資料請求

スタッフブログ

スタッフブログ の記事一覧

『新年度スタート』。

昨日から新年度スタートとは言っても、

日曜日でしたから、本格的には今日から、

そういうところが多いのではないでしょうか?

新年度ということで、いろいろ変わることもあります。

国交省のドローンに関するページも、

ドローン情報基盤システム(DIPS)が運用開始、

これもまさに、新年度という感じです。

弊社のドローン飛行における許可承認も、

新年度バージョンとなります。

(DIPSより H30弊社ドローン飛行許可承認番号と内容)

 

さあ、新年度も様々なチャレンジを行ってまいります。

ドローンの可能性を、さらに広める一年にしたいです。

 

『珍商品発売のお知らせ』。

弊社では、かねてよりカプセルコーポレーションと、

珍商品の開発を進めてまいりましたが、

〇×年後、持ち運べる家を発売する運びとなりましたことを、

本日ここに発表させていただきます。

(インターネットより ホイポイカプセル イメージ)

商品概要 「ホイポイカプセルの家」

金額  38万ゼニーから

商品イメージは以下のようになります。

(ドラゴンボール本巻より)

なお、本内容はエイプリルフール広告であり、

詳細については一切お答えできません。

ご不明な点は、どうぞドラゴンボールをお読みください。

ご理解くださいますようよろしくお願い申し上げます。

株式会社サンワ興建 エイプリルフール担当

 

『穏やかな春』。

今のところ、すごく穏やかな春で、

この春先着工案件が、順調に推移、

新モデルハウスも順調ですし、

建て方の現場も、予定通り、

基礎工事も、ただいま2現場進行中、

4月に入れば、さらに4現場スタート、

毎週地鎮祭が執り行われています。

多くのお客様のマイホームのご計画、

全力で取り組んでまいります。

この先も、多くのお客様よりご依頼の案件もあります。

こちらもまた、全力でご提案いたします。

新年度もどうぞよろしくお願いいたします。

 

『大人のプレミアムハンバーグ』。

本当にラーメンしか食べないのですか!?

いえ、そんなことはないです。

基本、昼はできれば積極的に米を食べたい派です。

(ラーメン発作が出なければ)

ということで、今日は米を食べようということで、

東能代のミートファクトリーさんに初入店。

今さらで、本当にすみません的な感じですが。

基本、ステーキもハンバーグもですね、

あまり好んで食べるタイプではないのですが、

この日は、なぜかそういう気分でありました。

オーダーは、大人のプレミアムハンバーグステーキ。

ソースは②を選択しました。

はい、ドン。

インスタと言われるモノはやりませんが、

なんとなくそれっぽくパチリ。

すごくふっくらとしたハンバーグ。

しっかりとした仕事が、伝わります。

レアさ加減が、また柔らかさを倍増させます。

個人的には、西洋わさび醤油が一番好きでしたね。

次は、是非ステーキも食べたいです。

唯一挙げるとすると、駐車場の問題でしょうか。

運転下手くそな人は、抵抗あるでしょうね。

 

 

 

『政治の世界のことは』!?

まあ予想はできていたんですが、

ここまで真相が明らかにならない煮え切らない、

証人喚問とやらは、まったく意味のないもの、

追求しても結局攻めきれない野党と、

刑事訴追の恐れありと、ヒラリと拒否する証人、

証人を援護射撃するかのような与党、

それを悠々と見物する内閣閣僚、

政治の世界のことはよくわかりませんが、

国民の多くは、とっくに気づいている。

しかし、黒は時間の経過とともにグレーになり、

最終的に闇に葬られ、合法的にホワイトみたいに、

最終的に逃げ切れるのならば、大変です。

地検特捜部が動いているとか何とか、

そんなのも、これがまかり通るのですから、

政治が最終的には飲み込んでしまうでしょう。

非常に、危うい。

森友よりTPP!?

それは、違います。

国外ももちろん大事ですが、

国内をまずはしっかりやりましょうよ。

ここまでの費やした時間と歳費は、

正直、返上するべきでは!?

そんな声が、一番正しいというのは寂しい限りです。

『曙食堂さん』。

おそらく私の記憶が確かならば、

20年ぶりくらいでしょうか?

能代市二ツ井町で今でも熱狂的なファンを持つ、

曙食堂さんに行ってきました。

馬肉ラーメン!?馬肉のラーメンで人気ですよね。

二ツ井の地元民のみならず、

遠方からも多くのお客様が訪れます。

カウンターのみという特徴がありますが、

お昼ちょっと前、すんなり座れました。

このお店も、前注文前払い制度です。

大盛りチャーシュー麺をオーダー。

はい、ドン。

このお店を、未経験の人に説明するのは難しいですが、

中華そばに近いと言えばいいのでしょうか?

でも、一般的な中華そばとはまったく違います。

醤油でもない、塩でもない、唯一無二の味。

例えが本当に難しい味なんです。

見た目のスープの色の割に、超あっさり。

個人的に今回ビックリしたのは、

ネギ抜きのオーダーの多いこと!?

