資料請求

スタッフブログ

スタッフブログ の記事一覧

『Jアラート発動』。

昨日のJアラート速報発動、

ビックリして起きた人もいるのでは。

すぐにテレビをつけましたが、

国民の多くは、よくわからないまま、

ただただ不安と恐怖の中、続報を待ち、

何も対策やすることも、正直ありませんでした。

ミサイル通過の位置の精度、

実際より、かなり広範囲にわたりましたが、

安全を期したとしても、こんなものなんでしょうか?

しかし、国土上空を通過するミサイルですから、

完全に、日本はなめられていると言ってもいい。

Jアラートは、地震や様々な緊急事態で、

国民に向け知らされるようですが、

あまり、これが鳴ることがないでほしい、

本当に、そう思います。

『トップ級の学力』。

全国学力テストの結果が出ました。

我が秋田県は、今年も文句なしの、

全国トップ級を、石川県福井県と分け合う、

いつもの定位置を堅持しました。

子どもと学校、そして各家庭や地域、

これは本当に誇れる結果ですよね。

ニュースで言われている、

「過度な競争状態は好ましくない」

まあ、そういう視点もあるのでしょうが、

子どもを持つ親としてはですね、

できないより、できた方がそりゃいいわけで、

全国的な学力差は縮まっているとはいえ、

それでも、高校だって大学だって、

入試はまさに、学力のガチンコレースですから、

勝負というか、競争は、世の常です。

負けていいレースなんてのはないのです。

秋田の教育界は、本当に地味ながら、

確実に、成果を残しているわけです。

先生方の努力と、それに応える子どもたち。

問題はですね、これだけ優秀な子どもが、

秋田に定着しない、将来流出するという事態、

行政は次に、やはりここをなんとかしないと。

地元でキラリと光る若者が一人でも増えること、

そのために、行政や地域社会ができること、

子どもは、宝ですから。

 

『夏の終わり』。

日中はまだ暑くなる日もありますが、

明け方は、一気に涼しくなりましたね。

窓を開けたまま寝ていると、

夜中は寒いくらいです。

夏の終わりを、感じるこの頃です。

今年の夏は、個人的には暑いと感じましたが、

実際は、どうだったんでしょう。

そういえば今年は、蚊に刺されるのが、

ここ数年で最も少なかったような。

虫も寄りつない人間ということでしょうか?

夏の終わり、能代の夏は、おなごりで終わる。

いよいよ来月ですね。

どうぞ能代にお越しください。

『大曲の底力』。

開催が危ぶまれた、大曲の花火ですが、

大会関係者や関係各位の、

それはもはや、NHKさんで特番ができる、

そんな舞台裏の努力と底力により、

無事に、開催できたようですね。

あの冠水の状況から、わずか半日、

夜通し徹夜による作業と、迅速な復旧、

あれだけの人力と資材調達からですよ、

予定外の行動を、わずかあの時間でですよ、

歴史ある大曲の花火ですけれど、

まさに、今後も伝説として語り継がれることでしょう。

熱意と根性ってのは、今の世の中で、

最も失われ、ナンセンスとも言われてしまう、

そんな時代になっていますけれど、

それでも、私はやはり大事なことだと思う。

大曲の強さが、際立ちましたね。

汗かいて、苦労して、血吐いて、

本当に感動するモノってのは、

こういう努力からこそ、生まれる、

これと同じことを、能代はできるのだろうか、

今朝の新聞やネット記事を見て、

つい、そんなことを考えてしまいました。

今年は、能代の花火も、危なかったわけですが、

奇跡的な天候の回復により、無事に開催、

でも、これは完全に他力本願的な力が大きく、

今回の大曲とは、スケールが違います。

今回の、大曲から学ぶこと、

本当に勉強になりましたね。

あ、ちなみに花火には行っていません。

だって、私は能代の花火が一番ですから。

『ラーメン水木さん』。

能代市民でありながら、

結構な確率でお店の前を通るのに、

今まで一度も行ったことがなかった、

ラーメン水木さんです。

秋田のラーメン通には、朝ラーでお馴染みの、

そして知る人ぞ知る、味GOODなお店、

この間、ようやく初入店できました。

私は、こってり味噌大盛りをチョイス。

このお店は、代金前払い制度であることは、

ネットで知っていましたので、違和感なく精算し、

その時を待つのでありました。

はい、こちら。

IMG_2323

はい、かなりの背脂チャッチャです。

能代では、ラーメンショップと並び、

こってり代表の噂に違わぬのお店です。

このナイスなオイリー加減と、スープのバランス、

これはですね、このジャンルでいけば、

味の完成度が高いです。

ネットで、にんにく入れればさらにうまい、

その気持ち、非常にわかる感じです。

私は、あえて入れませんでしたが、

錦さんのこってりより、こってり、

それでいて、味噌とのバランスがGOOD。

これは、素晴らしい一杯です。

これ系が好きな人には、間違いなくハマります。

もっともっと、有名になってもおかしくない、

そういうラーメンが、あるお店、

それが、ラーメン水木さんです。

しかし、この日は暑かった!!

『道の駅ふたつい7』。

月末恒例の、道の駅ふたつい最新版です。

(8月25日現在 道の駅ふたつい進捗状況)

先行工区は、そのフォルムがどんどん見えてきましたね。

しかし、木材一本一本の大きく太いこと!!

