資料請求

FAQ

FAQ
自己資金がゼロですが大丈夫ですか?
もちろん大丈夫です。自己資金が100%でない限り、通常は金融機関から住宅ローンを組んで毎月ローンを返済していきます。ただし金融機関からの借入額が大きくなるので、その分利息を含めた返済総額が大きくなります。自己資金があればその分金融機関からの借入額を減らすことができますので、よく「家づくりにはまず自己資金から」と言われるのです。

しかし、当社では自己資金ゼロで夢のマイホームを実現したお客様が多数おられます。事実、若い世代のお客様の3人に1人は実際に自己資金ゼロでマイホームを実現、つまり『自己資金がゼロでは家は建てられない』ではないのです。

無理のない資金計画の上で家づくりを行えば、自己資金ゼロでも十分マイホームは実現できるのです。
住宅ローンでどのくらい融資が受けられるか知りたいのですが(いくらまで借入できるのか)?
金融機関での事前審査ですが、必要書類を提出することで実際に融資可能額を知ることができます。 主に提出する書類は(1)申込書(2)源泉徴収コピー(3)免許証コピー(表裏)(3)保険証コピー(表裏)(4)家を建てる土地の固定資産表(5)資金計画書などです。お客様の年齢や年収、また返済年数によって借入可能額は変わってきますし、車のローンなど他の借入がある場合には借入可能額は減額されることがあります。家づくりを進める際にはいち早く知っておくべき情報です。なお、当社ではお客様個人で申込を行うことを勧めておりません、もちろん無料にて申込手続きを代行いたしますのでどうぞお気軽にご相談ください。
資金計画はどうやって立てたらいいのですか?
資金計画とは、マイホームの実現にかかるお金(土地代・建物費用・かかる諸費用その他税金)をどう返済していくかをまとめたものになります。当社では火災保険・不動産取得税・固定資産税・登記費用など、実際にかかる費用等、事細かな内容まですべて計画書に記載しており、お客様のおよその毎月返済額まで出すことができる資金計画書を作成しておりますので、どうぞお気軽にご相談ください。
モデルハウスや雑誌など、家づくりに対してこうしたいといろいろ希望はあるのですが、予算との兼ね合いもあります。予算の中で可能な限り希望の住宅にしたいと思っていますが、そういう方法をとってもらえますか?
もちろんです。お客様の家づくりへのご希望に当社はでき得る限りの努力をし、もちろんプロとしてのアドバイスを含めて最善のご提案をさせていただきます。家づくりは決して住宅会社の意向だけで行うものではありません。お客様の家づくりへの熱意を存分にお伝え下さい。
契約してから工事が終わるまで、どのくらい期間がかかりますか?
ご契約後の流れですが、ご契約いただいた内容で建築確認の手続きなど、一般的には知られていない作業を行います。当社ではこの作業にだいたい1ヶ月くらいの余裕を見ています。そして工事着工から完成までの工期ですが、住宅の構造や規模・仕様などによっても違いますが基礎着工からお引渡しまでおよそ3ヶ月の期間を見ております。
「建築条件付宅地」とはどういう意味ですか?
その宅地の売主または売主が指定する建築会社が、その宅地上に建物を建築する(通常工事を請け負う)ことを条件に販売する宅地のことです。
アフターサービスについてはどうなっていますか?
お引渡し後、1ヶ月・3ヶ月・6ヶ月・1年・2年と自主点検を行っております。また、担当スタッフも随時定期訪問により、お客様のお住まい状況に伺っております。家づくりは建てて終わりではありません、当社では建ったあとも万全の体制でお客様と末永いお付き合いをさせていただいております。