資料請求

スタッフブログ

スタッフブログ の記事一覧

『道の駅ふたつい8』。

夢のお告げで、道の駅に行って来いという声、

はい、行ってきました。

(9月8日現在 道の駅ふたつい進捗状況)

夢のお告げは、これでした。

はい、地組ドン。

なんということでしょう。

この曲線美のアーチは、もはや職人芸の極み。

いや、わかる人ならば、職人泣かせとでも言うべきか、

円形トラスが組み上がっています。

この画像からもわかるように、

4つあるうちの、まだ1つですが、

これが、こうなって、ああなって、

所定の位置に架けられるのが、

実に、楽しみですね。

今月は、数回にわたりお届けする予定です。

どうぞお楽しみに。

『初登板』。

プロ野球ロッテの成田投手、

ついに、一軍デビュー、

ようやく、この日が来ましたね。

内容は、まあ本人も納得ではないでしょうが、

強者中の強者のプロの世界、

まずは中継ぎということでしょうが、

先発する姿も、早く見たいですね。

秋田からプロ野球。

高校球児の憧れになった成田投手、

今後の活躍に期待です。

『居食屋七菜さん2』。

前回の訪問より、ずいぶんご無沙汰でした。

私のまわりでも、さらに認知度が上がっている、

もはや説明いらずの、居食屋七菜さんです。

今日は、若い子連れ女性グループもいたり、

近場の公官庁その他勤務の皆さん、

ガテン系のガッツリを求めるグループ、

本当に、いろんなお客様に愛されているお店です。

私は今のことろ、いつも単独入店ですが、

今日は、奇跡的に待ち時間ゼロのラッキーデー。

本日のオーダーは、チキン南蛮定食。

だって、鶏肉好きですもん。

はい、こちら。

もう、たまりませんね。

完璧ですね。

チキン南蛮を完璧に作れる人ってのは、

なかなか、いないもんですよね。

料理のレベルがわかる、それがチキン南蛮です。

さあ、未経験の人は、人生損してます。

早く、行きましょう。

オーナー様、いつもアポなし突撃で、

本当に、ごめんなさいね(笑)

 

『不法侵入』!?

能代市民のマナーで、ちょっと気になるのは、

人の家の敷地に、車で平気で侵入する、

そういう姿が、少なからず見られることです。

実は、我が家も道路前に駐車スペース、

間口は15m超ほどあります。

これは、結構な広さなんでしょうね、

我が家の停まっている車以外にも、

まだ余裕は十分ありますので、

たまにですね、我が家の敷地で転回、

マジで図太く入ってくる車、

これは、1回2回ではありません。

人の敷地に不法侵入してまで、

転回しなければならない理由ってのは、

よっぽどのことなんだろうと、

別に過度に責めるつもりはありませんが、

我が家の前の道路は、そんなに狭い道路でもないですし、

ちょっと行けば、Uターンできる道もある、

宅急便とか、郵便屋さんではない、

犯人は、間違いなく一般ピーポーですからね。

能代市民の不思議の一つです。

まあ、ごく一部の人だけでしょうが。

『ロマンチックなエピソード』。

ここ数年で、最も素晴らしい、

まさにロマンチックなエピソード、

眞子様と、小室圭さんの、婚約内定会見、

実に良かった、本当に良かったです。

「夜空にきれいな月を見つけ、思わず電話」

「その後もきれいな月を見つけると」

う~ん、実に雅すぎる!!