後行工区は、絶賛基礎工事中です。

サイズが、半端じゃないですから、

本日だけでも生コンの㎥数、

ええ、聞いたら、ドデンしました!!

米代川も、だいぶ増水しているのがわかります。

もう一日、雨が続いたらと思うと…、

う~ん、雨の降り方が尋常ではない今、

絶対安全安心ってのは、通用しないのでしょうか?

県南は、また氾濫したとか、

大曲の花火も、河川敷が水没、

大会は、明日までわからないとか。

天候の回復だけでなく、関係河川も、

いち早い通常化が待たれます。

『一斉巡回』。

今日の天気はすごかったですね。

雨の降り方も、一時すごかったです。

朝から、不測の事態に備え、

現在動いている各現場の一斉巡回、

気合いを入れて、すべてまわってきました。

午前中は、まだ大丈夫な感じでしたが、

昼過ぎからは、作業中止の現場も出ました。

安全には細心の注意を払い、無理はしない。

7現場+これから始まる現場2か所、

雨だからこそ、わかることもある。

今後もきちんと、対応をしていきます。

 

 

 

『動き出した時計の針』!?

ついに待ったなしのアクセル全開モードか!?

私にとっては悲願である、イオン出店の問題、

ついに行政サイドは、イオン出店容認を宣言、

動き出した時計の針は、刻一刻と進むのか!?

いわゆる、周辺住民である東能代一帯では、

安堵の声や、喜びの声が多いでしょうね。

何より、地権者にとっては死活問題でありましたし、

待った分だけなんちょらでしょう。

規模縮小とは言っても、県北最大級ですから、

正直、能代ではここで消費や娯楽がほぼ完結する、

そんな感じでしょうか。

さて一方、どこまでも反対の立場であった、

旧市内周辺住民と、各商店街、関係業界にとっては、

「イオン出店が与える影響は尋常じゃない」、

自分たちの生活が危ぶまれるというスタンス、

よく、弱肉強食という例えがされますけれど、

昔から何かと、そして今でも「イオンが来れば…」、

ネガティブ思考やネガティブ見解がありますが、

じゃあ、イオンが来なければ潤うのか、安泰なのか、

10年前から今にかけても、イオンが来なくても、

能代でどれだけの商店街やお店がなくなったのか、

どれだけの人と、どれだけのお金が、能代から流れたのか。

地域の衰退と、イオン出店問題は、別。

超少子化超高齢化、本当の雇用の創出、若者の流出と定住、

財政の問題など、あれこれ総合的に判断して、

今回、市がGOという判断を出したことは、

私は、能代にとって、ようやく進む一歩だと思う。

「来てからでは、もう遅い」

そんなことが、まだ語られているようですが、

今の能代に必要なのは、「きっかけ」と「活気」。

確かに外的刺激は、時に諸刃ともなりえますけれど、

ピンチは、チャンスでもある。

何より、これ以上タイミングを逃せば、

そっちの方が、怖すぎる。

この論調が、なぜもっと盛り上がらないのか、

私には、不思議でならないのです。

守られるべきは、能代の輝かしい未来、

反対の理由が、あまりにも限定的すぎる。

ということで、市議会の動きを注目しましょう。

『期待させるスター』。

甲子園が盛り上がっています。

ええ、もはやこの選手のプレーは、

見ているだけでワクワクします、

すべてを期待させるスター、

広島広陵の中村選手の活躍、

もはや説明の必要なしですね。

新世代の怪物として、大爆発。

NHKニュースの間に、新記録達成。

これには全国の野球ファンも、ドデン。

まあ、昨年から注目されている、

れっきとしたドラフト上位候補ですからね。

今大会で、それが揺るぎない次元まで、

走攻守、すべてが素晴らしい。

決勝でも、打つでしょう。

とっても、気は早いですが、

はい、我が読売ジャイアンツに是非!!

『内覧会をしなくても』。

お客様にとっては、完成内覧会が、

「どういう家を建てているんだろう」

一番わかりやすいのかもしれませんが、

今、完成内覧会が、全国的に減っています。

これは、お施主様のご理解あってのイベントです。

弊社でも、できる限りこうした機会を設けたい、

しかし、当然お施主様あってのことですので、

無理に、すべての案件で完成内覧会、

できないこともあります。

しかし、昨年より特に思うことは、

完成内覧会を行わなくても、

「あそこにも建ててますよね」

「あそこの家、かっこ良いですね」

内覧会を開催せずとも、お客様から評判、

弊社がどういう家を建てているのかが、

内覧会をせずとも、広告をせずとも、

広く、認知されています。

これって、嬉しいことです。

パッと見で、弊社の家だとわかってもらえる。

しかも、それが評価されている。

こういう、パッと見かっこ良いと思われる家、

外観だけでなく、中だって抜群にかっこ良い。

できれば、内覧会はしないけれども、

こういうお宅を、HP等で公開していきたい、

今すぐはちょっとそこまで、手が回らない状況ですが、

今年中に、こういうコンテンツを充実させる、

これを秋以降の第三の目標としたいと思います。

秋以降は、また出張も増えそうな予感ですが、

より良い家づくりのために、立ち止まっている時間はない。

すべては、家を建てたいお客様のために。