今はそういう時代なんでしょうか!?

私の中では、ネギのないラーメンは、

チャーシューのないラーメンとイコールです。

はい、ありえません。

曙食堂さんは、非常に評価がわかれるお店です。

やみつきになる中毒性があると言われるほど、

好きな人には好きなお店です。

私は、鶏肉の次に馬肉が好きです。

何を隠そうこの日で3日連続ラーメンだった私、

懐かしさを感じたので、当然ゼロカロリー。

明日も、ラーメン予定…!?

 

『八峰が動いた』。

お隣八峰町が打ち出した新政策、

八峰町住まいづくり応援事業の一つですが、

新年度中に八峰町に家を建てるなら、

ドーンと200万円補助、すごくないですか?

諸条件も、そんなに難しくなさそうでした。

数年前、県でも同じような事業がありましたが、

それの倍以上の助成額に、少々驚きました。

悩ましい少子化人口減少を、お金で食い止める、

これには当然ながら賛否両論あれども、

田舎ほど、切実にこれしか策はない、

いや、これでも正直効果はどうなのか未知数、

八峰町の建築業者さんという限定がまた、

町の経済対策としての色が強いですが、

やらないよりは、やった方が良い。

ところで、八峰町でこれに該当する世帯がですね、

年間どのくらい家を建てるか、みなさん知っていますか?

現実の数字に、ビックリしますから。

能代市も、これ希望したいものです。

 

『道の駅ふたつい21』。

ほぼ完成した、道の駅ふたついです。

そろそろこの特集も、エンド間近か!?

本日は、内部の様子をちらっと。

一応ドローンもチャレンジしたんですが、

やはり、屋内はGPSがまったく感知できずに、

数回ほどATTIモードでやりましたが、

飛行があまりにも不安定であったのと、

前後左右の安全なクリアランスの確保が困難で、

上からアングルは、断念せざるをえませんでした。

ドローンを飛行させずに、ドローンでパチリ、

飛行なしなので、当然ながらローアングルですが、

かえって迫力が出た画像となりました。

時々、ドローンを持ち上げてパチリ。

Inspire1は、もう時代遅れとも言われますが、

それでも、私は好きですね。

カメラの性能の良さは、まだまだ十分いける。

はい、要は撮り方次第というか撮影者次第です。

 

『再任用という流れ』。

若者が仕事がないと故郷を離れる中、

そういう中で、ひっそりと存在感を増す、

それが公務員系では最近多く見られる、

再任用制度というものではないでしょうか。

この制度は、国主導で進められているものであり、

別に私も、批判も何もないですが、

年金問題やら何やらが大きく影響していることは、

当然ながら誰だってわかることです。

人生再スタートでもないですが、

家族にとってみれば、良いことでしょう。

家でブラブラされるよりはよっぽど良い、

一日中顔を合わせたくないというマダムからは、

絶大な支持があると言われますし、

本人に、まだやる気と元気があれば、

これは何て素晴らしい制度とも言われます。

旦那に退職はない、そういう家が事実あるのです。

各自治体や公務員系の異動が新聞に載るたびに、

その再任用の数の多さに、びっくりします。

当然ながら、専門性や知識・経験をお持ちですので、

即戦力であり、貴重な人材であるわけですが、

かつての上司が、春から同職、

この人、去年まで校長先生だよとか、

この人、去年まで部長さんだよとか、

う~ん、現場はやりづらい!?

しかし、そこに隠されている、

若手や未経験を育てる余裕も時間もなく、

とりあえず再任用で乗り切るという流れは、

長い目で見れば、決して褒められたものではない、

それだけは、確かなんでしょうが。

昔から言われている、同じであれば若手、

その図式は、田舎ほどないという現実が、

さらに人口減少や高齢化に拍車をかける!?

再任用された方以外にメリットがあるのか、

そう言われれば、確かにドキッとしますけれど、

昔取った杵柄ってのは、こういう時大事ですね。

誰もが、再任用されるわけではない。

再任用された方々の4月からに、心からエールを。

 

『21世紀枠で』。

賛否両論あるのでしょうが、

本日の由利工業対日大三、

点数差だけをみると0対5、

今の秋田を考えればですよ、

序盤は、いい勝負であったとか、

ホームランの後、流れが変わったとか、

初出場で無失策は立派であったとか、

まあ、日本高校野球のビックネーム校相手です、

本当に、素晴らしい体験であったと思います。

何せ、東北大会以上のレベルです。

私はちゃんと観ていないですが、評価したいと思います。

被安打数を見れば、よく5点で凌いだわけです。

粘りと我慢、ボロボロといかなかったんですから。

出たくとも、出れない、

それが甲子園であり、センバツです。

本番の夏に向け、守備力以上に、

攻撃力を向上させるという課題、

由利工業は、さらに強くなることでしょう。

我が能代勢の奮起にも期待したいです。