古来より、日本人が大切にしてきた、

美しいものを見て、美しいと思う心、

そして、それを大切な人に伝え、

その感動を二人で分かち合うということ、

平安時代の物語っぽいです。

このお二人は、本当に素敵ですね。

私も、夜空にきれいな月を見つけたら、

我が妃殿下に話そうと思います。

「え、急に何よ」

そんなこと言われても、気にしない。

しかし、このロマンチックなエピソードが、

とっても好意的に受け止められた日本、

まだまだ捨てたもんじゃないなと、思いました。

今年の流行語大賞は、決まりではないでしょうか。

『計画(案)公表』。

(仮称)イオン能代ショッピングセンター計画、

その(案)がついに能代市役所HPで公表、

全体構想について、一般ピーポーでも、

ようやく見られるようになりましたね。

今でも、いち早く説明会を開くべきだとか、

市長には、丁寧な説明が求められるとか、

外野があれこれ言うのは、正直ウンザリ、

そう思うのは、私だけではありませんでした。

「ごく一部の、イオンが来ると困る人々」

「何かにつけて、市長に言いたい人々」

夜の柳町談では、そう語られているようで。

ちなみに、私のまわりでイオンが来ると困る、

そういう人は、100パーセントでいませんが。

さあ、(案)を見ましたけれど、

規模は小さくなったとはいえ、

能代にも近場にも、これまでにはなかったモール型、

ゾーニング図面に、私はお世辞抜きにワクワクしました。

まあ、とはいってもイオン系の店舗ですので、

奇抜なオリジナル色が強い建物にはならないでしょうが、

地域と共に、地域に愛される、共存型を目指すという姿勢、

そんなコンセプトが、本当に伝わります。

こうしたイオン側の誠意ある想いと配慮に、

今でも背を向けているのは、失礼極まりない、

わずか一部の人間の意見が、能代の総意ではない。

何もない能代とずっと言われて、

何もない能代と若者が出て行って、

何もない能代と高齢化や少子化が止まらなくて、

五城目や御所野は、能代市民がワンサカで、

いわゆる影響予測も、ざっと見ましたけれど、

共存共生の可能性を、彼らはなぜ見出そうとしないのか、

まあ、物事に賛成反対、賛否はつきもの。

どうぞ皆さんも、この(案)をご覧あれ。

すごく、よくできていると思います。

『悪なる風潮』!?

いわゆる結婚というものは、

本来喜ばしいものであるのですが、

芸能界の、しかもそれなりのファン層がいる、

有名どころ同士の電撃婚となれば、

悲鳴にも近い、いやむしろ歓迎されない、

そんな風潮になることが、不思議です。

まあ、CMやドラマ、映画など、

それまでに責任が伴う仕事をしていれば、

結婚でマイナスになるってのは、

単なる、当事者のファン離れしかないのでは、

いや、集客という観点で見れば、

これは製作者サイドには痛いところでしょうが、

最近では、「〇〇ロス」なる現象も、

それは当然のように、報道されるわけで、

別に、悪いことではないはずなのに、

CMに出ている芸能人は、いろいろ大変ですね。

結婚が、悪なる風潮になることだけは、

そういう世の中には、なってもらいたくない、

有名人だって、恋や結婚はするのです。

儚い甘い理想や夢は、結局それまでしかない。

人の幸せを、自分のことのように祝える、

日本は、昔はそうであったと思うのですが…。

『祝出場決定』。

日本にとって、久しぶりに明るい話題、

サッカー日本代表が、W杯出場をかけ、

なかなか勝てなかったオーストラリアとの一番、

見事に勝利で、W杯出場を決めました。

戦前の予想通り、スタメンを一気に変更、

若手や勢いに乗る選手を送り込んだ戦術、

個人的には、戦術的中であったと思います。

たまに危ないという場面もありましたけれど、

支配率の割には、日本が優位であった感じです。

シュート数の違いが、その結果ではないでしょうか。

しかし、どの世界にも世代交代はあります。

というか、世代交代なくして、下からの底上げなくして、

物事の活性化や発展はないのです。

過去の経験や、ネームバリューはもちろん重要ですが、

現在のコンディション等の問題、何より勢いってのは、

それより、さらに重要ですよね。

日本サッカーは、ここからどう発展していくか。

勝利の余韻、そしてさあ、次へ。

 

『新三種の神器』!?

新三種の神器なるモノがあるそうです。

「ロボット掃除機」

「全自動洗濯乾燥機」

「食洗機」

これなんだとか。

う~ん、まさに現代ですね。

いわゆる、時短家電という類の商品、

これが人気ということなのでしょうが、

個人的には、納得できない感じです。

ロボット掃除機なんかは、時短ではなく、

完全に、第三者なるロボにやらせるわけで、

これは、時短ではない。

全自動洗濯乾燥機は、洗濯を干さない、

洗濯機から出して、そのままたたみ込み、

梅雨時期はいいでしょうが、毎日!?

それって、便利なのか、ズボラなのか…。

食洗機、もはや我が家では電源が入ることはない、

システムキッチンで、食洗機を使わない、

非常にスペースが、無駄です。

確か、設置理由がですね、

「高温洗浄で乾燥まで、赤ちゃんのモノにはGOOD]

これであったはずですが、

そういう使い方を、見たことがありません。

だって、今は何か専用のヤツに漬け置きですよね。

だから、あれだけ言ったんです。

「どうせ最初の数回、あとは絶対使わなくなる」

ほれ見たことかなんて、本人には言いませんが。

まあ、いつか誰かが使う日が来るか、

私は、使う気本気ゼロです。

というか、私皿洗いってのは、まったく苦にならなくて、

これを食洗機に頼るという感覚が、正直…。

人によりますけれど、

個人的に思う、私の新三種の神器は、

「コードレス掃除機」

「オーブンレンジ」

「ウォーターサーバー」

これではないかと、思います。

『Jアラート発動』。

昨日のJアラート速報発動、

ビックリして起きた人もいるのでは。

すぐにテレビをつけましたが、

国民の多くは、よくわからないまま、

ただただ不安と恐怖の中、続報を待ち、

何も対策やすることも、正直ありませんでした。

ミサイル通過の位置の精度、

実際より、かなり広範囲にわたりましたが、

安全を期したとしても、こんなものなんでしょうか?

しかし、国土上空を通過するミサイルですから、

完全に、日本はなめられていると言ってもいい。

Jアラートは、地震や様々な緊急事態で、

国民に向け知らされるようですが、

あまり、これが鳴ることがないでほしい、

本当に、そう思います。