子は、どれだけ悲しかったでしょうか。

香川から東京へ。

その情報は伝達されていた中、

家族の拒否により、救えたはずの命が失われた。

こういう事件は、本当に悲しすぎる。

行政による強制執行は、虐待の場合は、

問答無用に認められるべきです。

行政で無理なら、警察との連携。

待っていては、遅い。

子どもは、世の宝です。

何よりも、優先されるべき。

 

『東京での決意』。

ちょっと東京まで行ってきました。

もちろん、バリバリ仕事です。

遊びは、まったくなし。

しかし、世の中は広いです。

私が目指すべき道の、その先をすでに行っている会社さん、

大きな刺激と、大きなヒントをいただきました。

平成30年度から、そして5年後目指す姿が、

より鮮明に、より明確にイメージできました。

全国の仲間たちとも、いろんな情報交換ができましたし、

今会いたい人とも、会うことができました。

時間に余裕があれば、行きたいところもあったんですが、

まぁそれは、次回以降ということで。

 

しかし東京というのは、行くのはいいけれど、

住むべき場所とは、まったく思えません。

便利さは確かにありますが、私には合わない。

あれだけの人、モノ、コト。

ここがすべてのスタンダードなんて、

私はどうも理解できませんが、

東京のインバウンドは、完全に圧勝です。

しかし東京では、人の存在意義なんて、

本当にちっぽけに感じるのは、

私だけなんでしょうかね?

あ、コンビニのレジが全員外国人さんでしたが、

日本語めっちゃ上手!!

彼らには、この日本という国がどう映っているんでしょうかね。

 

泊まったホテルのシャワーがグローエでしたが、

ゆっくり堪能する時間もなく、後にしました。

久しぶりに、テレビのリモコンで全チャンネル、

東京で何が良いって、私にはこれだけかも(爆)

 

『1/50サイズの感動2』。

先日の某プロジェクトの建築模型の続きですが、

完成イメージが、いよいよ見えてきました。

(モノトーンで斜め角度)

(南側正面角度)

ダイナミックな大屋根は、弊社では珍しいかも。

内部空間は、これをうまく活かします。

表しの柱が少し曲がっているのは、ご愛嬌(笑)

玄関までのアプローチも、この家のポイントです。

圧倒的な存在感の家。

能代市内に、夏から着工決定です。

完成内覧会も、やりますので。

 

『移動距離』。

5月の末より、能代にいないことが多いです。

秋田でも、県南の大仙、県北の大館市や北秋田市、

先日の青森に、明日より東京2日間、

来週は仙台経由の古川か!?

総移動距離はどのくらいになるのでしょう!?

ちなみに、私なんて弊社の中で見れば、

まだまだ赤ちゃんレベルでかわいいほうです。

弊社では、東北のみならず関東近郊静岡あたりまで、

ありがたいことに、多くの仕事をいただいております。

移動中の事故には、十分注意しておりますが、

片道2時間なんてのは、移動のうちに入りません(笑)

 

『ねぶたFP取扱超注意』。

ちょっと青森に行ってきたと書きましたが、

姉さん、事件が起きました。

しかも、超大事件勃発です。

私は仕事柄、あちこち出張が実に多いので、

もはや、その都度お土産を買うということは、

今ではほとんどないですが、

今回は、津軽SAで時間が多少あったので、

「ねぶたフェイスパック2組」、

妃殿下様への日頃の感謝という、

ごく軽い気持ちで、何気なく買ったんです。

(インターネットより ねぶたフェイスパック)

 

装着すると、こんな感じになります。

(王子による ねぶたフェイスパック 赤 実物装着)

 

マジで、プチリアル鬼の完成です(笑)

これ、節分には最強のアイテムになりますが、

小学生以下の小さなお子様がいるご家庭では、

子どもが、大パニックになります。

恐ろしいほどの、ギャン泣きです。

まさか、ここまでなるとは…。

妃殿下に買ったのに、王子のおもちゃとなりました。

王子は、すごく喜んでました!

ちなみに、白は当分禁止令が出ました。

破壊力、ハンパないです。

 

一応探してみましたが、見つからない。

秋田でも、なまはげフェイスパックってやればいいのに。

観光地でフェイスパックがお土産は、ある意味もう常識です。

秋田美人効果(効能!?)をうまくフェイスパックに盛り込んで、

実現できれば、結構反響あると思うんですが。

節分に良し、奥様に良し、子どもウケ良し。

パーティーやイベント等のネタにもなります。

かなり売れると思うんですが。

こういうアイディアに、著作権って発生するんでしょうか?

いつまでも、秋田犬ブームに頼りっきりではいけません。

あ、秋田犬フェイスパックだって売れると思います。

どちらも、能代に所縁がないのが痛い…。

フェイスパック会社を興そうか!?